白頭鷲フェスティバルにも訪れる

2019/11/3(日)発 初冬のユーコンと南東アラスカ8日間

5名催行日本語ガイド

出発日設定2019/11/3
旅行代金498,000円
出発地東京、大阪、名古屋
POINT
  • 白頭鷲が集まる季節に合わせた日程です
  • クルアニとヘインズにある小規模な宿に連泊します
  • 白頭鷲祭り開催期間なので、祭りの雰囲気も楽しむことができます
  • クルアニ国立公園の山岳風景とアルパインツンドラの絶景ドライブ
  • 天候&コンディションに恵まれればオーロラ観賞の可能性も!
  • 写真家でもあり、現地ガイドでもある上村氏がご案内
詳細

極北の11月は初冬にあたり、南東アラスカの港町のヘインズに、千羽以上の大量の白頭鷲が集まる季節。ツアーは「白頭鷲祭り」開催中に合わせた日程ですので、フェスティバルの雰囲気も楽しむことができます。

ツアーの前半はカナダ・極北のユーコン準州のクルアニ国立公園にも訪れます。世界遺産の壮大な自然や満天の星空、野生動物や野鳥、大自然の景色やオーロラを撮影したい方には特にお勧めのツアーです。

旅の後半はアルパインツンドラの壮大な景色を眺めながら、温帯雨林の森が広がる南東アラスカへとドライブ。美しいアラスカの港町ヘインズでは、川沿いの素晴らしいロケーションにあるロッジに滞在します。アラスカの温帯雨林の森と氷河で削られた山々、海の景色を楽しみましょう。

また、シーズン最後のサーモンが遡上するタイミングに合わせて、餌を求めて多くの白頭鷲がアラスカのチルカット川の保護区に集まってきます。雪景色の中、鮭を食べる鷲の姿は迫力満点です。アメリカの国鳥・白頭鷲を求めて、初冬のアラスカへ出かけてみませんか?

現地では、オーロラや野生動物にも詳しい現地ガイド(写真家)の上村知弘氏がご案内。最大で6名様までの少人数限定ツアーです。

現地同行ガイド

上村 知弘 (うえむら ともひろ)

1978年神戸育ち。立命館大学、ワシントンD.C. American大学卒業。 在学中から自然・異文化体験を求めて、イタリア美術短期留学やインド、東南アジアなどを旅する。卒業後、極地冒険家・大場満郎冒険学校や動物保護団体アークを経て、2004年カナダ極北ユーコンへ渡り、以降3年間ユーコンの大自然で過ごす。北海道道東鶴居村の馬牧場でカナダ人の妻タミーと共に3年過ごした後、2011年にユーコンへ永住。極北の大自然や文化の写真を撮り発表する傍ら、ネイチャーガイド業を通して、極北の自然・文化と人を繋げる役割を担う。近著に極北の野生の羊ドールシープの1年を追った写真集 『Dall Sheep』(青菁社)がある。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(大阪・名古屋 )東京 バンクーバー ホワイトホース

午前:大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)発。空路、東京(成田または羽田)へ。]

夕刻:空路、東京(成田)からバンクーバーで乗り継ぎ、ホワイトホースへ(日付変更線通過)。

午後:到着後、ガイドの上村さんと合流。車でホテルへ。夕食前に軽く街へ散策へ出かけます。夕食は街のレストランにて。

ホテル
2日目

ホワイトホースヘインズジャンクション

午前:カフェで朝食後、町を散策します。

午後:昼食後、車でクルアニ国立公園へ向けて出発。アラスカハイウェイをドライブしながら、大自然の景色をお楽しみください。エルクなどの野生動物に出会えるかもしれません。(走行=約2時間) 到着後はクルアニ山脈の絶景が見渡せるロッジへ。木造りで温かみのある隠れ家的なロッジに2連泊します。

夜:スタッフ手作りの夕食をお楽しみください。

【オーロラ観察チャンス①】

ホテル
3日目

ヘインズジャンクション クルアニ ヘインズジャンクション

午前:朝はゆったり起床し、遅めのブランチ。手作りの朝食を食べた後、クルアニ国立公園沿いをドライブして行きます。凍ったクルアニ湖の横に聳え立つシープマウンテンで、野生の羊のドールシープを探します。(歩行=約1-2時間) コヨーテなどとの野生動物との出会いがあるかもしれません。

夜:スタッフの手作り料理をお楽しみください。

【オーロラ観察チャンス②】

ホテル
4日目

ヘインズジャンクション ヘインズ

午前:朝はゆったり起床し、遅めのブランチ。朝食後、車で南東アラスカへ。道中はクルアニ国立公園の南側や森林限界地点のアルパインツンドラを通過して行きます。(走行=約4時間)

午後:国境を越えてアラスカに入ると、温帯雨林の森と川が広がります。チルカット渓谷では、遡上するサーモンを求めてたくさんの白頭鷲が保護区に集まる季節です。早速白頭鷲の観察や撮影を楽しみましょう。その後、アラスカの美しい港町、ヘインズへ。歴史のあるおしゃれなB&Bに滞在。宿の前からフィヨルドの海を眺めることができます。

ホテル
5日目

ヘインズ

終日:今日も白頭鷲を求めて出かけましょう。チルカット渓谷は氷河に削られた荒々しい山々と温帯雨林、そしてチルカット川が広がる、最高のロケーションです。白頭鷲がサーモンをとったり、鷲同士が獲物を奪い合う姿を見ることもできます。ツアー期間中はヘインズで「Bald Eagle Festival

ホテル
6日目

ヘインズホワイトホース

午前:宿をチェックアウト後、ヘインズの街で朝食を食べ、散策。再びアルパインツンドラを眺めながら国境を越えてカナダへと戻ります。(走行=約6時間) 

夜:ホワイトホースのレストランで最後の夕食をお楽しみください。

ホテル
7日目

ホワイトホース バンクーバー

早朝:車で空港へ。空港にて上村さんとお別れ。空路、乗継地のバンクーバーへ。

午後:空路、帰国の途へ。
<日付変更線通過>

機内
8日目

東京( 大阪・名古屋)

午後:東京(成田)着。

[ 夕刻:空路、東京(成田または羽田)から大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)へ。]

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/11/3 ¥498,000 東京 募集中
2019/11/3 要問合せ 大阪、名古屋 募集中
最少催行人員 5名(定員6名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定航空会社 エア・カナダ
利用予定ホテル

【ホワイトホース】ウェストマーク・ホワイトホース、ユーコン・イン
【クルアニ】マウントローガンロッジ
【ヘインズ】ハウス・ナンバーワン

お一人部屋追加代金 54,000円 (ホテル泊)
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線21000円(基準日2019年6月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 カナダ出国予定日+1日以上必要
各国空港税/査証

・カナダ入国には事前にeTA(電子出入国カード)の取得が必要です。eTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料として$7(カナダドル)が必要となります。
※外国籍の方は、取得条件が異なりますのでご注意ください。

・米国においては米国電子渡航認証システム(ESTA)の登録が必要です。ESTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料としてUS$14が必要となります。

【弊社にて代行希望される方は】
eTA、ESTAともに登録代行手数料4,320円/回

ビジネスクラス追加代金 350,000~700,000円
その他

●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
成田空港諸税2,610円
国際観光旅客税1,000円
カナダ出国税25.91ドル(約2,700円)

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,100円(2018年12月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。

●アメリカ入国の際に、入国料金(約$6 USD)の支払いが別途必要になります。

●注意事項
・テントは通常2名で1張。一人部屋利用の方はテントもお一人でご利用いただけます。
・ヘインズのロッジは部屋数に限りがあるため、原則2名さまでの相部屋となります。シングル希望の方はリクエストにて承ります。(別途追加代金)
・テント、スリーピングマット、食器、釣り竿は現地でご用意しております。
・9月中旬のホワイトホース郊外の気温は最低2℃〜最高12℃ぐらいの想定となります。
・ご用意いただく寝袋は、目安として-5度程度まで対応しているものを推奨。現地にてレンタルも可能です。詳しくはお問い合わせください。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/11/3 ¥498,000 東京 募集中
2019/11/3 要問合せ 大阪、名古屋 募集中