歴史・文化と自然を訪ねる旅

カトマンズの古都巡りとヒマラヤ展望ハイキング8日間

2名催行日本語ガイド

人通りが絶えないエネルギッシュな間とマンズ旧市街

ネパール最大の仏塔ボダナート

リトルラサのようなボダナート

ヒンドゥ教の死生観にふれるパシュパティナート

日常的な祈りの風景を体験

石畳に石葺き屋根の伝統的な村・ダンプス

シンプルな「つきのいえ」のゲストルーム

「つきのいえ」自慢の“露天”五右衛門風呂

ヒマラヤ&星空の絶景にも期待できます(つきのいえ庭より)

アンナプルナサウスを眺めながらハイキング

アンナプルナ山群の展望地オーストラリアンキャンプ

「つきのいえ」から見るアンナプルナ山群

フレンドリーなスタッフがお出迎えします(つきのいえ)

第三の古都バクタプル

パタン・ゴールデンテンプルの一角

出発日設定2019/09/22(日)~2020/3/22(日)
旅行代金348,000円~358,000円
出発地東京・大阪・名古屋
POINT
  • ヒマラヤを望む露天風呂が自慢の「つきのいえ」に2連泊
  • 山の暮らしにふれる1日3時間以内のハイキング
  • カトマンズ盆地の主要な見所を観光
詳細

<古都とヒマラヤ展望! ネパールらしい2つの魅力>
世界中のツーリストが集うエネルギッシュな首都カトマンズ、中世の趣を今に残すバクタプル、美の都と称されるパタン。世界遺産カトマンズ盆地を代表する3つの古都を訪れ、ネワール族の文化や歴史にふれます。
その後、ポカラへ飛び、ネパール・ヒマラヤの中央に位置するアンナプルナ山群と聖山マチャプチャレを望む直営ロッジ「つきのいえ」で2連泊。「つきのいえ」自慢のネパール家庭料理と絶景露天風呂もご堪能ください。広い牧草地で展望に優れるオーストラリアンキャンプなどハイキングや山村散策も楽しみます。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋乗継地カトマンズ

午前:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。

夜:到着後、日本語ガイドがお迎えし車でホテルへ。
日本語ガイドは古都巡りからヒマラヤ展望ハイキングまでスルーでご案内します。

ホテル
2日目

カトマンズ

終日:カトマンズ探訪。
ヒンドゥ教の死生観にふれる聖地パシュパティナート、国内外からの巡礼者で溢れる世界最大級の仏塔ボダナート、カトマンズ市内を見渡す丘に建つネパール最古の仏教寺院スワヤンブナート、カトマンズのダルバール広場や点在する寺院、バザールを巡る旧市街散策を楽しみます。

ホテル
3日目

カトマンズ パタン バクタプル カトマンズ

終日:パタン、バクタプル探訪。
「美の都」と称される手工芸で有名な街パタン、赤レンガの中世の街並みを色濃く残すバクタプル、2つの趣き深い古都を訪れます。

夕刻:カトマンズへ戻ります。

ホテル
4日目

カトマンズ ポカラ フェディダンプス

午前:天候がよければ機窓からガネッシュやマナスル山群を眺めながら、国内線でポカラへ。到着後、車でフェディ(1,130m)へ。(走行:約40分)
フェディからハイキングです。樹林帯の石段混じりの山道を登り、アンナプルナ山群と聖山マチャプチャレを正面に望むダンプス(1,650m)へ。(歩行:約2時間)

午後:直営ロッジ「つきのいえ」滞在。絶景の露天五右衛門風呂でリフレッシュして、夕食はネパール家庭料理をお楽しみ下さい。

ロッジ
5日目

ダンプスオーストラリアンキャンプダンプス

午前:更に展望が開ける、広い放牧地オーストラリアンキャンプ(2,060m)へ日帰りハイク。(歩行=往復約3時間)

午後:「つきのいえ」でのんびりしたり、ダンプス村散策など。

夕刻:天候が良ければ、ダンプスの展望台へ。(歩行=往復約30分)

ロッジ
6日目

ダンプス ポカラカトマンズ

午前:朝の展望を楽しんだ後、車でポカラへ。(走行:約1時間)到着後ポカラプチ観光。フェワ湖中島のヒンドゥ寺院・バラヒ寺院をボートで訪れ、レイクサイドを散策します。

午後:国内線でカトマンズへ。ホテル到着後、フリータイム。

ホテル
7日目

カトマンズ

終日:フリータイム。思い思いにカトマンズの街歩きを楽しんでみましょう。(お部屋は夕食前までご利用できます)

夜:夕食後、空港へ。

深夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。

機内
8日目

乗継地東京・大阪・名古屋

午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/09/22(日) ¥358,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/10/13(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/11/3(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/12/22(日) ¥358,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2020/2/8(土) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2020/3/22(日) ¥358,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
最少催行人員 2名(定員6名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定航空会社 キャセイパシフィック航空、中国南方航空
利用予定ホテル

<カトマンズ>*カゼ・ダルバール、マーシャンディ、バイシャリ、*ネパリ・ガル
*のホテルは一部バスタブのないシャワーのみの部屋になる場合があります。
<ダンプス>つきのいえ(男女別の相部屋)、つきのいえに隣接するロッジ
※「つきのいえ」について、ご夫婦やご友人同士など2名参加の場合は、2名一室のご利用です。

お一人部屋追加代金 35,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(2019年1月1日)国際線7,440円(中国南方航空)~26,000円(キャセイパシフィック・キャセイドラゴン航空)ネパール国内線は旅行代金に含んでいます。

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ネパール入国時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。
各国空港税/査証

●事前徴収(2019年1月1日現在)
・国際観光旅客税1,000円
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料2,570円
・香港保安税90香港ドル(1,330円)※キャセイパシフィック航空ご利用の場合
・香港空港建設費230香港ドル(3,140円)※キャセイ・パシフィック航空利用の場合
・中国出国税180元(2,890円)※中国南方航空ご利用の場合
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(3,140円)

●査証(ビザ)
このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要になります。
査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥8,320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,620
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 118,000円~199,000円(日本~カトマンズ往復/出発日・予約クラスにより異なります。)
その他

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/09/22(日) ¥358,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/10/13(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/11/3(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/12/22(日) ¥358,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2020/2/8(土) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2020/3/22(日) ¥358,000 東京・大阪・名古屋 2名催行

いってきました!

出発日:2016.09.24

評価:

カトマンズでは、地震で倒壊しているものもありましたが、歴史を感じる建造物や素晴らしい彫刻をみることができ、エネルギッシュな人々に出会えました。つきのいえがある山のほうでは、自然とともにある人々の暮らしを垣間見たり、山を見ながらゆったりと過ごすことで、心が癒される旅となりました。
また、山に出会いに行きたいな~と思える旅となりました。

つきのいえでは、電力不足でドライヤーが使用できなかったのは辛かった。仕方のないことですが、、。山の気候なので、一日のうちに夏と冬があります。風邪をひかないように、調整できる服装管理が大事です。

出発日:2016.09.24

評価:

雨期の終わりでどうなるかと思いましたが、天候に恵まれ、山脈も無事に拝むことが出来ました。ダルバールとつきのいえは本当にくつろげる宿で、泊まることが出来て良かったと思います。

出発日:2016.09.24

評価:

ネパールの見どころの街や宮殿やお寺を見学して、つきのいえでのんびりして、ヒマラヤを眺めて農村を散策して、ポカラではリゾート気分も味わえて、初ネパールの私にぴったりのツアーでした。9月はまだ雨が多いので、10月以降に行くのがお勧めです。

今回もしっかりと対応していただいて、安心して旅行ができました。次回もまたよろしくお願いいたします。

もっと見る