のどかな山村と好展望地を巡る

ヒマラヤ展望のんびり湯ったりハイキング6日間/7日間

2名催行日本語ガイド

アンナプルナサウスを眺めながらハイキング

アンナプルナ山群の展望地オーストラリアンキャンプ

豊かな森とヒマラヤ

「つきのいえ」の中庭よりヒマラヤを望む

シンプルな「つきのいえ」のゲストルーム

「つきのいえ」自慢の“露天”五右衛門風呂で湯ったりリフレッシュ

「つきのいえ」から見るアンナプルナ山群

ヒマラヤ&星空の絶景にも期待できます(つきのいえ庭より)

フレンドリーなスタッフがお出迎えします(つきのいえ)

石畳に石葺き屋根の伝統的な村・ダンプス

民家訪問も良い思い出に

民家訪問 ミルクティ(ドゥ・チャァ)を作ってくれています

「ナマステ!」

ハイキングしながら山の暮らしにふれます

ハイキングルートは出会いも多い生活道

段々畑が美しいアンナプルナ南麓

ヒマラヤと花々に囲まれる「はなのいえ」のロケーション

ヒマラヤを望む「はなのいえ」の談話スペース

「はなのいえ」の食事は優しい味付けの和食が中心

出発日設定2019/11/20(水)~2020/03/18(水)
旅行代金268,000円~348,000円
出発地東京・大阪・名古屋
POINT
  • アンナプルナ大展望地オーストラリアンキャンプでロッジ泊
  • ヒマラヤを望む露天風呂が自慢の直営ロッジ「つきのいえ」に宿泊
  • 洗練されたマウンテンリゾート「はなのいえ」に宿泊
  • 山村の暮らしにふれる1日3時間以内のハイキング
  • ローカルレストラン含め食事にもちょっぴりこだわっています
早割60
詳細

<お手軽だけど一級品のヒマラヤ展望が待っています!!>
聖山マチャプチャレやアンナプルナ連峰の大パノラマを望むオーストラリアンキャンプ、直営ロッジ「つきのいえ」、マウンテンリゾート「はなのいえ」を、無理のないのんびりハイキングで泊まり歩きます。いずれも遮るものなくその山々を独り占めできる抜群のロケーションです。
そして「つきのいえ」と「はなのいえ」では、ハイキングの疲れを五右衛門風呂で“湯ったり”リフレッシュ。

【年末年始特別企画】12/29発は、チャンドラギリケーブルカーでヒマラヤ展望と古都カトマンズ探訪を入れた7日間となります。

ツアー関連情報

カトマンズ オプショナルツアー一覧

つきのいえ
はなのいえ
日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋 乗継地 カトマンズ

午前:東京(成田または羽田)・名古屋(中部)・大阪(関西)より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。

夜:到着後、日本語ガイドがお迎えし車でホテルへ。

ホテル
2日目

カトマンズポカラカーレオーストラリアンキャンプ

午前:国内線でポカラへ。到着後、レイクサイド散策と風スタッフお勧めのローカルレストランでネパール料理のランチ。

午後:車でカーレ(1,770m)へ。そこから、アンナプルナ連峰と聖山マチャプチャレを望むオーストラリアンキャンプ(2,060m)までハイキング(歩行:約1時間半)。天候に恵まれれば、夜は満天の星空にも期待。

<12/29(日)発のツアーの3日目>
~~~~~~~~~~~~~~~~~

<12/29(日)発年末年始特別企画のみ>  カトマンズチャンドラギリ カトマンズ

午前:車でチャンドラギリへ。地元の人々にもトレンドのケーブルカーに乗って、カトマンズ盆地外輪山から東西200kmに及ぶヒマラヤ展望を楽しみます

午後:カトマンズ旧市街散策。ダルバール広場からインドラチョーク、アサンチョークを抜け繁華街のタメル地区まで歩きます。(宿泊:ホテル、食事:朝○/昼○/夕○)

ロッジ
3日目

オーストラリアンキャンプダンプス

午前:ダンプスへ(1,650m)。野鳥の声に包まれながら、森の中を下るのんびりハイキング(歩行=約1時間半)

午後:山村の友人宅を訪ねたような「つきのいえ」で、ヒマラヤを望む露天五右衛門風呂と、地元の鶏や野菜を使ったネパール家庭料理をお楽しみ下さい。

<12/29(日)発のツアーの4日目>

ロッジ
4日目

ダンプスアスタム

午前:アスタムへ(1,450m)。尾根沿いの道を進み、農家を訪ねたり、山村の生活を垣間見ながらのんびりハイキング(歩行:約3時間)

午後:マウンテンリゾート「はなのいえ」でのんびりお過ごし下さい。夕食は併設する有機無農薬農法で育てた野菜中心のやさしい味付けの和食です

<12/29(日)発のツアーの5日目>

ロッジ
5日目

アスタムポカラ カトマンズ

午前:朝の展望を楽しんだ後、車でポカラ空港ヘ。(走行=約1時間)国内線でカトマンズへ戻りフリータイム。(夕食前まで街歩きに便利なタメル地区のホテルをご用意いたします)

夜:民族舞踊を見ながらのちょっと高級なネパール料理フルコースのディナーの後、車で空港へ。

夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。

<12/29(日)発のツアーの6日目>

機内
6日目

乗継地東京・大阪・名古屋

午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)着。

<12/29(日)発のツアーの7日目>

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/11/20(水) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/12/21(土) ¥298,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/12/29(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 催行決定
2020/01/08(水) ¥268,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/02/07(金) ¥268,000 東京・大阪・名古屋 もうすぐ催行決定
2020/03/18(水) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 募集中
最少催行人員 2名 (定員8名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定航空会社 キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、中国南方航空
利用予定ホテル

<カトマンズ>
*カゼ・ダルバール、マーシャンディ、*ネパリ・ガル
*のホテルは一部バスタブのないシャワーのみの部屋になる場合があります。
<オーストラリアンキャンプ> ロッジ
<ダンプス>つきのいえ(男女別の相部屋)、*隣接するロッジ(一人部屋ご利用の場合)
<アスタム>はなのいえ

お一人部屋追加代金 25,000円 ホテル・ロッジ・はなのいえ泊 ※12/29発は32,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(2019年4月1日)国際線7,640円~18,600円ネパール国内線は旅行代金に含んでいます。

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ネパール査証(VISA)申請時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。
各国空港税/査証

・国際観光旅客税1,000円
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料:2,570円
・香港保安税90香港ドル(1,340円)
・香港空港建設費230香港ドル(3,440円)
・広州空港税180元(3,030円)
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(3,160円)
(2019年5月1日現在)

このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要になります。

査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥8,320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥8,720

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 118,000円~199,000円(日本~カトマンズ往復/出発日・予約クラスにより異なります。)
その他

●注意点
※「つきのいえ」は5部屋(最大10名様)しかないため、一人部屋の指定はできません。一人部屋ご利用の場合は、隣接するロッジにお泊りいただきます。隣接ロッジにお泊りの方にも食事や五右衛門風呂は「つきのいえ」を利用していただきます。

※カーレ〜オーストラリアンキャンプのハイキングは標高差300mの登りとなり、ところどころ急な石段が続く部分がありますが、特別な技術や装備は必要ありません。

このご旅行は早割60の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/11/20(水) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/12/21(土) ¥298,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/12/29(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 催行決定
2020/01/08(水) ¥268,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/02/07(金) ¥268,000 東京・大阪・名古屋 もうすぐ催行決定
2020/03/18(水) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 募集中

いってきました!

出発日:2019.02.16

評価:

ありがとうございました。
寝袋のご用意に感謝します。また、湯たんぽもありがたかったです。カトマンドゥからポカラ〜カトマンドゥ空港で4時間位フライト待ちがあってポカラを楽しみにしていた私は気持ちを切り替えて、スルヤさんの笑顔に癒されて、自然現象なので待ちましたが、空港のトイレの汚れが気になりました。
事前予約していたアーユルヴェーダは受けることが出来ましたが
⑴ そこに行くまで渋滞があり、シャワーを浴びる時間がなく、ホテルでシャワーを浴びることになり、月の夕食会場に行くまでかなり慌ただしかったです。
⑵ 終えた後に支払いを請求されましたが、ガイドのAさんがいてくださったので良かったです。
荷物を運んでくださる現地の方は、屈強な男の人かと思っていましたが、女性だったのにびっくりしました。とは言えとても良い旅でした。月の家に2連泊、ポカラ滞在を考えています。

この旅に関わってくださった方々に感謝します。ありがとうございました。遅くなりましたがアンケートをお送りします。

出発日:2018.12.22

評価:

香港での乗りかえでのこと。成田での他のツアーの方と4名で行動しました。その中の1名がネパール3回目という事で安心しましたが、やはりあの図だけでは…一人だったら不安です。香港でもらったチケットにゲートがまだ記入されていませんでした。例えばその場合、中央辺りの電光掲示板で確かめてください。の表示が説明にあるとよかったのにと思いました。また、日本円しか持ってなかったので香港でペットボトル1本すら買う事ができませんでした。旅なれていないので日本からの水を香港では持ち込めない事に気づいていませんでした。4名中3名が同じ状態でしたが、ネパール3回目の方が「大丈夫、私、ドル持っているから」と言ってくださり、お茶を飲む事ができましたが、私のような初心者には、パンフの説明に香港では、とか、シンガポールではと乗りかえ空港内ではドルを持っていると便利です。のような説明があるといいなと思いました。帰りは水筒をからにして空港内の洗浄器で水を入れる…なんてこともできるようになったのですが。
天気やガイド、、いろんな事に恵まれてとても良い旅になりました。いろいろありがとうございました。

出発日:2016.12.23

評価:

お天気にも恵まれ、絶景を楽しむことができたのには満足。荷物はもっと車が運ぶところが多いと思っていたので、あれもこれもとたくさん持っていってしまいました。ポーターさんがサンダルで何人分もの荷物を運んでくださり、本当に申し訳なかったと思っています。のんびりできたことはとてもよかったのですが、ポカラやカトマンズでもう少し時間があったらよかったのに…と思っています。
(ガイドの)Aさんがあれこれ考えてお料理を注文してくださったが(オーストラリアンキャンプ)、Aさんたちと同じものを食べてみたかった。

出発日:2016.12.23

評価:

朝のマチャプチャレ、アンナプルナの絶景。おいしい料理、最高!

つきのいえ、はなのいえにWiFiの設備を設けてほしい。また、どちらも暖房がなく、早々にベッドインせざるをえないが、暗くて本も読めない。電池式の照明を携行すればよかった。
グループごとに食事を変えるとか、ひと工夫あっても良いのではないか? 例えばオーストラリアンキャンプの夕食は(昼食も)グループごとに注文できたはず。(つきのいえは同じ料理にするほかないですよね)
朝がいいですね。4:30頃の北斗七星。6:30-7:00頃のアンナプルナやマチャプチャレ。7:15頃から早くもガスがかかりはじめ神秘的。ガスや雲のない朝が最高です。

おかえりなさい!

つきのいえ、はなのいえにWiFiは、嘗ては賛否両論ありましたが、今は、あの風景、間隙をその場からリアルに伝えたいという要望が多くございます。素朴さを失わないよう心掛けてやってみたいと思います。

出発日:2016.04.30

評価:

出発前大阪支店のAさん、ガイドのBさん、つきのいえのCさん、カトマンズ支店のDさん、全てが親切で楽しい旅行ができました。
マチャプチャレ、アンナプルナ連邦があまりよく見えなかったのが残念(季節が悪かったのかも) 、また行きたいです。

おかえりなさい!

天候が悪くて残念です。またお出かけください。綺麗ですよ!

出発日:2016.02.06

評価:

毎夜湯たんぽがもらえてよかった。
ネパールは4回目ですが、今までの3回はトレッキングでした。今回のようにゆったりとのんびりとしたハイキングもなかなか良いですね。五右衛門風呂でリラックスできたので疲れることもなく、とても楽しい旅でした。3夜とも星空を眺めることが出来最高!夕方、夜中、朝方と一夜に3回見ました。どこにも月がなくて、(つきのいえの)Aさんに「今、月はどこにいるんでしょう?」と聞いたら「ここにいます」とつきのいえを指差しました。ビックリポン。新月にあわせて計画してあったんですね。(ガイドの)Bさんには61の鳥の名前を教えてもらいました。アンナプルナ山群マチャプチャレを眺めながらの旅は素晴らしかったです。写真&スケッチに収めました。

出発日:2016.02.06

評価:

このツアーに参加できて本当によかったです。
日本で山歩きをするようになってからいつかは行きたい地としてネパールがありました。昨年の地震があって以降その思いは増して今回ようやく実現しました。私にとっては少し高額なツアーでしたが、季節的になのかツーリストが減っているせいなのか、ほとんどのホテル・宿は貸切状態。ガイド・ポーター付きのハイキングなど思っていた以上に豪勢な気分にひたり、なによりすばらしい旅仲間(パンフレットにもあったとおりガイドさんも旅仲間です)に恵まれて価格以上の貴重な体験を楽しくすることができました。観光立国であるネパールではツーリストをあたたかく迎えてくれました。もっと深くネパールのことを知りたい。今回行かなかった地方にも行ってみたい。トレッキングにも行ってみたい。思いはつきません。みなさまありがとうございます。

出発日:2015.12.12

評価:

オーストラリアンキャンプは絶好のフォトスポット、これを正面に出して企画を考えて下さい。時期をある程度流動的にする(その年のの乾き具合を読んで実施を決めるぐらいにしたい)自前の施設を持つ(その中でテント泊も可とする)

帰りはつきのいえで疲れを取って(ゆっくりお湯につかって)車で山を降りるか、はなのいえまでは間の生活を途中でにぎりメシを食べるくらいのゆっくりさで撮って、翌日はなのいえから降りる。

夕方の山の景色について情報を集めてください。どんな時期に朝焼けの山が見えるのか、谷の影響で夕方は必ずガスがかかるとか現地の人に聞いて下さい。

おかえりなさい!

オーストラリアンキャンプも周りにロッジが沢山建ち、様子が変わってきてしまいました。残念です。

出発日:2015.12.12

評価:

風ダルバールの売店について、マサラティーの説明がほしいと思いました。どの紅茶使うのか、どんな量をどのように作るのか等日本語で説明がほしいです。日本語の出来るスタッフが来られて、初めて丁寧に教えてもらえました。お国事情もあるでしょうが全体に水周りを一度総点検してほしいと思いました。楽しい旅でした。ありがとうございました。又行けたらと願っています。

出発日:2015.12.12

評価:

1.ガイドのAさんは、日本語が上手なだけでなく、ダジャレをいっぱい飛ばすくらい日本語を良く知っていた。そればかりでなく色々な要求にもしっかりと対応してくれた。
2.現地の支店の人たちも親切且つ気さくで気安く話ができた。
3.つきのいえの露天五右衛門風呂はとても良い。
4.はなのいえの無農薬、有機農法はすばらしい。
5.歩行コースはヒマラヤの展望も良く、ネパールの山村のようすもみられてなかなか良かった。

もっと見る