スレシュよりナマステ! ロックダウン中の生活、パタンの様子

ナマステ! ネパール支店のスレシュです。

世界中に新型コロナウィルスが広り、とても大変な状況に包まれ、そのためネパールも29日目のロックダウンが続いています。ほぼひと月となりました。今のところ後1週間封鎖の状態が続きます。もしかしてまた延びるのかもしれませんね。なんとも言えない状況です。長いと思いながら家でごろごろしています。初めてのロックダウンの体験ですが一日が過ぎるのは早いですね。

朝方は市場や店もところどころ開いたりして、ミルクや野菜を買いに出かける人たちが見かけます。私も朝06:30時にミルクを買いに行っています。午前中になってくるとメインロードはほとんどだれも見かけません。写真は、私が生まれ育ったパタン。ロックダウンされている様子をお送りいたします。

パタン ダルバールスクエア
ダルバール広場(パタン)
パタン ゴールデンテンプル
ゴールデンテンプル(パタン)
パタン プルチョークへの道
プルチョークへの道(パタン)


ネパールは今のところ思ったほど感染者が出てないですが、これからもひろがらないように祈っております。ネパールの厚生省によりますと今まで死者はまだ一人もいません。ネパールではコロナウィルスの感染者はほとんど海外から戻ってきた人たちです。

厚生省より毎日up dateされるニュ―スによりますと、確実にCOVID-19に感染した人は30人です。その中でカトマンズ盆地に5人、2人治り退院しました。28人がisolation(隔離)にいながら治療をうけています。全国でPCR TESTやRDT TESTを20,000人以上に行った上で、4,500人もQuarantine(検疫)にいるそうです。みんな元気だそうです。

日本も非常事態宣言で大変だと思いますが、みな様も気をつけてくださいませ。またいつかお会える日を楽しみにしております。


コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA