【開講記】巣立つのか!? ブッポウソウの雛たち 長野・天龍村

ツアー名:7/9(土) ブッポウソウ 長野・天龍村


観察時間よりもバスでの移動時間が断然長い、長野県天龍村へブッポウソウを観に行くツアー。今年は好評につき申込者が多めで2回の開催です。梅雨が早めに明けたおかげか天気もよさそうです。

観察風景観察風景

いつもは帰路途中で立ち寄るポイントで最初の観察をします。設置された巣箱にブッポウソウが餌を運んできます。アカショウビンの声に呼応するようにサンコウチョウの声も響いています。上空にはミサゴやサシバの姿があります。カケスも飛んでいきました。

30分程観察したところで天龍村役場へ向かいます。役場横のお寺の境内は撮影者で大盛況。役場屋上に設置された巣箱からはヒナが周囲をうかがうように顔をのぞかせています。親たちも巣立ちを促すように近くで声を出しながら見守っています。しかしなかなか決心がつかないのか、この日は午後まで一羽も巣立ちませんでした。

下流の営巣ポイントでも餌運びを観察しますがなかなか遠いです。最後に最初に観察したポイントへ再訪して帰路につきました。各地でのブッポウソウ保護活動の効果か個体数は増えているそうです。来年もブッポウソウの繁殖に期待したいですね。

*役場の雛は7/11(月)以降巣立っていったそうです。

【今回観察できた鳥達】

キジバト、アオサギ、ダイサギ、ミサゴ、トビ、サシバ、アカショウビン、ブッポウソウ、サンショウクイ、サンコウチョウ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、カワラヒワ、ホオジロ

風の鳥日和
youtube 風の鳥日和チャンネル

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA