【風スタッフ近況】ひっそりとしたオフィス

2020.4月初旬から時が止まった東京オフィス

2020.4月初旬から時が止まった東京オフィス

会社の休業も気がつけば3ヶ月を過ぎようとし、早くも4ヶ月目に入ろうとしています。

私は経理総務業務に携わっている関係上、月に幾度かは出社して業務をこなしています。その社内の光景は、コロナ以前の賑わいはどこへやら、なんともひっそりとしており、寂しさを感じます。とは言っても、隣には代表の原がいて、ふたりでなんじゃかんじゃと話をしながら業務に勤しんでおりますが。。

先日は社内間のネットワークのメンテナンスのため、大阪支店へ赴き作業をしましたが、こちらも誰も出社していないので、ひっそりと、ひとり寂しく、もくもくと業務をこなしました。

コロナにつき誰もいなかった大阪支店(涙)

コロナにつき誰もいなかった大阪支店(涙)

たまにスタッフが会社へ顔を出したりすると、早々に仕事を終え、夕方の早い時間から社内居酒屋がオープンして、互いに近況報告をしながら麦酒に舌鼓しています。

ソーシャルディスタンスを取りながら、中味は密な社内居酒屋(左から原、平野、荻原、風カルチャクラブの嶋田さん)

ソーシャルディスタンスを取りながら、中味は密な社内居酒屋(左から原、平野、荻原、風カルチャークラブの嶋田さん)

海外旅行の再開はまだまだ先が見えず、この休業はさらに続きそうです。私も風の旅行社に勤めて20数年以上経ちますが、その間、ネパール国王射殺事件や、9.11同時多発テロ、湾岸戦争、リーマンショック、SARS(重症急性呼吸器症候群)に新型インフルエンザ等、様々な危機に直面しましたが、今回の新型コロナウイルスでの長期間の休業を余儀なくされ、先がまだまだ見えない、この状況には正直言葉が出ません。

しかしながら、「明けない夜は無い」を信じて、前を向いて、日々過ごしていきたいと思います。そして一日でも早く皆さまを
また海外へ誘いたいと思います。

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA