プリスビーよりナマステ! ロックダウン中のネパール(98日目)

ラト・マチェンドラナートの山車を製作中

ラト・マチェンドラナートの山車を製作中

6月29日、ネパールのロックダウン98日目。

公共交通機関、学校、ホテル、映画館、劇場、床屋、あと15人以上のミーティング、パーティーやセミナーなどはまだ禁止となっています。スーパーやその他の店は普通に開けても良いことになったので、70%くらい開いています。ただしレストランはデリバリーとテイクアウトのみ。

車やバイクは、偶数日には偶数番号、奇数日には奇数番号の車だけが走れると決まっています。だから道路は空いていて渋滞はあまりありません。

私は今日車を動かせない日だったので、銀行に行って口座の更新をしたり、電気会社に行って電気代を払ったり、スーパーに行ってちょっとした食料などの買い物をするなど歩けるところで仕事をしました。

あと、床屋がまだ開いていないので、今日また娘に髪を切ってもらいました。おとといスーパーでバリカンを買ったのですが、お店の人がバリカンがものすごく売れていると言っていました。

〜 今日歩いた時に見かけた事 〜

* 私が住んでいるパタンの町では、もうすぐラト・マチェンドラナートのお祭りがあります。今日そのための山車を作っていました。(冒頭の写真)
これが出来上がるまでまだ何日もかかりますが、今日も結構たくさんの人が集まっていたし、お祭りが始まったらかなりの人数が集まってプジャをしたり、山車を引っ張ったりするお祭りなので、ソーシャルディスタンスやマスクのことなど守れるか心配です。

※本当は5月に開催予定だったお祭りですが、ロックダウンの影響で延長され、小規模な形で開催を予定しているそうです。(スタッフ注)

* 道でおばあさんが、カボチャの葉っぱを売っていました。話をしたら、パタンに住んでいるそうですが、毎日ローカルバスで8キロぐらいの所にある畑に野菜を取りに行って、それを売って生活しているとのことでした。
でも、今はローカルバスが走っていないため毎日往復3~4時間ぐらい歩いて12~15㎏ぐらいの野菜を入れたドコ(背負いカゴ)を運んでいるそうです。野菜は1日800ルピーくらい売れるそうです。今日私もそのおばあさんからその葉っぱを買いました。今の時期しか食べれない物ですが、美味しいです。

カボチャの葉を売るおばあさん

カボチャの葉を売るおばあさん

* 今公共交通機関が走っていないため、普段あんまり自転車に乗っていない人も自転車に乗っています。自転車屋さんは修理や新しい自転車を買いに来ている人でけっこう混んでいました。

自転車屋さん

自転車屋さん

シェアする

コメント一覧

かぼちゃの葉食べられるとは知りませんでした! どのように調理するのかぜひ知りたいです。 12-15kgの野菜を担いで3-4時間の道のりは大変なことと思います。 今秋のトレッキングシーズンが解禁になればいいのですが。

池田鈴代2020.07.07 04:53 am

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA