つむじかぜ861号 旅のエネルギー充電中 縮小版にて配信! 号

つむじかぜ861号


旅のエネルギー充電中 縮小版にて配信! 号


特集1 国内旅行 梅雨知らず 初夏の北海道へ!

本州では6月から7月にかけて、ジメジメとした梅雨がやってきます。しかし、梅雨前線の影響が少なく乾燥した北海道ではカラッとした絶好のアウトドア日和が続きます。アウトドア好きの多い風スタッフが北海道の大自然を自転車、乗馬、トレッキングなどで堪能するツアーをお届けします。


出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/10/22(土) ¥168,000 根室中標津空港 もうすぐ催行決定 紅葉シーズン
ムツゴロウさんが作ったムツ牧場と、波打ち際で外乗できる北太平洋シーサイドライン乗馬クラブ。道東に位置する2つのクラブをハシゴし、変化に富んだ乗馬を満喫します。ムツゴロウ動物王国跡地ハイキングも楽しみ!

詳細を見る


e-bikeで楽しく巡る

富良野・美瑛・十勝岳 絶景フォトライド

4名催行添乗員

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/09/06(火) ¥229,000 東京(羽田) 募集中 <絶景コース満喫ライド>
2022/10/19(水) ¥210,000 東京(羽田) 募集中 <紅葉デトックスライド> ※一人部屋利用はリクエスト
ツアーは全4回、季節に合わせた特色あるコースを作りました。走るだけでなく、美味しいレストランやカフェにも立ち寄り、思い出をたくさん持ち帰っていただくために写真撮影にも力を入れながら景勝地を巡ります。

詳細を見る


出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/06/24(金) ¥215,000 女満別空港 終了
2022/09/25(日) ¥215,000 女満別空港 募集中
ヒグマの暮らす森やウトロの町をてくてく歩き、目の前に広がるオホーツク海をみながらリンリン自転車で旅する5日間です。知床に精通した寺山氏(初代大阪支店支店長)が同行します。

詳細を見る


国内ツアー一覧

パンフレットご請求はこちら!

特集2 【田中宙さんと行く地質学の旅】2022年のスケジュール決定!

昨年好評いただきました田中宙さんと行く地質学の旅、2022年のスケジュールが決まりました。ブラタモリなんかでちょっと地質に興味わいてきたかな、という方はぜひ検討ください。登頂を目指さない山歩きです。

  • 第1回 3月27日(日)
    場所は大阪と和歌山の県境です。コースは歩行レベル★の参加いただきやすいものです。
  • 第2回 4/16(土)
    大阪と奈良にまたがる二上山。太古の火山の痕跡をたどります。
  • 第3回 6/5(日)
    舞台は大阪ソウルマウンテン生駒。

詳細ページの下部に、11月までの講座スケジュールが公開されています。以下のリンク先からご覧ください。

ー田中宙さんと行く春のジオウォーキング 1ー

[終了]奇跡の島弧(アイランドアーク)日本列島 地質学の旅 「春の加太(かだ)の海を望む白亜紀歩き 和泉山脈 高森山・四国山」

出発日設定2022/03/27(日)
ご旅行代金5,940円
出発地南海多奈川線 多奈川(たながわ)駅

ー田中宙さんと行く春のジオウォーキング 2ー

[終了]奇跡の島弧(アイランドアーク)日本列島 地質学の旅 「火山活動の痕跡を辿る 屯鶴峯(どんづるぼう)・二上(にじょう)山」

出発日設定2022/04/16(土)
ご旅行代金5,940円
出発地近鉄南大阪線・上ノ太子駅

ー田中宙さんと行く初夏のジオウォーキングー

[終了]奇跡の島弧(アイランドアーク)日本列島 地質学の旅 「生駒越えの古道を歩く 生駒山系、その成因は? 活動は?」

出発日設定2022/06/05(日)
ご旅行代金5,940円
出発地

 《縁shop》 春を先取り♪カンボジアの手織りクロマー新色登場です

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では明日が「立春」。お住まいの地域によっては、梅やロウバイの香りが漂いはじめているでしょうか?

カンボジア人の日常的なファブリック「クロマー」に、春の新色をご用意いたしました。色は2種類。どちらも春らしく、優しい色合いです。

カンボジアの手織りクロマー
カンボジアの手織りクロマー


若草色のバスケットチェックは、経糸に2種類の色を使用。微妙なニュアンスの変化を楽しんでいただける風合いです。

レモンイエローのボーダーピッチは、巻くだけで気持ちも上がりそう。ピッチとは幅のことですが、途中から幅が変わるので、巻き方によって印象が変化するスグレモノ。

春はもちろんですが、冬も襟元に入れるだけで温かく嵩張らないので、長い時期お役に立つアイテムとなるでしょう。カンボジアの春色手織りクロマー、本日より発売開始です!

(※出荷開始日は 2022/02/14(月)となりますのでご注意ください)



カンボジアの手織りクロマー 2022・春


Instagramもチェック!
– レモンイエローのクロマーで春を先取り –


風の向くまま・気の向くまま ―第六百八十五話―

代表取締役 原 優二


旅への根源的な欲求


弊社のフタッフにも、ついに陽性判定をうけた者が出た。今後もありうる話だ。月、木しか営業をしていないが、場合によっては、それすらも一時的に止めざるを得ないかもしれない。何とかクラスターだけは避けたいと思い、出勤者を少なくしてローテーションを組んでいるが、それで大丈夫という保証はない。

陽性判定を受けたスタッフも、自宅に自主隔離となっているだけで、保健所へ連絡したのに向こうからは何の連絡も来ず、38.9度の発熱があったのに治療も受けられないままだ。コロナ以前には、病気になっても病院で治療を受けられないなどということは考えたこともなかったが、日本という国はそんなに力のない国になってしまったのか。いやはや、妙な話になったものだ。

いったい、どこがおかしいのか。風邪やインフルエンザの流行と何が違うのか。重症化率や死亡率が高いからまだ警戒すべき病というが、オミクロンになってからもそうだろうか。感染症法上の2類から5類への変更も、無料の治療が受けられなくなるとかコロナ以外の病気での来院が減る、などといった懸念があるようだが、もはや治療も受けられず自宅にいるだけといった人が大勢出ているのだから、そちらの方が大問題だと思えてならない。そんな議論は、政治の力で解決する方策が多々あるだろうと思うのだが、政治は歯切れが悪くなり調整ばかりしていて動かなくなってしまった。

塩野義製薬の経口治療薬のニュースは、久々の光明だった。しかし、これとて治験への協力者がなかなか見つからず承認が遅れているという。国なり自治体が主導して何故できないのか。ワクチンにしても国産は何時になったらできるのか。政治の姿がここにも出てこない。

コロナバブルという言葉を先日目にした。一瞬、目を疑ったが、状況が変化するときにはその影響には必ず濃淡がある。簡単にはいかないにしても、何をしてもいいなら稼ぐことだって可能だともいわれる。頑なに仕事に拘っていると、状況に合わせて対応し変化するものだけが生き残るというダーウィンの至言が引き合いに出される。今の私は、この至言を受け入れ難い。むしろこだわりの方が強くなっている。

変化すべきものと変化してはならないものがある。旅行をつくる仕事はITで随分変わったといわれるが、便利にはなったし、海外と無料の通信が常時できるようになり意思の疎通が格段と挙がったし、webの力は十分感じているが、旅を作る本質は、私たちにとっては何も変わらないし変えるつもりもない。人間の旅への根源的な欲求もまた変わらないとコロナ禍で逆に確信している。

≫「原のコロナ休業日記」一覧
≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧

 

今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


騙されることも享楽


ちょいレア! ヒクイナ登場


ネパールのお祭りでたべるもの



お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼2月4日(金) 22時10分~23時04分 テレビ東京 【国内】
ガイアの夜明け「今こそ…“はずし”旅!」
王道とはひと味違う“はずし”た旅がいま人気を集めている。コロナ禍の中、さらに進化を続ける旅のカタチ。これまでとは違った魅力で客を呼ぶ、その舞台裏に密着する。
▼2月5日(土) 01時00分~01時30分 テレビ朝日 【秘境】
ナスD大冒険TV
テレビ朝日の社員・ナスDが殆どの日本人が踏み入れた事のない世界の僻地に命懸けで向かい、知られざる文化・住む人々の暮らしをレポートする超本気紀行ドキュメント番組!
▼2月6日(日) 12時45分~13時45分 日テレ1 【国内】
サンバリュ「1日1便 乗ってきました」
車やバス、船…1日に1便しかない乗り物でいざ出発!その先にはネットに載っていない魅力ある人や物がいっぱいあった!見たことないニッポン再発見番組!
▼2月7日(月) 08時00分~09時00分 BSプレミアム 【野生動物】
ワイルドライフ「絶滅から救え! 中央アルプス ライチョウ復活作戦」
日本の特別天然記念物ライチョウ。しかし近年、その数が激減。環境省などによって保護活動が続けられている。中央アルプスで始まった新たな復活作戦の1年に密着する。

※次号862号は2022年2月10日頃の配信予定です

——————————

■つむじかぜ861号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社
送信日:2022年2月3日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:03-3228-5173  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:06-6195-8043  FAX:06-6195-8044
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

 

つむじかぜバックナンバー

 

Copyright(C) 2002-2022 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)