4名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

チベット・タイムトラベル 神話の世界から現代へ

ツェタンとラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 9日間

  • ツェタンからサムイエ寺への峠で旅の安全を祈って護符(ルンタ)を撒きます
  • 「立体マンダラ」サムイエ寺
  • ダライラマの宮殿 ポタラ宮
  • 絶景の巡礼路(ガンデン寺)
  • 青蔵鉄道にも「チョイ乗り」します (写真:長岡洋幸)
  • 2等椅子席を利用する「チョイ乗り体験」だから地元の人との交流もしやすいのです
  • 車窓からはチベット高原の美しい草原が!まさにおいしいトコ取り
  • ダムシュンは遊牧民の暮らす大草原(写真:長岡洋幸)
  • 標高5,000mの峠から見渡す草原とナムツォ湖
  • 巨大な高山湖ナムツォ
  • ナムツォの巡礼路を歩きます

「歴史を辿る旅」でチベットを深く知る
チベット人発祥の地ツェタン、最古の僧院サムイエ寺、「チベットの心臓」ラサ。神話に彩られたチベットの悠久の歴史をなぞったあとは、2006年に開通した青蔵鉄道の「ちょい乗り」で7,000m峰を望み、遊牧民の暮らす大草原へと繰り出します。チベットの歴史、文化、大自然がバランスよく楽しめる夏季限定の特別企画です。

8/26発は、ダク・イェルパのツェチュ祭を見学します。
境内に年に1度だけ掲げられる巨大な仏画(タンカ)とチベットオペラ(アチェラモ)、そしてそこに集う人々の信仰の力に触れ、チベット人が大好きな娯楽のリンカ(ピクニックランチ)も体験します。

→青蔵鉄道「ちょい乗り」のススメ
→ 観光中に訪れる場所やホテルにもコダワリがたくさん!風のラサ滞在はここが違う!
→ 風は「チベット専門店」だから ラサに事務所あり ガイドはチベット人です!
ツアーポイント
1. チベットの夏の祭典:ダク・イェルパのツェチュ祭(8/26発)を見学
2. チベット人日本語ガイドが同行します
3. ラサから雪山を仰ぎ見るダムシュンまで青蔵鉄道に「ちょい乗り」します
4. 大草原の広がるダムシュン、標高4,700mの高山湖ナムツォを訪れます

このツアーは割引サービスが適用されます。


現地だより

ラサから旅の最新情報 デプン寺の改修(ショトゥン祭に向けて)

関連よみもの

草原の上でピクニック イェルパ・ツェチュ祭
青蔵鉄道「ちょい乗り」のススメ
夏の楽園 ダムシュンの大草原と天空の湖ナムツォ
ガンデン寺で巡礼路ハイキングを楽しむ
聖都ラサの見所をご紹介!
チベット旅行 よくあるQ&A (チベット自治区編)

添乗員報告記

添乗報告記●チベット最大のお祭ショトゥンと夏のラサ(2012年8月)
添乗報告記●チベット最大の祭ショトゥンと天上の湖ナムツォ9日間(2010年8月)
添乗員報告記●青蔵鉄道で行く遙かなる聖都ラサとシガツェ・ギャンツェ ショトゥン祭スペシャル 10日間(2007年8月)


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
経由・乗継
成都
08:30~15:15 東京(成田または羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)を出発。空路、経由便または乗り継いで成都へ。到着後、ガイドとともにホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 /  - 
2成都
ラサ
ツェタン
早朝:ガイドとともに空港へ。国内線で、ヒマラヤ山脈の東端・横断山脈を飛び越え、チベットの都・ラサへ。到着後、チベット人発祥の地といわれるヤルルン渓谷のツェタン(約3,550m)へ。
午後:高所順応も兼ねてゆっくりと初代チベット王の宮殿ユムブラガン(下車観光)、チベット最古の寺院ともいわれるタントゥク寺を観光します。(走行=約1時間半)
  宿泊●ホテル泊 食事●機内 / 昼 / 夕
3ツェタン
ラサ
午前:車でツェタンを出発。チベット最初の僧院であり、立体マンダラとして有名なサムイエ寺へ。(約1時間)
午後:車でラサ(3,658m)まで移動。(走行=約2時間)ジョカン寺を囲む巡礼路バルコルなどに散策へ出掛けます。途中、茶館で休憩します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ラサ午前:天空の宮殿・ポタラ宮を観光します。
午後:河口慧海、多田等観が学んだ問答の寺・セラ寺を見学します。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5ラサ午前:巡礼者で賑わうサンゲ・ドゥングを参拝します。
午後:昼食は、ラサ郊外の民家で、バター茶やツァンパなどチベット家庭料理を食べます。その後、チベット仏教の総本山・ジョカン寺を訪れます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ラサ
ガンデン寺
ラサ
(8月26日発は、
ラサ
ダク・イェルパ
ラサ)
早朝:ラサを出発。九十九折りの道を上がり、巡礼者に混ざってガンデン寺ヘ。本堂を参拝したら、ガンデン寺の巡礼路をハイキング。昼食はピクニックランチです。
午後:ラサに戻り、旧市街を散策します。
================
<8/26(土)発のコース>
終日:車でラサ郊外のダク・イェルパへ。イェルパ・ツェチュ祭を見学します。巨大なタンカとチベット・オペラ「アチェ・ラモ」の上演を楽しみます。緑の美しい草原で現地の人々に混ざってピクニックランチを楽しみます。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7ラサ
ダムシュン
ナムツォ湖
ダムシュン
ラサ
青蔵鉄道で大草原の町ダムシュン(4,300m)へ(約2時間)。その後、車に乗り換えてランチェン・ラ峠(5,132m)を越えて「天空の湖」ナムツォ(4,718m)へ。(走行=約2時間)天候が良ければ、美しいブルーの湖面を眺めながら湖畔の巡礼路をハイキング。(歩行=約1時間半)その後、ラサへ戻ります。(走行=約4時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8ラサ
北京
午前:フリータイム
午後:空路、経由便または乗り継いで北京へ。
夜:北京到着後、ガイドとともにホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 機内
9北京
東京・大阪・名古屋
<東京・大阪>
早朝:係員とともに空港へ。
午前:空路、帰国の途へ。
午後:東京(羽田または成田)、大阪(関西)着
=====
<名古屋 ※朝食付>
午後:係員とともに空港へ。
夕刻:空路、帰国の途へ。
夜:名古屋(中部)着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発 [ 大阪発を見る・名古屋発を見る ]
2017/10/07(土)358,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/5/20(土)348,000円
2017/6/3(土)358,000円
2017/7/15(土)378,000円
2017/8/9(水)☆催行決定398,000円
2017/8/26(土)☆※イェルパツェチュ祭368,000円
2017/9/16(土)378,000円
大阪発 [ 東京発を見る・名古屋発を見る ]
2017/10/07(土)348,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/5/20(土)338,000円
2017/6/3(土)348,000円
2017/7/15(土)368,000円
2017/8/9(水)☆催行決定398,000円
2017/8/26(土)☆※イェルパツェチュ祭358,000円
2017/9/16(土)368,000円
名古屋発 [ 東京発を見る・大阪発を見る ]
2017/10/07(土)358,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2017/5/20(土)348,000円
2017/6/3(土)358,000円
2017/7/15(土)378,000円
2017/8/9(水)☆催行決定398,000円
2017/8/26(土)☆※イェルパツェチュ祭368,000円
2017/9/16(土)378,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●4名(☆は2名催行)(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●中国国際航空、中国東方航空、四川航空
利用予定ホテル●
【成都】錦江賓館錦苑楼、岷山飯店、銀河王朝大酒店
【ツェタン】山南雅礱河酒店、澤当賓館、*ユーロン假日酒店
【ラサ】シャンバラホテル、タシチョタホテル、*デカンホテル、*タンカホテル、*ゴルカホテル、*敦固賓館、、*ガンゲンホテル
【北京】東航大酒店、北京豊栄君華酒店、首都機場賓館
*のホテルは浴室にバスタブがなく、シャワーのみの場合があります。
お一人部屋追加代金●56,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●目安0円(基準日2016年12月01日)
●注意点
※現在、ポタラ宮観光には入場制限があり、観光日、時間が変わる場合があります。
※復路北京での送迎は弊社の別ツアーのお客様と混載になる場合があります。

●高山病について
このコースは標高3,000mを超える高地に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。幣社としても高山病対策には万全を期していますが、健康な方でも高度の影響を受けて体調を崩す場合があります。健康に不安がある方や持病のある方は必ず事前に医師にご相談ください。お申込時に健康に関するアンケート、海外旅行保険へのご加入をお願いしております。ご協力をお願いいたします。

●代金に含まれないもの
各国空港税、燃油特別付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●空港税【事前徴収】
・日本国内空港税
(羽田:2,670円、成田:2,610円、関西:3,040円、中部:2,570円)
・中国出国税:90元(約1,510円)
・中国国内空港税:50元x2回(1,680円)、またはx3回(2,530円)
(2016/12/01現在)

●旅券(パスポート)
入国時に残存期間が6ヶ月以上必要

●査証(ビザ)
中国査証は15日以内は不要
※日本国籍以外の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますので自国の大使館や入国管理局にご確認ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2017-07-22発/総合評価★★★★★

7月のチベットは初めてでしたが、緑が最も濃い季節、見たいと願っていた菜の花畑も満開で、美しいチベットの景色を見ることが出来ました。
ラサは4年振り、ギャンツェやシガツェは8年振りになります。どこも変化が激しく、たった4年でラサの街がここまで、、、と衝撃を受けました。8年前には誰もいなかったカロラの変貌振りにもびっくりしつつ、商売に繋げるたくましさも垣間見ました。
現地の方々の観光客に対する対応の仕方にも変化があるように思います。こちらが日本人だと分かると対応が懐かしいものに変わるのも面白いですが。他者に対する反応が変化するほどに、漢民族が急激に増えているのかなと想像します。とはいえチベタンはやはり優しく、日本人と親和性が高く、旧暦のお釈迦様のイベントに合わせて村中、街中の人が聖なる山を巡礼し、早朝のバルコルは時計回りに祈りが渦巻いていました。きっと地球は、チベタンが時計回りに巡礼し、マニコルを回し、唱えたお経の力で回っているんじゃないかと、ちょっと本気で思うほど。
そして、ガイドの素晴らしさは言うまでもありません。解説の内容も聴くたびに深みが増しているように思います。また、会いに行きたいと思います。

ラサへ発つ成都空港でのチェックで、入境許可証に貼られていたはずのシールが剥がれてしまっていて、そのため通過させて貰えずぎりぎりまで足止めされました(というか、だめだと追い返されました)。成都のガイドさんがチベットの旅行社に連絡を取っても、そちらでなんとかしてくれ、としか言われなかった様子。もう駄目かと諦めかけましたが、ガイドさんの機転で別の(一番遠いお急ぎ用の)ゲートに変えたら、そちらではお咎め無く通過することが出来ました。時間がぎりぎりで、よりによって一番端にある搭乗口まで走り、なんとか間に合いました。
不可抗力であり、あのような国のシステムでは防ぎようもないとは思いますが、同じような事が起こって泣きそうになる風の旅行者が出ないように、なにか対応策を考えられないでしょうか(難しいかな・・・)。あそこで止められて行けなかったら、どうしようもないことだと分かっていても、御社に苦情を言いに行くところでした。それはもう号泣しながら。

おかえりなさい
入京許可証のシールの件ですが、チベットで確認して郵送しているのですが、何かの折にはがれてしまったようです。今後は、相互に確認して現場で慌てることのないようにします。今回は、不安な気持ちにさせてしまい申し訳ありませんでした。      

  • 2016-08-27発/総合評価★★

ラサのガイドさんは、ガイドの仕事が出来ていない。
高地なのに速く歩き、後をふり返らず、客がついてきてるか確認しない。

夕食の時オーダーを聞いて、家へ帰ってしまい、飲み物代を別途請求されたり。私が立替払いをしたり。祭りの山道で、1人の客がはぐれてしまったり。スマホを盗られた客の対応に困ってしまったり。高山病の客に注意を怠ってしまったり。

空港で早々と帰ってしまったり。とても(ガイドとして説明を聞く機会が少なく)がっかりでした。女房は、アンケートに答えたくないと。

おかえりなさい
大変申し訳ありません。今回のガイドは、直前に現地の事情でガイドが代わってしまい、全く適性を欠いたガイドになってしまいました。詳しくは、別紙でご案内した通りです。こういうことは、今までチベットにおいては、ほとんどなかったのですが、お恥ずかしい限りです。猛省し改善に努めます。      

  • 2016-08-27発/総合評価

今回の旅行の場合、評価のほとんどはチベットでの出来事ということになります。そうした時にチベットのガイドの良し悪しによって旅行の評価を決めざるを得ません。この場合、上記の理由により最低の評価をつけざるを得ないということです。一番はガイドの教育を徹底すべきです。
高山病で苦しめられました(必携になっていなかったので薬を持参しなかった)ので、もっと高山病についての注意を促したほうがいいのではないでしょうか。

おかえりなさい
この度は、ご期待を裏切る結果となり大変申し訳ありません。ガイドの件に関しましては別途メール等でご連絡申し上げた通りですが、ご指摘されても仕方ないと反省しております。再度現地と話し合いこのようなことがないよう努めて参ります。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求