つむじかぜ 592号  秋の旅先に悩んだら迷わずネパールへ!絶景あります! 号

つむじかぜ592号



秋の旅先に悩んだら迷わずネパールへ!
絶景あります! 号


特集1同行者募集中! ネパールツアー特集




まもなく催行決定。ご検討下さい!

11/17(木)、12/28(水)発

知られざるヒマラヤ展望地ダマンも訪れる

チトワン国立公園で野生動物に出会う6日間/7日間

2名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/11/02(土) ¥263,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/11/20(水) ¥263,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/12/21(土) ¥273,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/12/29(日) ¥323,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/01/08(水) ¥253,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/02月7(金) ¥253,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/03/18(水) ¥263,000 東京・大阪・名古屋 募集中
ゾウの背中から動物ウォッチング! 自然観察や動物、バードウォッチングが好きな方はもちろん、お子様連れにもお勧めです。子供割引あります

詳細を見る


11/18(金)、12/16(金)発


12/27(火)、3/18(土)発

【4名様限定】復路ヘリコプター利用!

アンナプルナBC ONE WAYトレッキング9日間

3名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/10/12(土) ¥458,000 東京・大阪・名古屋・福岡 募集中
2019/11/02(土) ¥458,000 東京・大阪・名古屋・福岡 募集中
2019/12/21(土) ¥493,000 東京・大阪・名古屋・福岡 募集中
2019/12/28(土) ¥513,000 東京・大阪・名古屋・福岡 募集中
2020/03/14(土) ¥463,000 東京・大阪・名古屋・福岡 募集中
ネパールヒマラヤのほぼど真ん中、美しき山々に囲まれたアンナプルナベースキャンプで大展望を満喫! 復路ヘリコプター利用で日程を短縮しています。

詳細を見る


2/10(金)、3/17(金)発

世界遺産の文化と暮らしが見えてくる

ちょっと濃密なカトマンズ探訪とナマステ・ハイキング6日間

2名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/07(水) ¥333,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/09/18(水) ¥288,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/10/09(水) ¥288,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/11/02(土) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/11/20(水) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2019/12/21(土) ¥288,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2020/02/19(水) ¥268,000 東京・大阪・名古屋 2名催行
2020/03/18(水) ¥278,000 東京・大阪・名古屋 募集中
世界遺産登録「カトマンズ盆地」を構成するメジャーポイント+マイナーだけど魅力溢れるポイントを「ローカル目線」で巡る、ちょっと!?濃密な旅。2019年度版

詳細を見る


その他の同行者募集ツアーはこちらをチェック!



特集2行楽の秋! 山に出かけてみませんか?


【邦岳探訪の旅】11月~1月までの新企画3ツアーを一挙公開。登山ガイドで山岳ライターの木元康晴さんと共に、全国各地津々浦々の名峰を探訪します。そこからしか見れない絶景を探しに行きましょう!






締め切り間近! 次回のツアーはこちら!


特選!風カルチャークラブ情報


屋外講座のある週末に台風が重ならないことを日々祈っております。


9/10(木)発
東京湾岸あるき 陸から海から今むかし
-軍港都市、横須賀を歩く-


9/17(土)発
里山を歩こう -名木と花(山野草)と史跡を訪ねて-
秩父札所めぐり-第2回-


10/5(水)発
アムチ(チベット医)小川康さんと行く
長野・小諸で薬草巡礼



 風カルチャークラブ 講座・ツアー一覧



*****



ファイナルコール! 風カルチャークラブの旅


今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【ブータン支店便り】
シンゲからKuzug zang pola!
「ハイキングに行ってきました」

ブータンののどかな雰囲気が伝わってきますw
【なにわ日記】
リオオリンピック@モンゴル
柔道とボクシングでメダル獲得してましたね!
【なにわ日記】
真冬の思い出~ラサの停電
トラブルも気の持ち方次第。
【お知らせ】
モロッコツアー
新年をマラケシュで迎える12/30出発を追加!

フナ広場で楽しく年越し。


お待ちかね!風のイベント情報


東京・風のイベント


風の感謝祭 ~ありがとう25周年~

風の旅行社 設立25周年記念を記念したBBQ大会。海外からのゲストも参加予定! イベントに合わせた講座やツアーも企画中!

  • 日 時:10/16(日)13:00~
  • 会 場:水元公園(東京・金町)
  • 参加費:大人:3,500円


外部イベント


《旅と音楽》コンサートシリーズVol.2 Bun&ネパール
カリンバ(親指ピアノ)、ネイティブアメリカンフルートなどの民族楽器奏者のBunさんを招き、観光大国ネパールを紹介するとともに、音楽でスピリチュアルな世界へと誘う。

  • 日 時:9月4日(日) 11:30~15:00
  • 場 所:下北沢Com.Cafe音倉(東京・下北沢)
  • 主 催:NPO法人TOURISM NEXT
  • 協 力:ハテマロ会、風の旅行社、エムアッカデザインスタンド 
  • 後 援:ネパール国大使館、NPO法人国境なき楽団





風の向くまま・気の向くまま ―第四百十六話―

 

代表取締役 原 優二


●ブータン添乗


この夏、久しぶりにブータンへ添乗で出かけた。今回のお客様は、羽田、中部、関西の3空港に分かれて出発。全部で10名。13歳の中学一年生を含むご家族連れと、単独で参加した高校生、大学生各1名、後は、40代、60代、70代の社会人の方々と、年齢層が幅広い。これだけ年齢層に幅があると話題が合うかと少々心配したが、みなさん、ブータンに一角ならぬ興味を抱いてのご参加だったので、話題も尽きることなく、私の心配は全くの杞憂に終わった。

バンコクから飛び立ったAB319、約120人乗りのKB(ドゥルクエアー)の機体は、標高2300m、ブータン西部のパロ空港に降り立った。谷間を縫うようにすり抜けてのランディングは、機体の窓に映る山肌の近さにドキッとする。

さながら壮麗な寺院のような美しい空港ターミナルに5色のタルチョ(お経を書いた旗)が数多くなびく。なんでも、王様が、この2月に生まれた王子を初めて王妃の故郷・中央ブータンに国内線で連れていくのに合わせて、タルチョは新調され、その数も普段に比べるとかなり多かったそうだ。それにしても、こんな美しい空港があるだろうか。幸せの国ブータンの玄関口として素晴らしいの一言である。

ツアーのテーマは“ブータン人になりきる”。どなたも織物体験やブータン料理作りを楽しみ、世界一辛いといわれるブータン料理に当然ながら“辛い!”を連発。もちろん、ケワ・ダツィ(ジャガイモとチーズの煮物)など辛くないものもメニューに入れてあるから大丈夫なのだが、なかなかの辛さである。特にエゼという唐辛子たっぷりの和え物は、とびぬけて辛い。通常はこれまた辛いと言われているエマ・ダツィ(唐辛子とチーズを煮込んだもの)が、まろやかにすら感じるほどだ。それでも皆さん、この“辛さ”を楽しんでおられて、むしろ感心してしまった。

“ブータン人になりきる”ツアーは、お寺に行ってブータン人の信仰心をも体感する。六道輪廻から抜け出すために、ブータン人はお参りをし功徳を施す。五戒のうちの不殺生戒を頑なに守り、蠅も蚊も殺さない。リンポチェ(活仏)は尊厳を保ち、篤い信仰を集めている。そんな解説をガイドから熱く受けた後は、民族衣装(男性はゴ、女性はキラ)に着替えてメモリアルチョルテンヘお参りする。思わず五体投地までしてしまう。

皆さんもご存知の通り、国の発展の度合いを測るのにGNH(国民総幸福量)ブータンは使っている。このGNHを支えているのは、自給自足と物々交換だとされてきた。しかし、ブータンとて、もはや貨幣経済が浸透してきている。果たしてブータンのGNHを掲げた国家政策はいつまで続くのかは疑問である。但し、ブータン人には仏教がある。信仰で救われるという意味ではなく、ブータン人にとって仏教は、精神性の根本にある強い芯のようなものだと感じる。

高いツアー代金をバイトで貯めたという高校生と大学生は、現地で買ったゴ(民族衣装)を着て日本まで帰ってきた。高校生のお母さんからすぐにお礼の電話が入った。無事添乗終了。ほっとする瞬間である。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼9月2日(金) 11時45分~11時55分 日テレ1 【ベトナム】
キューピー3分クッキング
ベトナムの家庭料理「バインセオ」の作り方を紹介!黄色いヒミツが解ります!


▼9月6日(火) 15時10分~16時00分 NHK総合1 【ブータン】
お試しジャパン カプセルトイ・ブータンをゆく!
『メイド・イン・ジャパン』は海外で通用するのか? 主役は300億円市場に沸騰する「カプセルトイ」。幸せの国「ブータン」に初上陸。ガチャっとまわす幸福感、果たして?




編集後記


大好評シリーズ 動物ふれあいウォッチング


またまたモンゴルに行っていました。

今回は「ほしのいえ」といえばあの動物。そう、ナキウサギです。一見するとネズミのように見えますが、ネズミよりぽっちゃりしていて、尻尾が短いのですぐに分かります。

ナキウサギ
ナキウサギ


草食で警戒心が強いわりに客室ゲルの下に住んでいるこの子達。

モンゴルでは昔からナキウサギを苛めたり、殺したりすると悪いことが起こると言われているようで、ナキウサギも人間が無害と分かっているようです。人の近くに住むことで上手いことキツネや猛禽類からも身を守っていますよね。

明日からまたモンゴルです。
星空を満喫してきます!

(やまだ)




※次号593号は2016年9月8日頃の配信予定です
——————————
 
■つむじかぜ592号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日 :2016年9月1日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2016 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)