なにわ日記

グアテマラの色

 

グアテマラ北部チャフルの村で見かけた衣装、でかい胸の模様が印象的
グアテマラ北部チャフルの村で見かけた衣装、でかい胸の模様が印象的
とある筋からの情報によると12月からの流行色は茶色だそうです(間違ってタラごめんなさい)。色だけでなく、ファッションは毎年毎年変わっていきますね。そんな話しを聞いて思い出したのが中米グアテマラ。
グアテマラではマヤの時代から変わらない民族衣装があります。村ごとにそのデザインが違っていて、衣装を見ればどの村の出身かわかるとか。聞くところ似よると、スペイン人が統治しやすくするために押し付けた制度だったようですが、今の人々はそれを逆に自分たちのアイデンティティに結び付けているようです。ジャングルの木々に似てたくましい生命力です。
そんな衣装も年とともに色などが微妙に変化していったりもするそうです。一度行かれた方も久しぶりにいかがですか?

中米グアテマラへの旅はこちら