添乗報告記

モロッコの気候を知る<冬>~年末ツアー添乗員からの報告~(2010年12月)

 

モロッコ人も巻き込んでの大調査!

2010年12月23日〜12月31日  文●宮内 愛(大阪支店)

モロッコ旅行出発前のお客さまが悩むことは服装準備ではないでしょうか。1週間~10日間の日程で着るであろう服を選ぶ作業は、添乗員ですらあれこれ考えます。出発前の電話案内では、

「冬のモロッコは、今日の大阪の気温よりは少し暖かく、最高気温16度、最低気温6度くらいです。急に寒くなることもありますし、砂漠は夜にグンと冷えます。テント泊もしますし、上に羽織るものをお持ち下さい。機内も冷えることがあります。ブランケットだけでは寒いかもしれませんので、日本で着ていた上着はお持込下さいね。」

……とご案内をしますが、やっぱり何を持っていくのか悩む方が多いようです。
そんなお客様へのアドバイスは、旅の実際をお伝えするのが一番!ということで、年末モロッコツアー添乗員の宮内が、ツアー中、温度計片手に各地の気温を調査してきました。ツアーメンバーの皆さん、ホテルで偶然であったモロッコ人のおじさんを巻き込んでの大調査になりました。みなさん調査にご協力頂きありがとうございました!
今年の冬は例年に比べて特に暖かかったとガイドも驚いた程なので、あまり参考にならないかもしれませんが、夏の添乗報告と合わせてモロッコ旅行の服装参考にしていただけると嬉しいです。

12月23日 21:30 気温10度。

出発日当日の関西空港は建物の中はそれほど寒くありません。長袖シャツの上にジャンパーを着ています。

フェズ出発の朝 16℃
フェズ出発の朝 16℃

12月26日 07:19
フェズ出発の朝ホテルにて。

これから砂漠のあるメルズーガに向けて出発です。気温は16度。空はまだ少し薄暗いけれど、風が無いのでそれほど寒くはありません。上着を羽織って丁度良いくらい。
昨日のフェズ市内観光は途中小雨が降ってきたので、フリース、薄手のジャンパーの上に撥水性の雨具か傘という格好でした。

真昼のミデルト付近 21℃
真昼のミデルト付近 21℃”

12月26日 12:19
トイレ休憩で立寄った砂漠に向かう途中の街ミデルトあたりにて。

気温は21度。途中の峠は一面の雪景色でしたが、峠を越えて徐々に南下してくると太陽も出てきて暖かくなってきました。車から降りる時にはマフラーなども取り、長袖もしくは上に薄い上着を羽織る程度です。これから砂漠のあるメルズーガの町を目指してさらに車で進みます。乾燥してくると喉も渇くので、水分補給はまめに行いましょう。移動中はミネラルウォーターを配り、ドライブインに立寄ったときにはミントティーなどのお茶を飲んで小休止。

砂漠で迎えた夜明け 5℃
砂漠で迎えた夜明け 5℃

12月27日 07:00
砂漠のど真ん中。

昨晩はサハラ砂漠が続くメルズーガでテントに宿泊しました。夜空は天の川もくっきりと見えるほど、澄んだ良いお天気でしたが、23時過ぎには砂混じりの風が吹いてきました。星を見上げていたときが今回の旅行で一番寒く感じました。朝は6時に起床。ラクダの毛で編んだベルベルテントを出発し、砂の山を登った7時ごろには周りが明るくなり始めました。日の出は07:17、気温5度。太陽が昇ると夜明けの寒さから一気に抜け出したように暖かくなりました。砂漠でテントに宿泊する時の服装は、長袖の上にフリース、ジャンパーか、ダウンジャケットが必須でした。砂漠出発の時に巻いてもらったターバンがあるので首周りが暖かく、ちょうどマフラー代わりになりました。

夜のマラケシュ フナ広場 18℃
夜のマラケシュ フナ広場 18℃

12月28日 20:42
マラケシュ ジャマ・エル・フナ広場。

アトラス山脈を越えて、マラケシュに到着しました。夕方から立ち並ぶ屋台が有名な街の中心ジャマ・エル・フナ広場へ、私たちも夕食を食べに屋台に繰り出しました。気温は18度。熱気もあってかそれほど気温も低くなく、寒くありません。屋台を冷やかして回る場合、フリースの上に薄手のジャンパーがあれば大丈夫。

10時、エッサウィラからカサブランカ空港へ 19℃
10時、エッサウィラからカサブランカ空港へ 19℃

12月31日 10:07 帰国のためにカサブランカ空港に向かう途中のドライブイン。

昨日滞在した大西洋に面したエッサウィラは、曇り空でしたがそれほど寒くなく、夜でもフリースに上着か薄手のダウンがあれば十分でした。今日はぽかぽか陽気で暖かく、気温は19度。長袖の上にフリースを羽織り、日の当たるテラスでミントティーを飲んで残り少なくなった旅を楽しんでいました。日本は大雪だというニュースがちょうど入り、日本についたときに寒くなるので、スーツケースから防寒具を出してもらうように慌てて案内したほどです。

今年の冬は特に暖かかったので、日中は薄手の長袖が重宝しましたが、雨の中観光に出かける時や、砂漠でのテント泊には雨具、ダウンなどが役に立ちますのでお持ちくださいね。

風のモロッコ トップページ