ネットバンク

キャッシュカードが磁気の異常で使えなくなり、先週、再発行の手続きに銀行へ行った。 そういう手続きは2階で受け付けているが、今からだと1時間はかかると言われ断念した。

一昨日、時間ができたので再び銀行へ行き躊躇なく2階へ上がっていったら、カウンターが無くなり、代わりに個室がいくつか並んでいた。一階に降りて、さあどのカウンターで受け付けてくれるのかと思いきや、何時もと景色が違う。カウンターには2人しか座っておらず、カウンターの後ろに見られるはずの行員の働く姿はなく白い壁になっていた。たった一週間でまるで違う事務所に来のかと思うほどの変わりように愕然とした。

どんな手続きに来たのかを伺う受付ができていて、そこに女性の行員が5人もいた。キャッシュカードの再発行に来たと告げると、「ただいま9人お待ちですから1時間ほどかかりますが宜しいでしょうか?」。宜しいはずがない。私の他にも「そんなに!?」 と嘆息し引き上げていく客が何人かいた。30歳前後の男性客は苛立ちを抑え切れず「時間がないんだよ。何とかならないの?」と詰め寄る始末。どうもこの新しいやり方は上手くいっていないようだ。

私も、「何とかなりませんか?」そう粘ってみたら、「インターネットバンクならばキャッシュカードは不要ですが、ネットバンクはお使いではありませんか?」。これではまるで、ネットなら銀行の窓口に来なくていいのに! と宣告されているようなものだ。しかし、それが本音だろう。銀行は、店舗をなくしネットバンキングに移行することを目論んでいる。今は、その過渡期ということになろう。

受付の5人にも、2人しかいないカウンターの行員にも笑顔はない。忙しすぎて疲れているようにみえる。私の勝手な想像だが、 “なにも好き好んで、こんな混乱を自分たちが招いたわけじゃない。しかも、行き着く先は店舗の廃止だとすれば、自分の仕事そのものがなくなってしまうのかもしれない” そんなやりきれない思いがあるのかもしれない。

試しにネットバンクに申し込んでみた。あっという間に手続き完了。いとも簡単に残高が見えてしまう。「大丈夫かあ? これじゃあ、スマホなくしたら大変だろうな」。5Gになったらすべてクラウドになるとも聞いた。ますますパスワードだらけになる。私の不安は増すばかりである。

昨日、朝なら混雑していないというので、再発行の手続きに行った。パーテーションで区切られた“個室”に通され着席し、紙に書くことは一切なく、目の前の画面をタッチするだけで手続き完了。その場で新しいカードが発行された。最後に、女性の行員から名刺を渡された。思わず、「資産運用は考えていません!」と言いそうになった。

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA