現代ラサの流行神(はやりがみ)~タプチ女神信仰の発生~ [LHASA・TIBET]

日本に一時帰国してはや一ヶ月。
ラサに戻るまであと一ヶ月。

予期せず、今は東京にいることが多くなっている。

そして東京は、ほんとうに不思議な街だとつくづく思う。

住宅街を歩いていても、繁華街の看板をみていても、
混んだJRの電車の中で吊り革を持って立っていても、
喧騒と静けさが同時に充溢している、
その秩序めいた「生き物の息吹」のようなものを感じるのだ。
ゾクゾクしてくるというか、その「モンスター」の正体がいったい何なのか、
非常に興味が湧いてくる。

以前も同じようなことをこのブログで書いたかもしれないが、
東京に来るたびに、憑かれたように執拗に同じテーマを考えてしまう。
まぁ、病気みたいなものだ(苦笑)。

「社会物理的高密度」のなかで、個として生きるとは、一体どういうことなのか?
「首都に住む」とは人間にとってどういう意味をもつのか?
都会の無秩序の中心に宿る、ある種の倫理 ―法律や社会性、習慣などとは違った理(ことわり)―
を支えている、その当のモノは一体なんなのか?
これらは、大阪に住んでいる時はもちろん、
ラサやロンドンにいるときさえ、あまり意識したことのない問いである。

そしてそれは、ナンセンスな問いでもある。
なぜなら、答えのない問いだから。

答えが存在しない問いを問うても、もちろん答えは出ないのであるが、
その探求の道のりのなかで、その道草の中で、
なにかしら本源的ななにかが仄(ほの)かにみえるときがある。
「問うこと」を生業としている人間(研究者を含む)にとって、
そういう瞬間にたくさん立ち会えれば会えるほど「幸せ」となる。


(東京駅)

ところで、先月以来、あるサイト(下記参照)で、
僕の書いた論文が一本、一般公開されている。
それは、現代のラサで急速に広まった信仰、
「財神」タプチ女神の信仰の流行について考えたものである。
ラサという急速に経済発展する都市空間のなかで、この女神がなぜ選ばれ、
どのようにしてチベットの大衆に熱狂的に支持されるに至ったか、
その信仰の「発生の秘密」について答えようとするものである。

学問的価値はどうあれ、この論文を書き上げた時、
なんだかやっと自分が描きたい世界が少し描けたような気がした。
以前から不思議に思っていた<土地の匂いそのもの>について
ラサを題材に自分なりに探求できたからだ。

大地というモノが、いかに都市空間に深層レベルで秩序を与えているか―。

これは、「大地の記憶」とか「アースダイバー」などというキーワードで、
今では広く日本で紹介されているが、
厳格すぎる学問世界では残念なことに、
「神秘主義」だとしてあまり相手にされない領域となっている(ような気がする)。
土地という「無機質」なものに、”agency”つまりは「意志の力」を認めることになるからだ。


(タプチ女神。すごい形相だが、彼女が人間だったときは、非常に美しい女性だったという。。)

なので「論文」にするには、ある種の方便が必要となってくる。
僕のタプチ論文では、その方便とはまず第一に、
日々汚染されてきているラサの薄い空気を、思いっきり深呼吸してきたことであり(苦笑、
でもラサには計八年間住んだ。)、
第二に、(「アースダイバー」が見据えるよう)「三千年」「三万年」という長いスパンではなく、
(タプチ発生の)「三百年」という、比較的感知可能な時間スパンであったので、
土地の匂いをたくさんくんくん嗅げたことであった。

そして、「英語で書いた」というのも、案外、隠れた方便なのかもしれない。
(僕は日本人なので)文学的な表現のできない英語で書く方が、ボロがでにくいのである、笑。
つまりは外国語の英語で書くとは、「言い回し」や「レトリック」などではなく、
「論理」や「データ」でハードにガンガン攻めることを必然的に求められるのだ。


***************
タプチ女神に興味のある方は、ここをクリックしたら論文の掲載ページに飛びます。
『Revue d’Etudes Tibétaines』という学術雑誌の最新号(Number 27, Octobre 2013)を
クリックすれば “The Trapchi Lhamo Cult in Lhasa” (author: Daisuke Murakami)がみえるので、
そこをさらにクリックすれば論文PDFが開けます。
***************

さて話は変わりますが、
今週末はいよいよ、風のカルチャ―の「東北・金華山の復興ワークキャンプ」です!

僕にとって東北は未知・未踏の土地でした。
初めて訪れたのが、今年の春。
震災について、そして東北について、いろいろ考えさせられる旅となりましたが、
今回のキャンプでは、長年東北に深く関わってこられた「先達たち」の思いに触れる
貴重な機会となるでしょう。今からとても楽しみです。
今週末は、金華山でお会いしましょう!

Daisuke Murakami in Tokyo

シェアする