添乗報告記

添乗報告記●デルゲ印経院と巨大尼僧院アチェンガル・ゴンパ 10日間(2018年9月)

 

ツアー名:カム&ギャロン地方をチベット人ガイドがご案内 デルゲ印経院と巨大尼僧院アチェンガル・ゴンパ 9日間
添乗期間:2018年9月15日(土)~9月24日(月) 
文・写真:中村昌文

この1年半で3回目のアチェンガルゴンパ&デルゲ印経院を訪れるカム・ツアーをご案内してきました。
「来年にはアチェンガルゴンパに外国人は入れなくなる」と言う噂を聞きつけて、急遽設定した9月のシルバーウィークの特別企画。急な設定にもかかわらず6名のお客様が参加してくださいました。

  • 仮面劇で使われる仮面(ツォクチェ土司の館)
  • 毎回大好評のキノコ鍋(松崗)
  • ツォンカパ像は売り物です(ダンゴ寺)
  • 文化大革命後に再建された弥勒菩薩(ダンゴ寺)
  • 晴れた空とアチェンガルの僧坊群
  • 晴れた空とアチェンガルの僧坊群
  • この尼さんの住む街は男子禁制。
  • 雨をものともせずに説法を聞く尼さん
  • お堂の中にも修行中の尼さんがぎっしり
  • 雨でぬかるんだアチェンガルの街
  • アチェンガルの朝焼け
  • ディチュ(金沙江)の向こうはチベット自治区
  • 白玉寺(ペユルゴンパ)は問答試験の真っ最中
  • 問答試験を見に来たおばあちゃんたち
  • おっちゃんたちも見に来ました
  • 近隣のお寺から大勢の優秀なお坊さんが集結していました
  • さあ、問答試験の始まりです
  • 力を合わせて高僧と激論を交わします
  • ギャラリーもたくさん。実は近所の人々の娯楽にもなっています。
  • デルゲ印経院に到着
  • 印刷が終わった版木を洗っています
  • 2人1組で印刷中
  • 壊れた版木の修復中
  • かわいいポットとトゥクパ(チベットうどん)
  • ヤクの肉と焼いたモモ(チベット餃子)
  • デルゲゴンチェンでも法要をしていました
  • 5,050メートルの峠で旅の安全を祈ります。「ラーギャロー!」
  • 無事に到着して「バンザーイ!」
  • ガンゼからは美しい山々が見えました
  • 珍しい立体ツォクシン(仏教の系譜をビジュアル化したもの)@カンゼ
  • ガンゼの街にて。いい笑顔ですね
  • ギャロンに戻りました。石積みの塔がギャロンのシンボル
  • ギャロン料理はキノコや山菜など山の幸が豊富
  • 最後は成都の激辛火鍋でファイヤー!

今回は、9日間だった日程を10日間に延ばしデルゲを連泊にしたことで、体力的にも日程的にもかなり余裕が生まれ、お客様の満足度アップに繋がったと思います。

まずは2日目、予定外のサプライズで、700年前に毘盧舎那仏が見つけた断崖の洞窟の中の泉「毘盧舎那聖窟」を見学。運転手さんが最近案内したラサのお坊さんが「ここに行きたい」と言うので探し回って始めて知った、と言う超穴場の聖地です。巨大な洞窟を利用したお寺で、その奥には毘盧舎那が突き刺した杖から湧き出たと言う泉が。現在でもニンマ派の修行場として利用されています。同じツアーに連続で3回も案内する、ドライバーさん(チベット族)もこちらの好みを察知していろいろ提案してくれて、とてもやりやすくなりました。

その後、アチェンガル・ゴンパでは雹混じりのにわか雨に会い、冷えと疲れと高度で、体力的にちょっときつくなりましたが、雨をものともせずに外で説法を聞き続ける尼さんたちのパワーには圧倒されました。また、雨宿りしたお堂の中では遊牧民のお父さんと、出家した娘と父娘との交流でほっこりさせてもらいました。

ペユル(白玉)のゴンパでは、たまたまお坊さんたちの問答大会に出くわして、「俺が俺が」と前に出る血気盛んなお坊さんたちの熱い問答バトルを目の当たりにしました。広報担当のエリート僧に解説をしてもらい印経院まで開けていただくなどまたまたラッキーが発動! デルゲでは、チベット世界に「大蔵経」を送り続けるデルゲ印経院や、サキャ派の名刹デルゲゴンチェン寺、チベットらしい街の散策などを楽しみつつ、連泊で体力がフル回復しました。

デルゲからガンゼの道中には、小雪の舞う標高5,050メートルのジョウォラ(雀児)峠から、ルンタ投げも出来ました!
ガンゼでは、あいにくお寺がお休みのところ「大ラマ」様にお願いしてお堂を空けてもらうなど、またまたラッキー連発。最後はスークーニャンの山並みと、成都の火鍋で締めくくりました。

個人的にはこれまでの3回のツアーで最も完成度が高かったと思います!
現地で聞いたところでは、どうやら来年もまだ外国人締め出しにはならないようなので、もう1年くらい楽しめるかも知れません。2019年は夏と秋に企画を予定しています。お楽しみに。

<関連ツアー>

草原に突如現われるアチェンガル・ゴンパ©高橋朝彦カム&ギャロン地方をチベット人ガイドがご案内
デルゲ印経院と巨大尼僧院アチェンガル・ゴンパ 10日間

最少催行人員●4名(定員10名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し6名以上の場合は同行)


ツアー概要東チベット・カム地方の大草原に突如現われる巨大な尼僧院アチェンガル・ゴンパを目指して、草原を走り峠を越える冒険の旅。9/15発を急遽設定しました。