添乗報告記●ヒマラヤの絶景と星空観察6日間(2018年12月)

添乗ツアー名 ●星空解説員と行くネパール
【ふたご座流星群極大】ヒマラヤの絶景と星空観察6日間

2018年12月12日(水)~2018年12月17日(月) 
文・写真 ● 山田基広(東京本社)

佐々木氏同行の星空観察ツアー第2回目はネパール!今回はふたご座流星群に合わせ、ヒマラヤの絶景とともに星空を楽しみました。講師の佐々木氏は星空メッセンジャーとして、全国各地で講演、星空案内をしており、某プラネでも解説員をされている方。実際の空を眺めての星空解説は基本的な星座の探し方から神話の話まで様々。やさしいトークに皆さん魅了されてしまいます。

ヒマラヤの絶景と星空を楽しむ


_MG_8472つきのいえの庭から星空を眺める

以前、モンゴルの星空ツアーの添乗報告記で星をみるための3つの好条件のお話をしましたが、「つきのいえ」のあるダンプスも中々の好条件。村の中は灯りが少なく、高い建物はないので空も大きく広がっています。そしてなんと言ってもこの時期は乾季にあたり、非常に乾燥しているので星がクリアに見えるのです。また歩いて15分ほどでさらに眺望のよくなる展望台もあるため、「つきのいえ」での星空観察はかなり条件が整っているといえるでしょう。


_MG_8472正面にマチャプチャレをはじめとするアンナプルナの山々を見渡せる

そして、日中は「つきのいえ」の庭から壮大なヒマラヤの絶景を眺めながらのんびりと過ごすのもこのツアーの魅力。佐々木さんの星空観察に関するワークショップの他、ダンプス村の村内を散策して村人と交流を図ったり、眺望の良いオーストラリアンキャンプまでハイキングをしたりと忙しくない程度にヒマラヤ山麓の村滞在をお楽しみいただけます。



絶景を見ながらの五右衛門風呂で湯ったり


_MG_8472夕焼けに染まるマチャプチャレ

「つきのいえ」には大展望の五右衛門露天風呂があります。
夕食前にこのお風呂で雄大な眺めを楽しみながらゆったりと温まっていただき、至福の時間をお過ごしください。



星景写真に挑戦!




ツアーの中では星空の撮影テクニックについても個別レクチャーの時間を作っています。せっかく星空撮影の出来る機能があるのに今まで上手に撮れなかった方や、やってみたいけれどやったことのない方も実際の星空を前に、撮影のプロからご自身のカメラを使って撮影出来ちゃいます。星空を撮影できる機能さえ備わっていれば意外と簡単な星空撮影。自分で撮った星空の写真はきっとよいお土産になるはずです!



いかがでしょう?
冬は毎年、ネパールで星空観察のツアーを開催していますが、夏にはモンゴルでも毎年、設定しています。こちらはダイナミックな天の川が最大の魅力!あわせてご検討ください!


星空解説員と行く「ほしのいえ」

モンゴルの大草原で星空観察5日間

出発日設定2020/08/22(土)
ご旅行代金248,000円
出発地東京