6名様から催行出発日限定添乗員は同行しません特別講師が同行します

しゃがぁ代表 西村幹也同行!

【新企画】2019/4/28(日)発 タイガの森でトナカイ乗りキャラバン8日間 ─春のタイガで仔トナカイに出会う─


モンゴル北中部、ロシアと国境を接するフブスグル県。この地にはモンゴル語で“トナカイを飼う者”を意味するツァータン(又はツァーチン)と呼ばれるトゥバ人たちが暮らしています。フブスグル湖から西へ約90km、ツァガーンノール(湖)北西に広がる標高約2,000mのタイガで暮らし、トナカイ飼育を生業にするトゥバ人は、トゥバ語を母語とし、主にシャーマニズム信仰を強く残すなど、同じモンゴルの中でも特徴的な伝統文化を持ちます。最近では金鉱山の採掘による土地荒廃の為、それまでの営地に留まれなくなるなどの大きな社会変化の中で、彼らは先祖からの伝統を受け継ぎ、タイガの森に暮らしています。

このツアーでは、春のタイガの森を、のんびり写真などを撮る休憩時間をできるだけ挟みながら、トナカイに乗ってトレッキングします。道中の宿泊は、伝統を受け継ぐトゥバ人一家(春営地)へのホームステイ。交通手段や乳製品の源として欠かせないトナカイと共に暮らす生活の一端を感じていただけるでしょう。運がよければトナカイの出産に立会い、生まれたばかりの仔トナカイに出会えるかも知れない時期です。
ツアーポイント
1. 講師同行で、長年のフールドワークに裏打ちされた詳しい解説
2. 春のタイガの森をトナカイに乗ってトレッキング!
3. タイガとその麓で計3泊ホームステイ。現地の暮らしを体験
4. 運がよければトナカイの出産に立会い、生まれたばかりの仔トナカイに出会えるかも!

このツアーは割引サービスが適用されます。

講師

西村 幹也(にしむら みきや)

厳寒のタイガから灼熱のゴビまでモンゴルなら俺にまかせろ

NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ理事長。
文化人類学や宗教人類学を専門とし、モンゴル地域のフィールドワークを20年以上に亘り行い、シャーマニズムやツァータンの生活の研究を中心に、カザフの文化研究やタヒ管理センター支援、ゴビ地域へ馬頭琴を届ける活動などを行っている。近年、活動の範囲は音楽や芸術、写真などにも及び、日本国内でコンサートや写真展なども精力的に開催。『もっと知りたい国モンゴル』(心交社 2009)の他、共著多数。



ツァガーン湖の北西のタイガをトナカイキャラバン


関連よみもの



このツアーに関する説明会のご案内
このツアーに関する説明会のご案内


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京
ウランバートル
午後:東京(成田)発、空路モンゴルの首都ウランバートルへ。
夜:着後、車でホテルへ。 
  宿泊●ホテル泊 食事● - /  - /  - 
2ウランバートル
ムルン
午前:車で一路ムルンへ(車移動=約12時間、約820km)。(※ほぼ舗装道路を走行します。)
夜:到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3ムルン
ハルマイ(タイガの麓)
午前:車でタイガの麓で暮らす遊牧民の春営地へ。(車移動=約8時間、約300km)。(※悪路を移動します。現地の道路状況により到着時間が遅れる場合があります。)
夜:タイガの麓に到着。
  宿泊●ホームステイ(丸太小屋またはオルツまたはゲル)泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ハルマイ(タイガの麓)(トナカイ)
シャンマグ
午前:車でトナカイトレッキングの出発点、ナリーンウブルへ(車移動=約10km、約30分)。トナカイご対面。トナカイの乗り降りの仕方などレクチャーを受けた後、トゥバ人のお宅(春営地)がある最終目的地シャンマグを目指し、いよいよトナカイトレッキング出発!
【トナカイ移動=約15km、約2時間】
午後:シャンマグ到着。トゥバ人家族とご対面です。ホームステイ先の家族のお手伝いをしたり、現地の生活を体験します。また、滞在中に運が良ければ、トナカイの出産にも立ち会えるかもしれません
  宿泊●ホームステイ(丸太小屋またはオルツ)泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5シャンマグ
ハルマイ
午前:ホームステイ先でゆっくりとお過ごしください。
午後:お世話になった家族に別れを告げ、トナカイに乗ってタイガの麓の遊牧民宅へ。往路とは違うルートを通ります
【トナカイ移動=約20km、約3時間半】
  宿泊●ホームステイ(丸太小屋またはオルツまたはゲル)泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ハルマイ
ムルン
午前:車で一路ムルンへ(車移動=約8時間、約300km)。(※悪路を移動します。現地の道路状況により到着時間が遅れる場合があります。)
夜:ムルンのホテル着。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ムルン
ウランバートル
午前:車で一路ウランバートルへ(車移動=約12時間、約820km)。(※ほぼ舗装道路を走行します。)
夜:到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ウランバートル
東京
早朝:車で空港へ。
午前:空路、帰国の途へ。
午後:東京(成田)着後、解散。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金
東京発
4月28日(日)〜5月5日(日)8日間347,000円
大阪発
4月28日(日)〜5月5日(日)8日間要問合せ
名古屋発
4月28日(日)〜5月5日(日)8日間要問合せ
ご旅行条件・他
最少催行人員●6名(定員9名)
添乗員●同行なし。ウランバートルから西村氏が同行します。
利用予定航空会社●MIATモンゴル航空
利用予定ホテル●<ウランバートル>フラワー、バヤンゴル、アルファ、ロイヤルマウンテン、フブスグルレイクホテル、モンゴリカ <ムルン>ドゥル、50゜100゜ <ハルマイ><シャンマグ>ホームステイ(ゲル又はオルツ泊)
お一人部屋追加代金●20,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●2,000円 (2018年4月1日)
●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税2,610円
・モンゴル出国税980円(2018年4月1日現在)

●その他
個人的な出費、クリーニング代など

●旅券(パスポート)
入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です。

●査証(ビザ)
このご旅行では不要です。
日本国籍の方のモンゴル30日以内の滞在の場合は不要。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

・ホームステイ先の宿泊は、男女混合の雑魚寝となります。

・ホームステイをするタイガの森は標高約2,000mほどにあり、気温が低いです(-20~-10℃)。十分な防寒着(防寒用の帽子で耳も隠れるもの、厚手のマフラーや手袋、インナー手袋、発熱素材の肌着などを含む)や雪上も歩けるしっかりしたロングブーツ、寝袋、マット、車載用ダッフルバッグが必要です。

・今回現地でレンタルのご用意があるもの。
防寒着3点セット(毛皮の帽子「ローボーズ」、冬用デール、冬用ブーツ)、寝袋(冬用)、マット、車載用ダッフルバッグ。これらのレンタルをご希望の方は、遅くとも出発の2週間前迄に担当スタッフまでお知らせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2011-04-30発/総合評価★★★★★

学生さん達の現地参加もあり、2名なのに、催行して頂きありがとうございました。タイガ滞在はわずか3日間だったけれども、トナカイを飼う人たちの生活も垣間見、講師のAさんのレクチャーにより学ぶことができ、楽しい体験をしました。最終日、ホスタイも急きょホームステイに変更して頂いたのも嬉しいことでした。(風の旅行社さんのウスティデール・ゴタル・寝袋・マットの無料レンタルはとてもありがたかったです。)このような自由さのある旅の企画をこれからもお願いします。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求