添乗報告記●【風の女子旅】癒しのキルギス7日間(2019年7月)

添乗ツアー名 ●【風の女子旅】癒しのキルギス7日間
2019年7月11日(木)~7月17日(水) 
文・写真 ● 平山未来(東京本社)

7/11-7/17まで一週間、全体的に“ほんわか”とした雰囲気の6名のお客様と、中央アジアの山岳国キルギスのソンクル湖でめいっぱい癒されてきました~。



キルギスの山に強い馬たちと、頼りになる馬方さんと共に、トコトコと馬の背に揺られ、すっかり心癒された、楽園ソンクルでののんびりゆったり騎馬トレック旅。まさにタイトル通りの「癒しの旅」の様子は、以下の動画でぜひ擬似体験してみてください。(画質1080HD、音楽つきで閲覧推奨)

ソンクル湖 ホーストレッキング動画


たった二ヶ月しか人々が足を踏み入れない別天地

今回訪れた場所は、冬は雪と氷で閉ざされたった二ヶ月しか訪れることの出来ない標高3,000mの「ソンクル湖」。ガイドブックにもほとんど出ていないため、知る人ぞ知る“夏限定の楽園”。2011年に初めて下見で訪れて以来、大好きなキルギスの中でも私個人的にイチオシでお勧めしたいとっておきの場所!です。

ちなみにキルギスの湖といえば一番メジャーなイシククル湖があり、夏のリゾート地としてロシア系のバケーション時期には大いに賑わう場所ですが、そんなイシククル湖とは対照的に、荘厳な面持ちともいえるのがソンクル湖です。青い空と蒼い湖、バックには雪を纏った3400〜3800m級の中央天山山脈の山々が連なり、見渡す限り緑の草原とエーデルワイスなどの高山植物が咲き乱れ、家畜たちはハーブも含まれた野草を食み、草の上でゴロゴロ昼寝をしたりしながら、大自然の中でのびのび過ごしています。


(お花畑に埋もれながら眠る馬たち)



(ハーブ交じりの草を食む子牛ちゃん)

気分爽快!寒くても心はじんわりあったまる場所

まず、日本のジメジメした梅雨の時期にソンクルへ行くと、湿度の少ないカラッとした空気感と、青空を見るだけで心がすっきり晴れ晴れしてきます。それだけでも、すでに幸せ指数UP。



また、ソンクル湖は標高が高いため、日中でも20℃を超すことは稀で、天候が荒れれば夏でも日本の真冬のような気温まで下がります。実際、滞在中は毎晩ストーブを焚くほどの涼しさ。本当に、山のようにコロコロ天気が変わるので、昼間の太陽と夜のストーブの暖かさは偉大だなあと実感します。特に天候は厳しく、夏でも寒いからこそ、太陽の力と燃料のおかげで暖かい料理や飲み物がいただけるありがたみ、そして、旅人をもてなしてくれる現地の人の温かさを強く感じます。



ちなみにユルタキャンプではベッドの上に、もこもこのダウン製寝袋を敷いて就寝しますので、寒くて眠れないなんてことはありません。21時過ぎに日が落ちて、ストーブと寝袋の暖かさに包まれながら、うとうと眠る幸せ。朝は太陽と共に起床。うん、心身ともにスッキリ!



 

なかなか体験できない360℃の満天の星空

実は今年、月の満ち欠け的にはちょっとイマイチな事前予報でしたが、月の入りの時間を事前にチェック。午前2:30の月の入り後は満天の星空も見ることができ、星空を楽しみにしていた皆さんも喜んでいらっしゃいました。



しばらく星空を見上げているだけでいくつもの流星が見られ、天の川も180℃くっきり。こんなに視界いっぱいに降り注ぐ星空は、そうそう見られるものではありません。まず光害の多い日本ではお目にかかることはなかなか難しいでしょう。こんな素晴らしい星空を楽しめるというのも、海外旅行にわざわざ出かける醍醐味の一つではないかと思います。



ババーンと開けた広~い空、絵葉書のような美しいお花畑、笑顔が素敵なキルギスの人々、日本人の口に合う優しい味付けの食事、大自然の中でブランコに乗ったり、朝ヨガをしたり、ゆったりと寝転がってのびのびしながらリラックスする至福のひとときetc…訪れた人々はみんな人をそろえて「ここはまさに天国ですね」と口にしてしまうほど、ソンクル湖では素敵な空間が広がっているのです。




+α 女子旅ならではの楽しみ方も!

そして、この旅は乗馬をするだけではなく、合間合間に「フェルト作り体験」や「キルギス料理作り体験」が組み込まれているのは「風の女子旅」ならでは。我々のレベルに合わせて(?)年々フェルト作業が簡略化され難易度が下がっていますが、それでも自らの手で作り上げた「世界に一つだけのお土産」は、きっと忘れられない思い出になることでしょう。


(ユルタキャンプのお母さんに習いながらのマントウ作り)



(コチコル村のお母さんに習いながら仕上げたフェルトの鍋敷き)


  
そして、ソンクルの景色やいろいろな体験で得た思い出はもちろんですが、みなさん口々に「このメンバーで旅が出来てよかった」と、一緒に旅した旅仲間との出会いが、今後の人生をさらに面白おかしく変えるかもしれない(?)、とても良い刺激になったようです。ちょっと一味違う、個性的な旅だからこそ、類は友を呼ぶといいますか、そこに集まる方々とは、普段の日本の生活ではなかなか知り合えないおもしろい方々が多いのかもしれません。こんな出会いも風の旅の醍醐味のひとつではないでしょうか。

今回の旅が、皆さんにとって、日々の癒しとなり、一生の思い出に残る旅になっていただけたら幸いです!

《今回同行したツアー》

【風の女子旅】お花畑と草の海・ソンクル湖へ

2019/7/11(木)発 癒しのキルギス7日間

5名催行日本語ガイド添乗員早割

乗馬以外にも、女性好みの「キルギス料理作り体験」や「フェルト作り体験」、民家での食事やバザール見学など、暮らしや文化にも触れるプログラムです
出発日設定2019/07/11
ご旅行代金298,000円
出発地東京

詳細を見る

その他の女子旅乗馬ツアー

シェアする