風の旅行社30周年イベント

先週末の八ヶ岳は、心配した積雪もなくチェーンを使わずに八ヶ岳高原ロッジまで車で入ることができた上に、初夏のように暖かい陽気となりました。そんな好天に恵まれる中、「3.11風の旅行社30周年イベントin八ヶ岳高原ロッジ・音楽堂」も無事終了しました。ご参加いただきましたお客様・関係者の皆様には心より御礼申し上げます。特に四国や関西からこられた方々は、距離もあり電車の乗継も不便だったと思います。本当に遠路はるばるお出で頂きありがとうございました。

講演をしていただいたチベット医の小川康さんは、肩肘張らない姿勢ながら拘ったその生き方が大変魅力的で、その熱気につい引き込まれてしまいました。「チベットで学ぶ習慣がつきました。楽しい。学ぶことは楽しいです。」そんな一言が印象的でした。

岡林立哉さんが奏でる馬頭琴・ホーミーの音色が木造りの音楽堂と一体となって響き心に沁みわたりました。思わずモンゴルの草原とモンゴルのスタッフたちを思い出し目頭が熱くなりました。「あと20年ほど経って70歳になったときに、もっといい声でいい歌が歌えたらなと思います。」きっといい年齢の重ね方をされることでしょう。

二人とも50歳を少し過ぎたところ。今までやってきたことが確実に実りつつ、その土台の上にこれからも素敵な人生を築いていくに違いありません。とても楽しみです。

30周年おめでとう「NO KAZE NO LIFE」そんなパッケージで包んだチロルチョコレートを作って持ってきてくださったお客様方もいらっしゃり感激しました。

コロナのために夕食時は原則黙食でしたから、なんとか盛り上げようとネパール、ブータン、モロッコなどとオンラインでつなぎ現地から様子を伝えてもらいました。電波の関係で音が途切れたりしましたが、コロナ禍で学んだ新しいコミュニケーションに改めて感心しました。精度がもっと良くなれば世界を大きく変えていくでしょう。楽しみでもありリアルの価値も忘れないでほしいと願います。

3.11東日本大震災で犠牲になられた方々へ黙禱を捧げ、ウクライナで広がる戦禍の一日も早い終結を祈り、コロナ過の早期収束を願うと共に、今回ご参加いただいた客様方のみならず多くのお客様に支えられて今日があると感謝するイベントとなりました。

これからも精進して前向きに取り組んで参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA