5名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

極北のツンドラ紅葉ハイキング&キャンプ

2018/8/26(日)発 紅葉のフォトジェニック・ユーコン8日間


旅のメインは、絵に描いたようなツンドラ紅葉が期待できるトゥームストーン州立公園。日本ではまだあまり知られていませんが、‘極北のパタゴニア’とも称される、ギザギザとした岩山が屹立し、誰もが目を奪われるようなスケールの大きな山とツンドラの美しい景観が広がる州立公園です。

アクセスが良くなく、宿泊施設もないため、本当の大自然にどっぷり漬かる旅となります。大自然の中で、あえてキャンプ泊をすることで、朝夕の山岳風景やツンドラの湖面に映る秋オーロラ、極北の野生動物や色鮮やかな植物たちなど、よりフォトジェニックな景色を堪能できることでしょう。

現地では、写真家でもあり現地ガイド(兼ドライバー)でもある上村知弘氏が、その日のコンディションや天候に応じて、お勧めのスポットにご案内いたします。
ツアーポイント
1. 写真家でもあり、現地ガイドでもある上村氏がご案内
2. ベストシーズンのツンドラ紅葉ハイキングを楽しみます(2回)
3. トゥームストーン州立公園ではキャンプ泊をして大自然を堪能
4. 極北の野生動物たち(ムース、ライチョウ、クマなど)との遭遇にも期待
5. 天候&コンディションさえ良ければ湖に映る秋オーロラを観賞できる可能性大!

このツアーは割引サービスが適用されます。

現地同行ガイド

上村 知弘(うえむら ともひろ)

1978年神戸育ち。立命館大学、ワシントンD.C. American大学卒業。 在学中から自然・異文化体験を求めて、イタリア美術短期留学やインド、東南アジアなどを旅する。卒業後、極地冒険家・大場満郎冒険学校や動物保護団体アークを経て、2004年カナダ極北ユーコンへ渡り、以降3年間ユーコンの大自然で過ごす。北海道道東鶴居村の馬牧場でカナダ人の妻タミーと共に3年過ごした後、2011年にユーコンへ永住。極北の大自然や文化の写真を撮り発表する傍ら、ネイチャーガイド業を通して、極北の自然・文化と人を繋げる役割を担う。近著に極北の野生の羊ドールシープの1年を追った写真集 『Dall Sheep』(青菁社)がある。

現地同行ガイド

タミー・トロティック(たみー・とろてぃっく)

1969年バンクーバー生まれ。University of British Columbiaを卒業後、バンクーバーにて8年間教員として働く。2003年にユーコンへと移り、観光業に携わる。2007年より北海道・道東の鶴居村にし、高校や小学校、幼稚園など各方面で英語を教える傍ら、自然教育と英語教育を交えた自然文化教室を北海道の馬牧場で開催。2011年よりユーコンに戻り、現在そり犬17頭と共に、森の中でゲル暮らし中。ツアー中は、夫・上村知弘氏のサポート役として、時にコック、時にサブドライバーもこなす。幼い頃から慣れ親しんだカナダの大自然を愛し、カナダ人の視点から極北の文化を日本人に伝えている。


詳しく知りたい方は
トゥームストーンで絶景&キャンプを楽しもう!




関連よみもの



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1(大阪・名古屋)東京
バンクーバー
ホワイトホース
[午前:大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)発。空路、東京(成田または羽田)へ。]
夕刻:空路、東京(成田)からバンクーバーで乗り継ぎ、ホワイトホースへ(日付変更線通過)。
午後:到着後、ガイドの上村氏と合流。車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2ホワイトホース
ドーソンシティ
午前:車で一路ドーソンシティへ。(走行=約7時間) ユーコン川や紅葉、黄葉で彩られた大自然の景色を楽しみながら移動します。
夕刻:アラスカとの国境近くにあるゴールドラッシュの街、ドーソンに到着。 夕食後、ドーソン名物、ダンス&カジノホールのダイアモンドテュース・ガーティーへ。ゴールドラッシュ当時を感じさせるショーをお楽しみください。

(オーロラ観察チャンス①)
ドーソン市内の端の展望ポイントから眺める予定です。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ドーソンシティトゥームストーン午前:車でトゥームストーン州立公園へ。(走行=約1.5時間)
切り立った山々、広がるツンドラの大地など、スケールの大きな極北の自然が体感できます。
午後:紅葉に彩られたトゥームストーン州立公園内のキャンプ場に到着後、テントを設営。この日から同じキャンプ場にて3連泊します。
夜:スタッフお手製のキャンプ料理をお楽しみください。

(オーロラ観察チャンス②)
キャンプ場、もしくはキャンプ場近くから星空を眺めてみましょう。オーロラが出た場合は、ツンドラの湖では水面に映ることもある季節です。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4トゥームストーン午前:遅めのブランチ。その後、絶景ポイントへとご案内。‘極北のパタゴニア’とも称される、氷河地形特有の山岳景色やツンドラ景色と、野生動物(カリブー、ムース、ライチョウなど)との遭遇が期待できます。
午後:ゴールデンサイドトレイルへ。絶景を眺めながら山に囲まれたツンドラの原野を歩きます。緩やかな山をゆったりとしたペースで登っていきます。道中コケモモやガンコウランのベリーを集めながら、ゆったりと歩いていきます。集めたベリーやハーブは夕食時に頂きましょう。(歩行=約2時間)
夜:スタッフお手製のキャンプ料理をお楽しみください。

(オーロラ観察チャンス③)
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5トゥームストーン午前:遅めのブランチ。その後、前日とは異なる絶景ポイントへとご案内。どこまでも広がるツンドラ地帯と極北の雄大な自然を楽しみましょう。野生動物との遭遇も期待できます。
午後:ノースクロンダイクトレイルへ。黄色と赤に染まった森やツンドラを見ながら、美しい川沿いを歩いていきます。(歩行=約2時間)
夜:スタッフお手製のキャンプ料理をお楽しみください。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6トゥームストーン
ホワイトホース
午前:朝食後、テントを撤収し、一路ホワイトホースへ戻ります。(走行=約7時間)
夕刻:ホワイトホースに到着。ホテルにチェックイン後、地元で人気のレストランへ移動。ユーコンでの最後の夕食をお楽しみください。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ホワイトホース
バンクーバー
早朝:車で空港へ。空港にて上村氏とお別れ。空路、乗継地のバンクーバーへ。
午後:空路、帰国の途へ。
<日付け変更線を通過>
  宿泊●機内泊 食事●× / 機内 / 機内
8東京
大阪・名古屋)
午後:東京(成田)着。
[ 夕刻:空路、東京(成田または羽田)から大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)へ。]
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2018/08/26(日) ★予価 485,000円
大阪発
2018/08/26(日) ★予価 要問合せ
名古屋発
2018/08/26(日) ★予価 要問合せ
ご旅行条件・他
最少催行人員●5名(定員6名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●エア・カナダ
利用予定ホテル●【ホワイトホース】ウェストマーク・ホワイトホース、スカイホテル、ベストウェスタン・ゴールドラッシュ・イン
【ドーソンシティ】オーロラ・イン、ウェストマーク・イン、ダウンタウン・ホテル
お一人部屋追加代金●49,000円 テントも一人利用可
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(2017年10月1日)
国際線7000円
●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
成田空港諸税2,610円
カナダ出国税25.91ドル(約2,700円)

【弊社にて代行希望される方は】
カナダ電子出入国カード(eTA)登録代行手数料4,320円

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,100円(2015年2月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。

※ビジネスクラスのご手配も可能です。詳細はお問い合わせください。

●旅券(パスポート)の残存期間
カナダ出国予定日+1日以上必要

●査証(ビザ)
・カナダ入国には事前にeTA(電子出入国カード)の取得が必要です。eTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料として$7(カナダドル)が必要となります。
※外国籍の方は、取得条件が異なりますのでご注意ください。

●注意事項
・9月のトゥームストーンの気温は、日中は15度前後、朝晩は1℃ぐらいが例年の目安となります。
・テントは2名で1張。一人部屋利用の方はテントもお一人でご利用いただけます。
・キャンプ場には薪ストーブ付きの食事小屋はありますが、シャワー設備はありません。
・キャンプのテント、スリーピングマット、食器等は現地でご用意しております。
・寝袋は、目安として−10度程度まで対応しているものを推奨。現地にてレンタルも可能です。詳しくはお問い合わせください。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求