2020年

コロナに明け暮れた2020年が終わろうとしている。世界を揺るがす大事件は、歴史の教科書の中だけのことだったはずだ。まさか、自分がその真っただ中に身を晒すことになるなどとは考えも及ばなかった。人間は、所詮、自分で経験したことしか肌身に沁みないらしい。

科学の発展は、予想以上のスピードでワクチンの開発をもたらした。まだ、その真価は定まっていないが、もはや、ここまで来るとワクチンしか状況を打開する方法はないのかもしれない。

私は、緊急事態宣言終了時点までは、日本方式に感心もしていたが、その後、日本は、無症状の感染者を見つけ出して隔離するという方針を採らず、クラスター潰しを基本にしてきたことには大いに落胆した。第一波が収束して市中の感染者が少なくなった時に検査態勢を整え、無症状の人にも検査を拡げる仕組みづくりを実行していれば、状況は一変していたと私は思う。この点に関しては、政府よりも感染症の専門家の方々に、どうしてこんな方針を採ってきたのか直接問い質したい気持ちでいっぱいだ。

そもそも、市中の感染者はほったらかしのままで、クラスター潰しだけしていても、もぐら叩きと同様で後手後手にしかならない。加えて、自粛を呼びかけてももはや効果がなくなってしまい限界が見えてきた。結局、ワクチンで大逆転という道しか残されていないような雰囲気だ。台湾やニュージーランドなどとは大違いである。

じっと我慢して動かず、雇用調整助成金を受けて弊社は今までやってきた。まだ暫くはこの状態が続くが、コロナの所為にしていても何も解決にならない。何かし始めなくてはと風の縁shopを始めたが、皆さんの応援で、アイテムも増えshopらしくなってきた。スタッフからは次々とアイデアがでている。旅行は、そもそも人間の縁をつなぐ仕事である。その縁を辿っての仕事は結構面白い。今は、あまり難しいコンセプトをかぶせず、縁をつないで良い物を紹介していくことだけに全力を尽くしたい。

海外旅行が再開したら、積極的に風の縁shopをリンクさせて発展させて行きたい。コロナで唯一良かったことは、今までとは違う縁がつながったことである。そして、皆様の温かい応援に支えられていると実感できたことです。その意味では感謝の一年でもあった。

どうぞ穏やかな新年をお迎えください。一年間、ありがとうございました。

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA