つむじかぜ875号 旅のエネルギー放電準備中 縮小版にて配信! 号

つむじかぜ875号


旅のエネルギー放電準備中 縮小版にて配信! 号

東京本社移転のお知らせ(通りを挟んで反対側へ引っ越しました)
https://www.kaze-travel.co.jp/news/news-20220519.html

特集1 風カルチャークラブ 国内講座

本州では6月上旬から中旬には梅雨入りのようですが、梅雨時だから楽しめる車山の高山植物観察、梅雨知らずの北海道で楽しむ乗馬三昧など6月以降も楽しめるツアーもご用意しております。


1.おとなのための昆虫観察

温かくなってくると昆虫たちの活動が活発になってきます。公園で、里山で、田んぼでと、政所名積さんが案内する昆虫観察講座が5-9月はほぼ隔週で開催です。

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/06/05(日) ¥5,940 JR京葉線・葛西臨海公園駅集合・解散 終了
美しい赤いベルベットのような微毛で覆われているホシベニカミキリをメインに探します。関東以西の海沿いの温暖な地域に局所的に分布しているカミキリムシです。他にはカブトムシ、ノコギリクワガタなど樹液に来る昆虫や水辺を飛ぶギンヤンマやオニヤンマ、花に来るアゲハチョウの仲間など、大型で見栄えのする昆虫が期待出来ます。

詳細を見る


出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/06/26(日) ¥5,940 神奈川県秦野市(小田急線・秦野駅集合・解散) 終了
コオイムシ、アメンボ、トンボのヤゴ、小型のゲンゴロウやガムシ、ホウネンエビ、たくさんのオタマジャクシ、水の中を泳ぐイネミズゾウムシが生息する田んぼでじっくり生き物観察をしましょう。田んぼの周辺も散策して里山の昆虫も探します。

詳細を見る

2.変わりゆく東京湾を歩く

フリーライターの眞鍋じゅんこさんとカメラマンの鴇田康則さん同行の「東京湾岸歩き」時代とともに姿を変える東京湾の地理・地質・産業・文化・漁業に食文化と、その土地に秘められた盛りだくさんの素顔を探って歩きます。6月は「江の島歩き」です。

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/06/04(土) ¥8,200 神奈川県藤沢市(小田急線・片瀬江ノ島駅集合)※昼食付き 終了
相模湾にぽつんと浮かぶ小島、江の島。 昭和の色濃い観光地ですが、じつは江戸の昔から江島神社の参拝客でにぎわった聖地でもあります。当時からの住人さんにも島暮らしの話を聞きながら、住民目線で歩いてみましょう。魚料理や絶景の茶店で休憩など、のんびりと島を楽しむ一日。今回は東京湾を離れて相模湾へ遠征します。昼食付き。

詳細を見る

3.「ジオ」を切り口に関西各地を歩く

「硬い石も柔らかく解説」する講師田中宙さんがご案内するジオウォークの連続講座。6月は大阪ソウルマウンテン「生駒山」を歩き、解説します。

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/06/05(日) ¥5,940 終了
田中宙先生と歩いて学ぶ地質学の日帰り旅 今回は大阪と奈良の北部県境。大阪のソウルマウンテン生駒山系。平群から古寺の参道を登り、大阪府民の森の自然も楽しみながら、大阪平野へ下る、歴史を感じながらの古道歩きです。

詳細を見る

そのほか、催行状況はこちらから

国内ツアー一覧

パンフレットご請求はこちら!

特集2 風カルチャークラブ&国内ツアー

催行が決まっている・まもなく催行決定のツアーをご紹介。迷っている方お急ぎください!


催行決定・残席僅か

作家・芝田勝茂さん同行

[終了]【現地集合】5/27(金)発:古事記の神々をめぐる旅「その1・淡路島」3日間

出発日設定2022/05/27(金)発
ご旅行代金95,800円
出発地山陽新幹線西明石駅集合・解散

まもなく催行決定!

植物解説スライド講座も

[終了]2022年6月4日(土)発 初夏の車山高原・霧ヶ峰でレンゲツツジを愛でる 1泊2日

出発日設定2022/06/04(土)
ご旅行代金46,200円
出発地長野県 JR茅野駅 集合・解散

催行決定

新緑の奥秩父を歩く

【現地集合】6/18(土)発:大弛峠から金峰山を巡り国師岳へ 2日間

出発日設定2022/06/18(土)
ご旅行代金46,500円
出発地JR塩山駅集合・解散

残席1名! 早いもの勝ちです!

ムツゴロウさんの軌跡を馬で辿る

中標津と浜中町で乗馬三昧&ムツゴロウ動物王国跡地を訪ねる 3日間

出発日設定2022/06/25(土)
ご旅行代金168,000円
出発地根室中標津空港

 《縁shop》 とことんリラックスしたい日に。ルグの「ゆるりパンツ」

インドネシア・バリ島で少量ずつ生産している「ルグのゆるりパンツ」は、風通しがよく、これからの季節におすすめです。
ルグ「Rungu」はバリ語で「ケアする、守る、面倒を見る、気に掛ける」という意味を持ち、商品には「自分自身をいたわる」「環境に配慮する」のふたつの思いが込められています。
心も体も解放して過ごしたい時に。おうちで過ごす日の定番に。優しい肌触りのコットン100%です。

ルグの「ゆるりパンツ」

Instagramもチェック!
– 人気商品のさっぱり味のえんめい茶♫ –

お待ちかね!風のイベント情報

外部イベント


100年前のモンゴルって? 国立民族学博物館「邂逅する写真たちモンゴルの100年前の今」

現在大阪の万博記念公園内の国立民族学博物館では「邂逅する写真たちモンゴルの100年前の今」と題して、モンゴルの100年前の貴重な写真を丁寧に掘り起こし、その詳細とともに展示しています。

100年前のモンゴルと言えば、辛亥革命の影響を受けた人々が、チベット仏教の活仏を王に擁立し、清朝からの独立を宣言するも、ロシア、中華民国の両大国によって、その独立はかき消されました。そして、その後、ロシア革命軍、中華民国軍、旧ロシア帝国軍などが入り乱れて、その覇権争いのような場となっていました。

そんな時代に残された写真の数々。今のウランバートルからは想像できない世界が広がっていました。この夏または今後、モンゴル行きを検討中のみなさま、ぜひご覧ください。会期は5月31日までです。(水曜休館)最寄り駅「万博記念公園」駅からは無料送迎バスが走っています。

  • 日 時:開催中~5/31(火)
  • 会 場:国立民族学博物館 特別展示館
  • 参加費:一般880円


風の向くまま・気の向くまま ―第六百九十九話―

代表取締役 原 優二


古巣へ戻る


東京本社が、27年ぶりに野口ビルへ戻った。昨年の6月にIFOビルの6階を引き払って、兄弟会社ピース・イン・ツアーと7階で同居したが、いよいよ海外旅行が再開する兆しが見えてきたので、流石に手狭になってしまった。

なるべくIFOビルの近くでと探していたら、以前、入っていた野口ビルが空いていたので即座に決めてしまった。不動産屋さんも、前と変わらず担当者まで同じ人だった。27年間過ごしたIFOビルからは、道路を挟んだ向かいのビルになる。

IFOビル7階では、ピース・イン・ツアーと風の旅行社中野営業所が引き続き営業し、野口ビルが風の旅行社東京本社となる。道路一つ隔てただけだが、中野区新井から中野区中野に住所が変わり、郵便も、ヤマトの管轄も変わってしまう。あれこれ面倒な手続きに、総務担当は辟易としている。

それにしても、まさか、野口ビルに戻ることになろうとは思わなかった。以前は4階だったが今回は6階。広さも形も一緒だから、こうして座って事務所を眺めていると、つい27年前のことを思い出してしまう。当時は、格安航空券販売で忙しく、秋から年末にかけては毎日のように終電で帰っていた。当時を知るスタッフは私を入れて僅か6人。ほとんどのスタッフにとっては新しい事務所ということになるが、なんだか、とても不思議な感覚である。

両側が道路で隣と接しておらず、東西がガラス窓になっていて明るくて気持ちがいい。ただ、まだブラインドがついていないので、西日が射して眩しい。冷暖房の経費がかさみそうだ。コロナ禍はまだ続く。ようやく再開した海外旅行も、果たして、この夏どれくらい戻るかは不明である。不安は一杯だが新たなスタートが切れることを喜びたい。

≫「原のコロナ休業日記」一覧
≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧

お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼5月21日(土) 00時50分~01時20分 テレビ朝日 【秘境】
ナスD大冒険TV
テレビ朝日の社員・ナスDが殆どの日本人が踏み入れた事のない世界の僻地に命懸けで向かい、知られざる文化・住む人々の暮らしをレポートする超本気紀行ドキュメント番組!
▼5月22日(日) 13時29分~14時59分 NHKBSプレミアム 【絶景・火山】
体感!グレートネイチャー 「体感!グレートネイチャー「地中海 火山の下の海底へ」
地中海の知られざる水中世界を探検。不思議な生物、火山活動が作り出した奇岩地帯と出会う。世界的ダイバーたちが、活発化するイタリアの火山地帯の真相を明らかにする。
▼5月22日(日) 18時00分~18時30分 TBS 【世界遺産・火山】
世界遺産「ハワイ!太平洋のホットスポット」
南国の楽園ハワイ島。南部のキラウエア火山は、100年で50回も噴火した地球上で最も活発な火山のひとつ。ホットスポットが生んだ壮大な火山活動、最新映像が見どころ。
▼5月24日(火) 21時30分~21時55分 Eテレ 【仏像】
趣味どきっ! アイドルと巡る仏像の世界(8)「センターは誰?」
シリーズ最終回は、奈良国立博物館を訪ねる。日本に仏教が伝わった飛鳥時代から、鎌倉時代まで各時代の特徴をおさらいしながら、仏像鑑賞。

※次号876号は2022年5月26日頃の配信予定です

——————————

■つむじかぜ875号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社
送信日:2022年5月19日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:03-3228-5173  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:06-6195-8043  FAX:06-6195-8044
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

 

つむじかぜバックナンバー

 

Copyright(C) 2002-2022 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)