原のコロナ休業日記 Vol.18 モンゴルのアチカから便りが届きました!

MONGOL KAZE TARAVEL(MKT)のアチカから便りが届きました。モンゴルは、日本で今話題になっている9月入学です。首都ウランバートルの大学進学率は100%といわれています。大学出るのは当たり前。海外に留学するのも珍しいことではありません。世界標準という意味ではモンゴルの方が日本より先んじています。また、家畜の感染症に苦しんできた歴史がありますから、“遮断”がもっとも効果的だということを、モンゴル人は知っています。死者ゼロ、市中感染ゼロをずっと続けているとは凄いですねえ。

風の皆様、サインバイノー。
モンゴルは最近暖かくなりました。今日+21℃です。

モンゴルでは4月20日時点 COVID-19感染者38名となりました。9名はコロナウイルス病気を直りました。死者ゼロです。感染者は全員、海外からの流入によります。

モンゴル政府は新型コロナウイルス感染症対策のため国際便ストップは5月31日まで延長されました。国内の大学、専門学校、小中高校、幼稚園などは9月1日まで休校となりました。レストラン、カフェ、食堂営業時間が午後10時までに短縮されています。バーやクラブなど全ての深夜飲食店の営業が停止されています。ザハ、市場など普通時間通りです。

MKTは10時から4時までです。
みんなでツアーの道具、テント、ツアーバッグ乗馬ツアーの道具など修理しています。
鞍の腹帯、鐙のひもなど手作りでしています。

新型コロナウィルスは世界的な問題ですが、これ以上広がないで1日でも早く収まるのが祈っています。

皆様、気を付けてください。

アチカより

シェアする

コメント一覧

モンゴル6月乗馬ツアーを楽しみにしていましたが、今は我慢ですねえ。あの広いと言うだけでは物足りない大草原をまた乗馬したいです!  昨日のハローワークのお話しも、今までのお役所仕事では致し方ないのでしょうねえ。 今回の騒動から何かまた我々は学べると良いなと思います。  昔、出張費の精算などに領収書添付を廃止された時に総務の方に大丈夫かと聞いたら、「出張費のゴマカシで出費が膨らむ事よりも、精算の精査に経理や総務が労力を使う方が経費が掛かります、だから制度改革」と言われました。 そんな発想もあって良いかと、ハローワークだけでなく数々の助成金でも!

山田次郎2020.04.30 07:36 pm

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA