サマルカンドで生ビールとプロフを味わう!

青の都サマルカンドといえば、レギスタン広場やシャーヒズィンダ廟群などウズベキスタンを代表する観光地があり
多くの観光客が訪れる場所です。
そんな人気都市のサマルカンドですが、どうしてもいきたかった場所があります。
そこはサマルカンドの中心から車で約10分ほどのスタジアムの近くにあるボーチカというビアバーです。
ここではサマルカンドの名物パルサーの生ビールが味わえるのです。

ボーチカとは樽という意味。表のドアも樽でした。

生ビールが約6000スム(約66円)くらいとビックリの価格です。一緒に頼んだチップスが10,000スム(約113円)とジュース1ℓ(約132円)が高く感じてしまいます。

生ビールはやっぱりおいしい

ウズベキスタンはイスラム圏に属していますが、アルコールの規制は厳しくなく、観光地のレストランなどでは置いているところが多いです。
ただし、生ビールが味わえる場所は多くはありませんので、ビール好きの方はお勧めです。尚、食事メニューは種類が多くないため、夕食前や観光途中に立ち寄って喉を潤す程度がちょうどよいです。

またサマルカンドでは、もう1つおいしい食事をいただきました。ウズベキスタンや中央アジアでは有名な「プロフ」です。
プロフとは肉やタマネギ、ニンジンを混ぜて炊き込む、炊き込みご飯のような米料理です。チャーハンにも似ていますが、チャーハンは炊いた米を炒めるのに対してプロフは炒めた米を炊きます。そのため、この炊き上がりが一番美味しいのです。
今回は、炊き上がりの時間12:30にあわせて、サマルカンドのプロフセンターへいきました。

地元ドライバーさんお勧めのプロフ

ここはプロフがメインのお店のため、メニューはプロフとサラダとナンのみです。サラダは運ばれてきた中から1種類選びます。
黄色のニンジンが甘くて、やさしい味のプロフでした。人気のお店だけあって多くの地元の方で賑わっていました。

サマルカンドの観光ついで、おいしいプロフと生ビールをぜひお楽しみください!

風のウズベキスタン ツアー一覧へ

関連ツアー

ヒヴァ・サマルカンドを訪れ名物料理を食べる

おいしいウズベキスタン6日間

出発日設定2019/10/14(月・祝)~2020/03/02(月)
ご旅行代金273,000円~343,000円
出発地東京、大阪、名古屋、福岡

お腹いっぱい、お肌もつるつる

ヒヴァ・ブハラ・サマルカンドを訪れ名物料理を満喫 おいしいウズベキスタン7日間

出発日設定2020/04/14(火)~2020/10/06(火)
ご旅行代金303,000円~349,000円
出発地東京、大阪、名古屋、福岡