ツアー関連情報

風のスタンダード リアドに泊まる

 

風のスタンダート リアドに泊まる


風のこだわりの一つとして、通年シリーズツアーでのマラケシュでの宿泊はすべて邸宅を改築して宿泊施設としている「リアド」利用です。マラケシュやフェズの旧市街では多くのリアドが存在し、5つ星ホテルに勝るとも劣らない高級リアドから、オーナーが一人で切り盛りしているようなものまで様々あり、雑誌やテレビでも頻繁に取り上げられるようになっています。

部屋数の制限などで大人数の団体旅行では受け入れが難しく、またハード面でもホテルのような快適さは望めないリアドもあります。しかし、個人の旅行者にとっては異国に暮らすように滞在でき、現地の生活リズムに合わせたリアドで過ごす時間はまさに旅の醍醐味の一つではないでしょうか?



「リアド」とは

リアド(またはリヤド)とは本来「木が植えられた庭」や「邸宅」を意味します。噴水や木々のある中庭を取り囲むように部屋が配置されている邸宅を改築し、宿泊客を受け入れるようにしたものを現在は「リアド」と呼んでいます。看板もあげてないような所が多いので、地元の人でもどこにあるかわからないことも。


ここでしか体験できない滞在

リアドのほとんどは個人経営で、少人数のスタッフに数室部屋の寝室が用意されているだけ。団体旅行などではまず泊まれません。個人のお宅に宿泊しているような感覚で、風と日差しが入り込む心地よい中庭で朝食をとったり、テラスでゆっくりと過ごすことができます。風の旅行社では実際にスタッフが何度も足を運び情報収集をしていますので、お客さまの好みにぴったりのリアドをご提案します。


morocco_kiji022_02

リアドは小さな美術館

オーナーの空間へのこだわりが随所に生きるリアドは、まさに小さな美術館。中庭の手入れやサロン(居間)のクッション、寝室の小物に至るまで、個性や独特の趣を大切にしています。古典的なモロッコスタイルからモダンインテリアまで様々な内装が目を楽しませてくれるでしょう。


morocco_kiji022_031

ホテルに勝る? 劣る?

ホテルのような均一した設計で建てられていないため、同じリアドの中でも部屋の造りや大きさは様々です。ダブルベッドとシャワーのみの設備が基本となり、空調設備がなくヒーターや扇風機だけの所もあります。それでもリアドが魅力的なのは、メディナの中で生活する人々の息遣いに触れられるからです。ここでしか体験できない滞在、それがリアドです。

「リアド」とは

リアド(またはリヤド)とは本来「木が植えられた庭」や「邸宅」を意味します。噴水や木々のある中庭を取り囲むように部屋が配置されている邸宅を改築し、宿泊客を受け入れるようにしたものを現在は「リアド」と呼んでいます。看板もあげてないような所が多いので、地元の人でもどこにあるかわからないことも。


ここでしか体験できない滞在

リアドのほとんどは個人経営で、少人数のスタッフに数室部屋の寝室が用意されているだけ。団体旅行などではまず泊まれません。個人のお宅に宿泊しているような感覚で、風と日差しが入り込む心地よい中庭で朝食をとったり、テラスでゆっくりと過ごすことができます。風の旅行社では実際にスタッフが何度も足を運び情報収集をしていますので、お客さまの好みにぴったりのリアドをご提案します。


morocco_kiji022_02

リアドは小さな美術館

オーナーの空間へのこだわりが随所に生きるリアドは、まさに小さな美術館。中庭の手入れやサロン(居間)のクッション、寝室の小物に至るまで、個性や独特の趣を大切にしています。古典的なモロッコスタイルからモダンインテリアまで様々な内装が目を楽しませてくれるでしょう。


morocco_kiji022_031

ホテルに勝る? 劣る?

ホテルのような均一した設計で建てられていないため、同じリアドの中でも部屋の造りや大きさは様々です。ダブルベッドとシャワーのみの設備が基本となり、空調設備がなくヒーターや扇風機だけの所もあります。それでもリアドが魅力的なのは、メディナの中で生活する人々の息遣いに触れられるからです。ここでしか体験できない滞在、それがリアドです。



リアドに向く人・向かない人


リアドにはそれぞれオーナーの想いやコンセプトがつまっていて、同じつくりのものはほとんどありません。重い扉を開き、一歩その中に足を踏み入れれば、メディナの喧騒からは想像もつかないような別世界が広がっています。あるリアドは噴水の流れる音が心地よく響き、涼を感じさせてくれます。またあるリアドは扉を開けると目の前にプールが飛び込んできます。更にまたあるリアドは小鳥がさえずり、木々が生い茂っています。それぞれのリアドはオーナーの趣味・センスが光り思わずため息が出てしまいます。



風のツアーでリアドに泊まる

ロケーションやセンス、サービスにしても様々なため、すべてのリアドが日本人旅行者にお薦めできるとは限りません。今までの経験から、お客様に人気の高いリアドをいくつかご紹介します。風の旅行社では通年シリーズコースは、全てマラケシュとシャウエンではリアド泊が基本です。フェズやエッサウィラでのご宿泊はホテルからリアドに変更可能です。ただし、リアドは部屋に限りがあるため満室等で確保できない場合がありますので、ご希望の際はお申込時にお知らせ下さい。下記、「スタンダードクラス★★★」のリアドは、ツアー代金そのままで変更可能です。その他は追加料金が必要です。各リアドのより詳しい情報はお問い合わせ下さい。(記載のリアドは一例です。リアドのみならず、様々なホテル手配を受注型企画旅行にて承っています)


表記グレード:デラックスクラス★★★★★、スーペリアクラス★★★★、スタンダードクラス★★★
※弊社判断による基準です。写真は一例です。



マラケシュのリアド紹介

リアド エル・ボルジュ
★★★

リアド エル・ボルジュ

フナ広場から徒歩5分の絶好のロケーションです。スイートルーム(要追加料金)は広くて雰囲気も良くハネムーンにお勧めです。

リアド オリオンターレ
★★★

リアド オリオンターレ

スークの途中にあり、フナ広場にも近い好ロケーションです。伝統的なモロカン様式の中庭が美しいです。
 

リアド ブーサ
★★★

リアド ブーサ

オーナーのフランス人夫婦の抜群にセンスよいインテリアが人気のリアドです。4部屋のこじんまりした雰囲気です。
 

リアド マラナ
★★★

リアド マラナ

フナ広場から近く、女性好みの可愛らしいインテリアの内装です。
 

リアド ダルアルアサッド
★★★

リアド ダルアルアサッド

フナ広場から徒歩7~8分の全5室の小さなリアド。植物がふんだんに植えられている静かな中庭が特長です。

リアド アルモルク
★★★

リアド アルモルク

伝統的なタイル細工が贅沢に使われている中庭とモダンインテリアの部屋の内装がステキなリアドです。

リアド フラム
★★★★

リアド フラム

中庭は小さなプールと緑豊かな観葉植物が配置され、ゆっくりと過ごせます。
 

ヴィラ・デ・ゾランジェ
★★★★★

ヴィラ・デ・ゾランジェ

大きなプールを取り囲むように部屋が並ぶゴージャスなリアド。ハンマムも定評があります。

ラ・スルタナ
★★★★★

ラ・スルタナ

4軒のリアドをつなぎ合わせて贅沢な装飾が施し作られたデラックスなリアドです。
 


スーペリアクラスのアンサナ・リアド・コレクションについては下記のページをご覧下さい。

マラケシュのオアシス “アンサナ・リアド・コレクション” に泊まる


フェズのリアド紹介

リアド メゾンブルー
★★★★

リアド メゾンブルー

4軒の邸宅を統合したリアドです。中庭にはプールや緑の木があり気持ちよく過ごせます。ハネムーンにお勧めです。

リアド イブンハルドン
★★★★

リアド イブンハルドン

モザイクタイルがふんだんに用いられており、伝説的なモロッコ建築を満喫できるリアドです。

リアド フェズ
★★★★

リアド フェズ

メインの建物が元宮殿だっただけあって、高級感溢れるリアドです。客室数はフェズのリアドの中で最大です。


エッサウィラのリアド紹介

ダール ルーレマ
★★★

ダール ルーレマ

メディナの入り口に位置し、海がすぐそこという抜群のロケーション。部屋ごとにテーマが異なります。
 

リアド メディナ
★★★

リアド メディナ

入り口を入ると、白い壁と青い窓枠の鮮やかな色が飛び込んできます。部屋数の多い大きなリアドです。スイートルームは追加料金が必要です。

カサ リラ
★★★

カサ リラ

ライラック(リラ)の花が大好きなオーナーが薄紫色を基調に内装を揃えたお洒落なリアドです。
 


【ご注意】
*フェズのスタンダードクラスリアドは土産物屋やガイド手配を兼業している場合が多く、押し売り等のトラブルとなるケースがありましたので、フェズについては追加料金の必要なスーペリアクラス以上のリアドのみ手配を承ります。
*リアドは基本的にダブルベッドとなります。ツインベッドのご希望に添えない場合があります。



リアド Q&A

Q1.ベッドメイクはしてくれますか?
A1.もちろんやってくれます。クリーニングなどもOKです(有料)。その他お願いごとがあればリアドに相談して下さい。その際チップは必要です。

Q2.飲み物などは持ち込めますか?
A2.リアドはまるで家のようにくつろげるのが魅力で、多くの場合外からの持込みは可能です。部屋にミニバーはなく、共有の冷蔵庫を自由に使え、中庭やサロンなどでつくろぎながら飲むのもOKです。なお、多くのリアドは酒類を置いていませんので、ご自身で調達して下さい。

Q3.食事は頼めますか?
A3.昼食や夕食は含まれていませんが、現地にて事前依頼すれば別料金で作ってくれます。一般的に値段は市内レストランより高めですが、好みや個人の希望を聞いたりと個別対応が可能です。

morocco_kiji022_04
Q4.充電やメールチェックはできますか?
A4.部屋にもコンセントがあるので充電や電気製品の使用は問題ありませんが、変換プラグや変圧器などの器具は置いてない場合が多いです。有料でパソコンが使えたり、Wi-Fiの設備があるリアドもあります。