眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと歩く

<新企画>商店街探検・地元名物と町の歴史を探る 第1部(全5回)

巣鴨地蔵通り商店街縁日

十条演芸場

十条富士塚

巣鴨塩大福

柴又地元商店街大国屋

柴又矢切の渡し

柴又川魚料理

出発日・参加費

出発日 時間帯 参加費 お申込み(受付状況)
2024/03/09(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第1回 十条銀座] 都内有数のアーケード商店街と農村の名残の信仰を歩く
2024/03/30(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第2回 巣鴨地蔵通り商店街] ソメイヨシノの故郷で花見散歩
2024/05/18(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第3回 柴又商店街と帝釈天門前町] 地元向け商店街と帝釈天参道と江戸川渡し舟
2024/06/15(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第4回 合羽橋商店街と仏壇屋街] この街ならではの専門問屋街と寺町を歩く
2024/07/13(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 催行人員到達・残席僅か [第5回 高円寺商店街と阿波踊り] 元は商店街のイベントから日本有数の祭りに成長
全5回 ¥30,000 終了 【一括申込】

講座概要

東京では各駅ごとに商店街が広がっています。その賑わいはどのような歴史をたどって形成されたのでしょう。江戸・明治・現代、さらには縄文時代からの地図を照らし合わせながら、商店街を歩きます。門前町や街道筋の宿場町、私鉄沿線開発の駅前商店街など、意外な生い立ちが浮き彫りになってきます。商店街を中心に街の歴史や見どころも探検。もちろん買い物もたっぷり。商店はそれぞれが専門家、各店でその知恵を学びます。

全5回一括お申込みも可能。合わせて33,000円(6,600円×5回)のところを、30,000円に割引きいたします。

[第1回 3月9日(土) 十条銀座] 都内有数のアーケード商店街と農村の名残の信仰を歩く
かつては農村だった十条だが、関東大震災以降は住宅が激増。また旧陸軍施設なども近かったこともあっていつしか商店が立ち並んだ。今では都内有数のアーケード商店街として賑わう十条銀座商店街などで面白そうな店や、都内で2箇所だけの演芸場を覗き歩きます。また富士講など地元で大切にされてきた信仰や文化にも触れます。
集合場所:JR埼京線十条駅
[第2回 3月30日(土) 巣鴨地蔵通り商店街] ソメイヨシノの故郷で花見散歩
とげぬき地蔵で有名な高岩寺の門前はおばあちゃんの原宿と呼ばれていますが、
実はメーカーも視察に来るほど意欲的な専門店揃いです。そしてこの道は旧中山道で、江戸時代には東側の丘に植木屋が並ぶソメイヨシノの生まれ故郷でもあり、見事な桜並木です。塩大福など名物を買いながら、花も団子も楽しみます。
集合場所:JR山手線・都営地下鉄三田線巣鴨駅
[第3回 5月18日(土) 柴又商店街と帝釈天門前町] 地元向け商店街と帝釈天参道と江戸川渡し舟
映画男はつらいよで有名な柴又帝釈天。参道名物の草だんごは周辺の田んぼの米と土手のよもぎ、川魚料理は川や用水路で獲れたものを調理したのが始まります。そんな名物に舌鼓を打ちつつ、実はもうひとつ地元の生活向けの小さくて元気な商店街にも立ち寄ります。
帝釈天参拝後には、矢切の渡しで対岸へ渡ります。
集合場所:京成柴又駅
[第4回 6月15日(土) 合羽橋商店街と仏壇屋街] この街ならではの専門問屋街と寺町を歩く
大正時代に上野と浅草の間に流れる新堀川の両岸で古物商が店開きしたのが始まり。やがて調理器具問屋街として発展する商店街を歩きます。また、浅草界隈は寺町でもあり、仏壇屋街もこの街ならでは。浅草の一本裏側を歩きます。
集合場所:東京メトロ銀座線田原町駅
[第5回 7月13日(土) 高円寺商店街と阿波踊り] 元は商店街のイベントから日本有数の祭りに成長
JR中央線高円寺駅周辺にはいくつもの商店街が続いています。今や東京有数の祭りとなった高円寺阿波踊りも元は商店街が発案したイベントでした。本来の祭りの奉納先である神社や阿波踊り用品店などを巡ります。ライブハウスや古着屋街として発展する商店街も見ものです。
集合場所:JR中央線高円寺駅

※昼食は講師おすすめのお店をご紹介します(各自払い)。
※当日の天候、その他の状況により順路などは変わる場合があります。
※各種入場料や追加の交通費等、各自のお茶代など別途料金がかかる場合がございます。予めご了承ください。

※当講座では、講師の解説が良く聞こえるようイヤホンガイドを使用いたします(使用料は講座代金に含まれます)。イヤホンガイドとは、話し手が所持する送信機を通じて、複数の受信機へ音声を届けるツールです。

\オンラインイベント開催! 講座の雰囲気や内容をご紹介します/

街・村・人をとことん訪ね歩く

眞鍋じゅんこ & 鴇田康則 (まなべじゅんこ・ときたやすのり)

フリーライター&カメラマンの夫婦として「人の生活を記録する」ことをテーマに、長年をかけ国内外を旅して回る。農村漁村で、都会の片隅で、人はどんな暮らしをしているのか? 日々歩きながら探求を続ける。

◯眞鍋じゅんこ 1959年東京生まれ。ベトナムに通っていた頃、そこに古き良き日本があった。そして日本中の村や離島を訪ねて、カメラマンの夫・鴇田康則と記録し続けてきた。面白いことや人を見つけると、じっとしていられない。東京・千葉・神奈川にまたがる東京湾をくまなく取材し、たくさんの面白いことや場所、人を見つけた。著書に『ニッポンの村へゆこう』(筑摩書房)、『産む快感』(自然食通信)、『うまい江戸前漁師町』『中古民家主義 』(交通新聞社)、『アジアで麺』『ベトナムわんさか共和国』(トラベルジャーナル・共著)などがある。また、月刊誌『散歩の達人』(交通新聞社)にて『1964→2020東京オリンピックを歩く』を連載。ブログ『眞鍋じゅんこのまっすぐには歩けない』

◯鴇田康則 1954年東京生まれ。広告や雑誌、レコードジャケットなどの撮影と共に、アフガニスタンなど中央アジアや北米、タイ、ベトナム、などの人々の生活風景を写真に収めて歩く。現在、日本の村や東京の町歩きの他、東京湾の漁師や村の暮らしを記録。「中古民家主義」(交通新聞社)など眞鍋との共著の写真を担当。各種散歩系の雑誌の取材では、下町から山村まで様々なところを歩きカメラで撮影。著書『中古民家主義 』(交通新聞社)』、『うまい江戸前漁師町』(交通新聞社)、『ニッポンの村へゆこう』(筑摩書房)。また、月刊誌『散歩の達人』(交通新聞社)にて『1964→2020東京オリンピックを歩く』を連載。

担当講座一覧

講座条件・その他

会場 各回の講座欄をご参照ください
定員 15名
持ち物 弊社からご予約頂いた方へお送りする資料にてご確認ください
備考 ●講座代金に含まれるもの 講師代、資料代など ※野外講座では傷害保険に加入しております(保険料は参加費に含む)。
お申込み 【お電話】03-3228-5173
【Eメール】info@kaze-travel.co.jp ※講座名、住所、氏名、お電話番号、参加人数をお書き添えください。
【WEB予約】ページ下部のボタン(黄色)よりお進みください。
お申し込みの流れはこちら

講座予約

出発日 時間帯 参加費 お申込み(受付状況)  
2024/03/09(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第1回 十条銀座] 都内有数のアーケード商店街と農村の名残の信仰を歩く
2024/03/30(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第2回 巣鴨地蔵通り商店街] ソメイヨシノの故郷で花見散歩
2024/05/18(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第3回 柴又商店街と帝釈天門前町] 地元向け商店街と帝釈天参道と江戸川渡し舟
2024/06/15(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 終了 [第4回 合羽橋商店街と仏壇屋街] この街ならではの専門問屋街と寺町を歩く
2024/07/13(土) 10:30〜15:30頃 ¥6,600 催行人員到達・残席僅か [第5回 高円寺商店街と阿波踊り] 元は商店街のイベントから日本有数の祭りに成長
全5回 ¥30,000 終了 【一括申込】