隠れ家ロッジでゆったり3連泊

冬のフォトジェニック・ユーコン7日間

6名催行日本語ガイド

出発日設定2019/12/30(月)~2020/02/01(土)
旅行代金456,000円~498,000円
出発地東京、大阪、名古屋
POINT
  • 写真家でもある上村氏がご案内する少人数限定ツアー
  • 世界遺産クルアニ国立公園近くに位置するログ調の快適なロッジ泊
  • 野生動物たち(ライチョウやムースなど)との遭遇にも期待できるスノーシューハイク
  • 山岳風景が美しい絶景ポイントでオーロラ観察(3回)
詳細

カナダ極北のユーコン準州で、世界遺産のクルアニ国立公園の大自然を楽しむとっておきのツアーです。クルアニに隣接するおしゃれなロッジに宿泊しながら、お昼は野生動物観察やスノーシューなどのアクティビティーを楽しみ、夜はオーロラと満天の星空を探しに出かけます。

食事は地元の食材を多く使った、スタッフ手作りの健康的なディナーをご用意致します。日本では体感することのできない大自然を、カナダ極北の世界遺産の国立公園で体感しましょう!

現地では、写真家でもあり現地ガイド(兼ドライバー)でもある上村知弘氏が、その日のコンディションや天候に応じて、お勧めのスポットにご案内。最少催行6名、最大で9名様までの少人数限定ツアーです。

航空便等の事情により、出発日が12/29から12/30に変更となりました。

9/7現在、残席1-2席となっております。お早めにお問い合わせください。

世界自然遺産 クルアニ国立公園

今回の旅のメインは、世界遺産のクルアニ国立公園。ホワイトホースの西部に位置し、カナダ最後の秘境と呼ばれる場所です。カナダ最高峰5959mのマウントローガンを筆頭に4000~5000m級の山々と氷河に覆われ、麓の壮麗な山々は、グリズリーベアをはじめ、ドールシープ、マウンテンゴートなど野生動物の宝庫。日中は、そんな極北の原野に暮らす動物たちの姿や足跡を探しながら、山麓のスノーシュー散策に繰り出します。

クルアニでの宿泊は、国立公園エリアに隣接しているマウントローガンロッジ。アットホームな雰囲気の小さなロッジです。山岳風景が素晴らしい、大自然の中で宿泊をすることで、朝夕の色彩豊かな風景や、空いっぱいに広がる星空やオーロラ撮影など、よりフォトジェニックな景色を堪能できることでしょう。


ユーコンでオーロラと絶景を楽しむ

ユーコンはアラスカに最寄りのカナダ。カナダの中ではまだまだ知名度の低いエリアですが、例年、夏の終わりからGW頃までは、コンディションさえよければオーロラ観賞も楽しめます。なぜなら、ユーコン準州の多くの場所が「オーロラベルト(オーロラが頻繁に発生する地帯)」の真下に位置しているため、わざわざ遠くまで出かけずとも、州都ホワイトホースからオーロラが見えることもあります。

オーロラスポットは北欧やアラスカなど世界中にありますが、特筆すべきは、ユーコンのロケーションの良さ。世界遺産のクルアニ国立公園やトゥームストーン州立公園などでは、ダイナミックな山岳風景とオーロラとが合わせて見られます。知る人ぞ知る、世界でも有数の絶景スポットといっても過言ではないでしょう。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(大阪・名古屋)東京バンクーバーホワイトホース

午前:大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)発。空路、東京(成田または羽田)へ。]

夜:空路、東京(成田)からバンクーバーで乗り継ぎ、ホワイトホースへ(日付変更線通過)。

午後:到着後、ガイドの上村さんと合流。車でホテルへ。

ホテル
2日目

ホワイトホース ヘインズジャンクション

午前:街中のカフェにて朝食後、街のメインストリートを散策。ご希望の方にはお勧めのお土産屋さんへご案内いたします。

午後:昼食を食べた後、車で世界遺産のクルアニ国立公園へ。(走行=約3時間30分) 絶景が広がるアラスカハイウェイを走り、山々が切り立つクルアニへと向かいます。道中、エルクやコヨーテなどの野生動物に出会えるかもしれません。

午後:クルアニ到着後、国立公園近くに位置するおしゃれなログハウスの宿「マウントローガンロッジ」にチェックイン。

夜:ガイドスタッフによる手料理をお楽しみください。

(オーロラ観察チャンス①)

ホテル
3日目

ヘインズジャンクション クルアニ国立公園 ヘインズジャンクション

午前:ロッジにて遅めのブランチ。

午後:クルアニの美しい山々を眺めながらスノーシューハイキング。ウサギやリスの足跡を見つけたり野生動物や野鳥を探しながら、ゆっくりとしたペースで歩きます。(歩行=約2~3時間)

夜:手作りディナーをお楽しみください。

(オーロラ観察チャンス②)

ホテル
4日目

ヘインズジャンクション クルアニ湖 ヘインズジャンクション

午前:ロッジにて遅めのブランチ。

午後:車で国立公園内に移動。大自然が広がるクルアニの景色を楽しみながら、ユーコンで一番大きな湖であるクルアニ湖の畔へと出かけます。その後、野生動物観察ミニハイク。湖の横に聳え立つシープマウンテンで、野生の羊のドールシープを探しましょう。世界で唯一の白い野生の羊であるドールシープは、人気のある動物です。

夜:手作りディナーをお楽しみください。

(オーロラ観察チャンス③)

ホテル
5日目

ヘインズジャンクション ホワイトホース

午前:ロッジにて遅めのブランチ。

午後:再び素晴らしい景色を望みながら、車でホワイトホースへ戻ります。(走行=約2時間30分) 

夕刻:ホワイトホースに到着。お時間があれば買い物へ。ホテルにチェックイン後、夕食のレストランへ移動。ユーコン最後の夜をお楽しみください。

ホテル
6日目

ホワイトホース バンクーバー

早朝:車で空港へ。空港にて上村氏とお別れ。空路、乗継地のバンクーバーへ。

午後:空路、帰国の途へ。<日付変更線通過>

機内
7日目

東京 (大阪・名古屋)

午後:東京(成田)着。

[ 夕刻:空路、東京(成田または羽田)から大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)へ。]

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/12/30(月) ¥498,000 東京 催行人員到達
2019/12/30(月) 要問合せ 大阪、名古屋 催行人員到達
2020/02/01(土) ¥456,000 東京 募集中
2020/02/01(土) 要問合せ 大阪、名古屋 募集中
最少催行人員 6名(定員9名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定航空会社 エア・カナダ
利用予定ホテル

ホワイトホース:ウェストマーク・ホワイトホース、ユーコン・イン、コー
ストハイカントリーイン、ベストウェスタンゴールドラッシュイン
ヘインズジャンクション:マウントローガンロッジ

お一人部屋追加代金 59,000円 (ホテル・ロッジ泊)
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線28,000円(2019年8月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 カナダ出国予定日+1日以上必要
各国空港税/査証

・カナダは不要。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 350000~700000
その他

●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
成田空港諸税2,610円
カナダ出国税25.91ドル約2,360円)
国際観光旅客税1,000円

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,100円(2019年6月現在)。

●注意事項
・年末年始頃の現地の想定気温は、最低で-20~-25℃、2月は-15~-20℃くらいが目安です。
・クルアニのロッジはお部屋ごとにそれぞれ大きさや仕様が異なります。予めご了承ください。
・防寒服レンタルのご手配も可能です。詳細はお問い合わせください。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/12/30(月) ¥498,000 東京 催行人員到達
2019/12/30(月) 要問合せ 大阪、名古屋 催行人員到達
2020/02/01(土) ¥456,000 東京 募集中
2020/02/01(土) 要問合せ 大阪、名古屋 募集中

いってきました!

出発日:2015.12.27

評価:

メインターゲットのオーロラは天候が曇りベースであったにもかかわらず、写真家でガイドのAさんが少しでも雲が少ない場所を探したりして毎晩見ることが出来、またオーロラの活動が日ごとにだんだん活発になって最後の日には予定外の夕食後オーロラ撮影会まで出来ました。ドールシープやリンクスに間近で遭遇、犬ぞり体験やマッシャーのロッジ滞在など盛りだくさんの内容で、ユーコンを満喫しました。