営業日:月・木曜日(11:00〜17:00)
東京本社 03-3228-5173 / 
大阪支店 06-6195-8043

国内ツアー一覧 
新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

※休業日のお電話でのご連絡につきましては留守番電話にて承ります。営業日に折り返しご連絡いたします。

作家・芝田勝茂さん同行

【現地集合】5/27(金)発:古事記の神々をめぐる旅「その1・淡路島」3日間

6名催行添乗員同行

鳴門海峡

千光寺

遠くに沼島

明石海峡

伊弉諾神宮鳥居

夫婦大楠

伊弉諾神宮

出発日設定2022/05/27(金)発
旅行代金95,800円
出発地山陽新幹線西明石駅集合・解散
POINT
  • *古事記の神々をめぐる旅のシリーズが始まりました!
  • *初めは、淡路島、おのころ島をめぐります。
詳細

★イザナギとイザナミ、列島を産む。

古事記をひもとけば、イザナミとイザナギの二神が「高天原」から「クラゲのように漂う」海に降りたち、沼矛で混沌をかきまぜ、「オノコロ島」ができる様子があざやかに描かれています。最初にヒルコ、淡島という「期待されざるもの」を産みますが、のち、淡路島と四国、隠岐諸島、九州、壱岐対馬、佐渡、そして本州とつづけ島々を誕生させてゆきます。

それは、海洋民族が日本列島をたどる「産み=海の道」でもあったのです。

★海洋民族の本拠地、淡路島

日本列島を海から俯瞰すれば、内海(瀬戸)と外海(太平洋)の出入り口を扼するように、淡路島が存在します。島の中央に「伊弉諾(イザナギ)神宮があり、そこを基点に東西南北、夏至と冬至の線をひけば、古代の重要な神社がきっちり線上に姿をあらわします。東に伊勢神宮、夏至と冬至の線上には出雲大社、信濃の諏訪神社、熊野那智大社、対馬の海神神社、九州高千穂の天岩戸神社などなど。真南には「オノゴロ島」に比定される沼島があります。

★列島の神々をめぐる旅

古事記をめぐる神々への旅を、まず、発祥の神話や伝説をもっともリアルに感じられる「淡路島」からはじめてみます。淡路島の自然と遺跡を旅して、古事記を産んだ神々に近づいてみましょう。

2014年と2017年の二度にわたり「風カルチャークラブ」で古事記の講座を担当した児童文学作家・芝田勝茂と水野恭一が旅の水先案内をつとめます。

どうぞ、新鮮な視点と解釈で「古事記」を旅する三日間をお楽しみください。

旅程2泊3日・現地(西明石駅)集合・解散。

講師

芝田 勝茂 (しばた かつも)

ファンタジー作家

石川県羽咋市生まれ。児童文学作家。著書にファンタジー『ふるさとは、夏』(福音館文庫・産経児童出版文化賞)『ドーム郡シリーズ三部作』(『ドーム郡ものがたり』『虹への旅』『真実の種、うその種』日本児童文芸家協会賞他・小峰書店)古典に題材をとった『サラシナ』『虫めずる姫の冒険』(あかね書房)。また近未来を描く『進化論』『星の砦』(講談社)がある。編訳に『ガリバー旅行記』『西遊記』『ロビンソン・クルーソー』子ども向けリライトに『銀河鉄道の夜』『坊っちゃん』(学研)伝記『葛飾北斎』(あかね書房2016)『織田信長』(学研2018)など。『空母せたたま小学校』シリーズ(そうえん社2015-2016)や『ぼくの同志はカグヤ姫』(ポプラ社・2018)では近未来と古典文学が融合する、ユニークなファンタジー世界を描く。日本ぺンクラブ会員。
2013年から2018年まで『縄文サマーキャンプ』を山梨県で個人主催で実施した。
HP『時間の木』http://home.u01.itscom.net/shibata/index.html

担当講座一覧

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

西明石駅五斗長垣内遺跡岩上神社伊弉諾神宮ホテル

午後(12時30分):山陽新幹線・西明石駅集合

西明石駅より車にて絵島を経由し、ゴッサカイト(五斗長垣内)遺跡へ。遺跡を見学します。

見学後、岩上神社へ。

神籠(ひもろぎ)石(高さ12m、周囲16m)眺望良し。

岩上神社より、伊弉諾神宮へ。

日本列島「陽の道しるべ」の起点。

神社拝観し見学後、車にて南あわじ市のホテルへ。

ホテル
2日目

ホテル先山千光寺(岩戸神社)土生港沼島土生港阿万海岸ホテル

午前:車にて先山千光寺へ。千光寺と岩戸神社を見学、拝観します。

※天岩戸(8mの巨石がご神体)

見学後、車にて土生港へ。

土生港より沼島汽船にて沼島へ。沼島上陸後、おのころ神社や上立神岩を巡ります。

※天候の急変により欠航する場合もありますので、予めご了承ください。その場合、別の場所を訪れます。

午後:沼島より船にて土生港へ。

土生港より車にて阿万海岸を経て、ホテルへ。

ホテル
3日目

ホテル福良港鳴門海峡福良港屯倉神社洲本城西明石駅

午前:ホテルより福良港へ。

福良港よりうずしおクルーズ(咸臨丸)の乗船。(約60分)

※天候の急変により欠航する場合もありますので、予めご了承ください。その場合、別の場所を訪れます。

福良港に戻り、車にて屯倉(トクラ)神社に立ち寄り、三熊山の山城・洲本城へ。

西日本最大の水軍根拠地の城跡を見学します。

見学後、西明石駅へ

午後:15:30頃、西明石駅にて解散。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2022/05/27(金)発 ¥95,800 山陽新幹線西明石駅集合・解散 催行決定 3日間・6名催行
最少催行人員 6名 (定員10名) 添乗員 添乗員が同行します。
利用予定航空会社 なし
利用予定バス会社 有限会社 武元重機(みらい観光)
利用予定ホテル

ホテル&リゾーツ南淡路

一人部屋追加代金 5,000円 ご希望の場合は、お問い合わせください。追加料金は2泊で5,000円です。
その他

○宿のお部屋は原則として男女別の2名1室の相部屋となります。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2022/05/27(金)発 ¥95,800 山陽新幹線西明石駅集合・解散 催行決定 3日間・6名催行