チベット高原横断飛行で聖山カイラスを展望

[終了]謎の仏教王国グゲ遺跡探訪と西チベット聖地巡礼10日間

6名催行英語ガイド添乗員同行

ラサの「リンシ」の1つ テンギェリン寺の内部

グゲ王国遺跡(古城)

グゲ王国遺跡(古城)

ドゥンカル遺跡

ドーム状にマンダラが描かれた石窟の天井 ドゥンカル

ドゥンカルの石窟に描かれた千仏

ラテルネンデッケ式(三角隅送り式)の天井 ドゥンカル

セルシュンからカイラス山西南壁を望む

出発日設定2019/04/27(土)
旅行代金795,000円
出発地東京・大阪・名古屋
詳細

10日間という短い日数で、しかも歩かずに、チベット最大の聖地カイラス山と西チベットに残るグゲ王国の遺構を訪れる「西チベット&カイラスツアー」です。会社を辞めずに参加できる日程、「巡礼トレッキングはちょっと厳しい」という方にもお勧めです。2020年春以降に再度設定予定です

2019年のツアーの様子はこちら
添乗報告記●謎の仏教王国グゲ遺跡探訪と西チベット聖地巡礼10日間(2019年4月)

ツアーポイント
●チベット高原横断飛行で往復
チベット上空は晴天率が高く、国内線の運行状況は安定しています。ラサから陸路で1400km離れたアリ空港まで僅か2時間弱でひとっ飛び。チベット高原を横断するフライトからは聖山カイラス、聖湖マナサロワールなどが眼下に広がります。

●西チベットに残る仏教遺跡へ
西チベットでは標高の低いツァンダを拠点に、かつてのグゲ王国の王城跡ツァパランや貴重な仏教壁画の宝庫ピヤン、トンガの遺跡群を堪能します。

●チベット最高の聖地カイラス山へ
1周52kmの巡礼はできなくとも、カイラスの西南面を望むチュク・ゴンパを参拝。「アジアの大河の源」といわれる聖湖マナサロワールも訪れます。

●高山病に配慮した日程
まずはラサで3泊、ツァンダで2泊と4,000m以下の標高でしっかりと順応してからカイラス(ダルチェン)へ。添乗員と日本語ガイドが同行して体調管理もしっかり行います。


※検診について

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋 経由・乗継 成都

東京(成田または羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)を出発。空路、経由便または乗り継いで成都へ。到着後、ガイドとともにホテルへ。(東京発は直行便利用の場合があります)

ホテル
2日目

成都 ラサ

早朝:ガイドとともに空港へ。国内線で、ヒマラヤ山脈の東端・横断山脈を飛び越え、チベットの都・ラサ(3,658m)へ。チベット密教の壁画の残るゴンカル・チューデを訪れた後、ラサヘの街へ。

午後:高所順応を兼ねてジョカン寺を囲む巡礼路バルコルなどに散策へ出掛けます。

ホテル
3日目

ラサ

午前:ダライ・ラマの摂政を輩出した名刹テンギェリン寺「ラサのとげぬき地蔵」ツォメリン寺、もうひとつの「シャカムニのお寺」ラモチェ寺などバルコル周辺のお寺を徒歩で訪れます。

午後:ダライ・ラマの神託官ネチュン・クテンがいたおどろおどろしい壁画に彩られたネチュン寺を訪れます。

ホテル
4日目

ラサ

午前:チベットを初めて統一したソンツェン・ガムポ王や、チベット仏教を復興したインド人僧侶アティーシャなどチベットの聖人たちが瞑想修行を行った聖地ダク・イェルパを訪れます。キチュ川を見下ろす4,500mの山の中腹からの眺めは絶景です。お昼はピクニックランチです。

午後:ラサに戻り、フリータイム。

ホテル
5日目

ラサ アリツァンダ

午前:ラサから国内線で西チベットのアリ(約4,280m)へ。チベット高原を眼下に見下ろし、ヒマラヤ山脈を遠望するパノラマ飛行です。天候に恵まれればカイラス山やマナサロワール湖などが見渡せます。到着後、車でグゲ遺跡観光の拠点となるツァンダ(3,600m)へ。(走行=約140km、約5時間)

ロッジ
6日目

ツァンダツァパランツァンダ

午前:ツァンダのトリン・ゴンパを見学。

午後:車で>グゲ王国最後の王都ツァパラン

ロッジ
7日目

ツァンダピヤン・ドゥンカルマナサロワール湖ダルチェン

午前:ピヤン、ドゥンカルへ。グゲ時代の貴重な壁画などが残された石窟群、遺跡群を見学します。(走行=約50km、約2時間)

午後:アジアの大河の源とも言われる聖なる湖・マナサロワール(マパム・ユムツォ)の湖畔(約4,588m)へ。天気がよければカイラス山の全容が一望できるでしょう。その後、ダルチェン(4,600m)まで引き返します。(走行=約300km、約5時間)

ロッジ
8日目

ダルチェンチュグゴンパダルチェンアリ

終日:タルチェンからエコカー(混載)に乗り換えてカイラス山の西南面を仰ぎ見るチュク・ゴンパへ。再びエコカーでタルチェンに戻り、車でアリ(約4,280m)へ。(走行=約250km、約5時間)

ホテル
9日目

アリ ラサ 成都

午前:国内線で空路ラサヘ。再び、チベット高原を眼下に見下ろし、ヒマラヤ山脈を遠望するパノラマ飛行です。

午後:ラサで国内線に乗り継いで成都へ。

夜:成都着後、ホテルへ。

ホテル
10日目

成都 乗継地 東京・大阪・名古屋

午前:空路、乗り継いで帰国の途へ。

夜:東京(羽田または成田)、大阪(関西)、名古屋着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/04/27(土) ¥795,000 東京・大阪・名古屋 終了
最少催行人員 6名(定員16名) 添乗員 添乗員が同行します。 成田から成田まで同行します
利用予定航空会社 中国国際航空、中国東方航空、四川航空、西蔵航空
利用予定ホテル

【成都】錦江賓館錦苑楼、岷山飯店、銀河王朝大酒店、*成都空港商務酒店
【ラサ】*シャンバラホテル、*タンカホテル、*デカンホテル、*ゴルカホテル、*敦固賓館、*キチュホテル、ヤクホテル、*ガンゲンホテル
【ツァンダ・ダルチェン・アリ】ロッジ(基本的に2人1部屋です。部屋にトイレ、シャワーがない場合や、トイレが建物の外だったり、共同のシャワーが無いこともあります。)
*のホテルは浴室にバスタブがなく、シャワーのみの場合があります。

お一人部屋追加代金 68,000円 ロッジ泊では一人部屋をご用意できない場合があります。
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線3,000円(2019年5月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 中国入国時に残存期間が6ヶ月以上必要
各国空港税/査証

●空港税【事前徴収】
・日本国内空港税
(羽田:2,670円、成田:2,610円、関西:3,040円、中部:2,570円)
・国際観光旅客税:1,000円
・中国出国税:90元(約1,480円)
・中国国内空港税:50元x4回(3,290円)
(2018/11/01現在)
●査証(ビザ)
中国は15日以内の滞在は不要(日本国籍以外の方はご確認ください)

その他

●注意点
このコースは標高4,000m以上の高地で宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。日本登山医学会(登山者検診ネットワーク)に登録された専門医による、所定の健康診断をお願いしております。結果により参加をお断りすることがあります。健康に不安がある方は必ず事前にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。
※検診についての詳細はこちら

●出来る限り見学できるように努力いたしますが、西チベットの仏教遺跡は現地当局の都合により突然閉鎖されたり鍵番が不在になるなどの理由で見学できない場合があります。あらかじめ現地事情をご了解下さい。
●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/04/27(土) ¥795,000 東京・大阪・名古屋 終了

いってきました!

出発日:2019.04.27

評価:

もともと主目的だったカイラスだけでなく、立体曼荼羅やグゲ遺跡なども想像以上で、とても良かったです。

出発日:2019.04.27

評価:

コンパクトな日程で良くまとめられたツアーだと思います。懸念された高所順応に対し、ラサでハイキングしたことで上手く順応できました。思わぬ見所も多く、とても楽しめました。

他の参加者の意見もありましたが、カイラス巡礼を含められたらと思います。2日追加で問題ないかと思いますが、なるべく短くして欲しい。課題は多いと思いますが、期待します。
最後に添乗員のA様、有難うございました。

出発日:2019.04.27

評価:

当初の目的だったグゲ遺跡の壁画を満喫できて、+カイラスを直に見ることができて満足できる旅でした。ラサの3連泊はいらないな~と思っていましたが、必要な高地順応の時間だったとよく理解できました。最終日23時に家に帰りつき、翌日からの仕事は厳しかったですが、通常稼働に戻ってみると、今回の旅でかなりリフレッシュできていることに気が付きました。カイラスをちょっとだけコルラして日々ため込んだものを多少捨ててこられたのかもしれません。ただコルラすることとカイラスを拝むことだけを考えて歩くのは贅沢な時間でした。

ティルタプリの温泉で温泉卵♪できたら楽しいと思います。日程の問題もありますが、できればグゲとドゥンカルは別日に訪問したほうが頭の整理がつきやすいです。スピティ・キナウル、ツアーアレンジよろしくお願いします!

出発日:2019.04.27

評価:

憧れだった「西チベット」、「仕事を辞めずに参加出来る」に惹かれて参加しましたが、想像以上の素晴らしさでした。
トリンゴンパ、グゲ遺跡等の壁画と聖地巡礼、そして何よりもカイラス山の神々しさ。当初はこれで、西チベットも達成と思っていましたが、カイラス山コルラが次の目標になりました。

ラサの訪問先も楽しかったですが、このツアーの見どころは西チベットなので、出来ればカイラス山北壁のドルマ峠を超えるコースを加えていただけると最高かなと思います(タルポチェまで車で移動、ドルマ峠を超えるまで徒歩でコルラ、車でピックアップしてもらう短縮型巡礼は可能でしょうか?)
高地順応のため、医療施設の整っているラサ滞在が必要なのは分かりますが、ラサ滞在は少なくて良いと思います。ラサ〜アリ間のフライトは参加者の方も仰っておられましたが、ヒマラヤ8000m峰が望める最高級のマウンテンフライトです。売りに出来るのでは?

出発日:2019.04.27

評価:

高地で酸素不足を感じながらの旅でしたが、とても充実した、楽しい旅でした。天気にも恵まれ、また旅の仲間もみなさん気持ちのいい方でした。お世話になりました。
(風の旅行社の)Aさんとの旅は2回目でしたが、おおらかなゆったりした時間をすごせます。ありがとうございました。

もっと見る