ラジェシュよりナマステ! ネパールのコロナウイルス感染状況とタメルの様子

ベジタブル・マーケット

ベジタブル・マーケット

ナマステ! ラジェシュです。ネパールは毎日雨が続き、朝晩は涼しいですが、皆さんお元気ですか? 雨期が始まりましたので農民さんは田植えで忙しいです。カトマンズは土地があまり残ってないので田植えはあまり見なくなりましたが、地方では今でも田植えはお祭りと同じ気分で行います。ですから地方の人々はこの数日間、コロナを気を付けながら田植えをしてます。

コロナ災害でロックダウンでしたネパールは二週間前からルーズダウンになり日常生活は前よりもっと移動は便利になりました。けれども地方から地方の移動は今でも許可が必要です。最近ルーズダウンですから食料品以外の店も全部開いてます。タクシー、マイカーなども奇数と偶数で動いてます。ですから街を歩くと普通になってきたように思います。

道路

奇数ナンバーと偶数ナンバーで規制中の道路

毎日インドや中東からネパール人の帰国者が増えてます。そのほかオーストラリア、アメリカ、ヨーロッパからも帰国者が増えてます。同時にコロナウイルスの感染者も増えてきてます。毎日300人から500人ぐらい感染者が増えてます。今日の午前中まで、ネパール全国の感染者が12,305人です、回復者が2,802人です。死者数は28人です。特に感染者が多いのは東、西と南地方です。インドから国境がつながってるからです。

ネパールの首都カトマンズも感染者が数人いるとニュースで流されてます。けどカトマンズのどの辺ですとはっきり伝わってないのでカトマンズの人々は心配です。そのため私たちもWHOが言っている通りのルール守りながら日常生活を行ってます。コロナ災害の問題が一日でも早く終わり、心配なしの人生を迎えたいです。

写真は、本当は観光客でにぎやかなはずのタメル地区の写真や、町の写真です。

タメル地区の商店

タメル地区の商店

タメル地区の商店

タメル地区の商店

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA