逸ノ城の昇進祝賀会!

もちろん左が逸ノ城関です もちろん左が逸ノ城関です

サインバイノー?
「風の相撲好き」中村です。
このコーナーで以前にも取り上げた、モンゴル初の「遊牧民出身」関取・逸ノ城関。11月場所では見事に8勝7敗と新関脇の場所を勝ち越して、見事、上位の壁を乗り越えました! 上位陣に研究されたこと、体調を崩したこともあり、先場所のような快進撃とは行きませんでしたが、そこはまだ入幕6場所目の21歳。勝ち越しただけでもすごいことです。来場所(1月場所:1月11日~両国国技館)は再び関脇として挑みます。さて、どんな相撲を見せてくれるか、今から楽しみですね。

最近では、テレビ番組でも特集が組まれ、すっかり「時の人」となった逸ノ城関ですが、彼の所属する湊部屋から、風の旅行社にお手紙が!!! なんと、逸ノ城関の関脇昇進を祝う祝賀会のお誘いでした!

最初に逸ノ城関を紹介したブログを見た部屋の関係者がご本人に伝えてくださったそうで、風の旅行社のことと、逸ノ城の故郷アルハンガイ県で風の旅行社が経営する直営キャンプ「そらのいえ」のことも知ってくださったそうです。いやー、やっててよかった!

ということでパーティーに行ってきましたが、なにせ300人も集った大祝賀会。ゆっくりとお話しする時間もありませんでしたが、大きな身体なのに可愛い笑顔と朴訥な話しぶりに好感がもてました。
これからも怪我に気をつけて、大関、横綱目指して頑張って欲しいですね。

しつこいようですが、大事なところなので…。
逸ノ城の出身地、アルハンガイってどんな場所?

アルハンガイにある風の旅行社直営キャンプ
風のモンゴル●直営キャンプ「そらのいえ」
「逸ノ城」関連記事
「怪物」と呼ばないで
初の遊牧民出身関取誕生!

シェアする