【スタッフ充電中ブログ シーズン2】ロマンスカーに夢中

憧れのGSE展望席

憧れのGSE展望席(新宿駅にて)

昨年5月より始まった休業中のスタッフブログ、早くも4巡目。そして4回とも子供絡みの話となります。それしか書けない自分の日常に凹みそうですが、否、それだけ子供から好奇心を刺激されているということでしょう。今回は、男児の王道「電車」です。
 

我が家は新宿〜小田原・箱根を結ぶ、小田急線沿線住まいです。水色のラインが特徴の小田急線は一番身近な電車で、時折目にする特急ロマンスカーが、子供達の憧れの的となるのは自然のことでした。とくに小田急線の踏切近くに引っ越してからは、目の前で車輪を軋ませながら「ガタンガタン!!!」と響く轟音に興奮するようになった息子。レールの「継ぎ目」を探しては、夢中になってフェンスにしがみ付いています。乗り鉄、撮り鉄という言葉がありますが、この場合は聞き鉄、になるのでしょうか。
 

小田急線の特急列車といえば、ロマンスカー。鮮やかなレッドをキーカラーにした車両ラインナップが目を引きます。私のお気に入りは、GSE(70000形)。ロマンスカーといえば、車両の先端まで客席が配置され、大きな窓ガラスでダイナミックな展望を楽しめる造りになっていることが象徴的かと思います。GESも展望席を備えた車両です。
子育てをして子供が2才を過ぎる頃。いつのまにか、新宿駅ホームで展望席に乗り込む乗客を羨望の目で追いかけていた自分がいました。
そして、ついに、昨年の”私の”誕生日に、念願のGSE展望席に、乗車することが叶いました! 
乗っても、眺めても、うっとりしてしまうGSE。いや〜電車って、美しいです。
 
お分かりかもしれませんが、もはや「息子の好きな電車」ではなく、「私の」お気に入りの話になっております。何事も、知れば興味も愛着も増すものですね。
 

そして、なんと本日4/19、小田急線海老名駅に「ロマンスカー・ミュージアム」が開館いたしました。
(半分このタイミングを狙っていましたが、まさか当日にブログを公開できるとは!)
このミュージアムを、小田急線沿線の男児諸君、そして電車ファンのみなさんが、どれだけ楽しみにしていたか。もちろん私もその一人です。
現状では、入場者制限のため事前予約が必要とのこと。近々、遊びにいってみたいと思っています。

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA