お客様専用電話番号が変更になりました
営業日:月・木曜日(11:00〜17:00)
東京本社 03-3228-5173 / 
大阪支店 06-6195-8043

国内ツアー一覧 
新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

※休業日のお電話でのご連絡につきましては留守番電話にて承ります。営業日に折り返しご連絡いたします。

日本文化の揺籃にして大陸との窓口

「国境の島」対馬の祈りと歴史を学ぶ 4日間

8名催行添乗員同行

和多都美神社 ©長崎県観光連盟

万松院 百雁木 ©長崎県観光連盟

万関瀬戸 ©長崎県観光連盟

万関橋 ©長崎県観光連盟

豆酘崎 ©長崎県観光連盟

対州そば ©長崎県観光連盟

西漕手(小船越瀬戸) ©長崎県観光連盟

小茂田浜神社 ©長崎県観光連盟

烏帽子岳展望台から望む浅茅湾 ©長崎県観光連盟

異国の見える丘展望台 ©長崎県観光連盟

和多都美神社(海の鳥居)©対馬観光物産協会

万松院 ©対馬観光物産協会

金田城山頂から©対馬観光物産協会

出発日設定2021/11/20(土)
旅行代金178,000円
出発地福岡空港
POINT
  • ・古代から日本と大陸の窓口として国の最前線だった対馬の歴史を歴史家の永留史彦さんが紐解きます
  • ・日本文化や神道の源流をたどり、和多都美神社、海神神社、阿麻氐留神社など神話や伝説の舞台を巡ります
  • ・唐・新羅の反撃に備えて築かれた金田城跡をハイキング
  • ・あなご、海鮮、対州そばなど対馬の味覚もお楽しみください
  • ・秋の紅葉が美しいシーズンです
詳細

「国境の島」で日本文化の深淵に迫る
『古事記』の国生みの神話に登場する対馬は日本文化の原型が残る地です。と同時に「国境の島」として、3世紀の『魏志倭人伝』にも中国大陸、朝鮮半島と日本をつなぐ海上交通の要衝として記され、古来より中国大陸の文化や人の往来の通路でもありました。その悠久の歴史と文化の深淵に迫ります。

対馬の特別ガイド

永留 史彦 (ながどめ ふみひこ)

長崎県対馬市出身。歴史研究家。専門は神社、古代史、朝鮮半島と日本の外交関係史など。
2016年から「対馬の自然と文化を守る会」会長。
「東アジアの視点から対馬と日本を考える」交隣舎出版企画代表。対馬古文書研究会会員。
「対馬観光ガイドの会やんこも」(副会長)としても、対馬の魅力を幅広く紹介している。
著書『倭館からの手紙』、共著『対馬の交隣』(いずれも交隣舎出版企画)
『朝鮮人漂着格式ー漂流民送還と対馬藩』(共著/対馬古文書研究会発行)

歩行レベル
歩行日数1
レベルについて
日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

福岡空港対馬空港和田都美神社比田勝

午前(9:00頃):福岡空港集合。国内線で対馬空港へ。大船越(おおふなこし)で幕末ロシア軍艦ポサドニック号が対馬の芋崎を不法占拠した際に遭難した松村安五郎・吉野数之介の記念碑、日露戦争直前に掘削された万関橋(まんぜきばし)を見学。

午後:竜宮伝説が残り、海中に建つ鳥居が印象的な和多都美(わたつみ)神社を参拝。その後、典型的なリアス式海岸である浅茅湾(あそうわん)を一望する烏帽子岳展望台へ。

その後、対馬国一之宮である木坂・海神神社を見学。夕刻に比田勝へ。

ホテル
2日目

対馬(比田勝厳原)

午前:弥生時代の広形銅矛を出土した石棺墓群がある塔の首遺跡「日ロ友好の丘」、天気の良い日は釜山のビル群も見える鰐浦・韓国展望台、訳官使の遭難碑、塔の首遺跡出土の青銅矛が収蔵されている上対馬町郷土資料室を訪ねます。その後、謎の石塔がそびえる五根緒(ごねお)へ。

昼食は佐須奈のそば道場で対州そばをいただきます。

午後:古代、新羅の侵攻に備えて防人が常駐したとされる千俵蒔(せんぴょうまき)山へ。その後、社殿も鳥居もない原始神道の様式が残る天神多久都魂(あまのたくずだま)神社へ。貴重な資料が展示される峰町歴史民俗資料館、一時は島府がおかれ宗家の菩提寺であった円通寺などを訪れます。

ホテル
3日目

対馬(厳原金田城厳原)

午前:住吉神社、小船越、西漕出(にしのこいで)などを経て、阿麻氐留(アマテル)神社へ。その後、ネソ古墳群へ。

午後:唐・新羅の反撃に備えて建てられた当時の国防の最前線だった金田城(かなたのき/かねだじょう)の山頂までハイキング(約3時間)

夕刻:厳原に戻り八幡宮神社を訪れます。

ホテル
4日目

厳原対馬空港福岡空港

午前:天道信仰の聖地・多久都魂神社と高御魂(たかみむすび)神社を訪れた後、ぐるっと 270 度の水平線が見られる豆酘崎(つつさき)展望台、美女塚へ。その後、厳原に戻り宗家の菩提寺で歴代藩主の墓所がある万松院(ばんしょういん)へ。

午後:1274年の文永の役でモンゴル兵を迎え撃ち全滅した小茂田浜および小茂田浜神社、戦死した宗資国のお胴塚などを訪れます。

夕刻:対馬空港から国内線で福岡空港へ(17:35予定)。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2021/11/20(土) ¥178,000 福岡空港 募集中
最少催行人員 8名 (定員15名) 添乗員 添乗員が同行します。
利用予定航空会社 全日空、オリエンタルエアブリッジ
利用予定バス会社 (株)ジェイアイランド
利用予定ホテル

比田勝:東横イン対馬、テマド・ホテル
仁位:ビジネスホテルつたや
厳原:ホテル・ベルフォーレ、つたやホテル
(いずれも2名1室利用)

一人部屋追加代金 7,500円
各国空港税/査証

国内線旅客施設使用料(福岡空港発着各110円)

その他

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2021/11/20(土) ¥178,000 福岡空港 募集中