添乗報告記

添乗報告記●デルゲ印経院と巨大尼僧院アチェンガル・ゴンパ 9日間(2018年4月)

 

ツアー名:東チベット・カムをチベット人ガイドがご案内 デルゲ印経院と巨大尼僧院アチェンガル・ゴンパ 9日間
添乗期間:2018年4月28日(土)~5月6日(日) 
文・写真:中村昌文

昨年に続いて2回目のアチェンガル・ツアー。今年は10名限定で小回りが利くようにしました。参加者は10名中9名がリピーターという濃いメンバーでした。

コースは、山と谷、深い森に包まれた緑豊かな「ソフトな」チベット文化圏であるギャロン(マルカム、日隆)と、雪が舞う高い山と峠、ヤクや羊が闊歩する草原の広がる「ハードな」チベット文化圏であるカム(カンゼ、デルゲ、アチェンガル)を両方堪能し、チベット自治区との違った開放感も感じられるというとても刺激的な旅でした。

  • いくつものトンネルを抜けました
  • 意外に大きなマルカムの街
  • マルカムでは夕方になると広場でダンスが始まります
  • これぞ少林バスケ!?
  • ギャロン地方の4大土司(地方領主)の1つが拠点としたツォクチェ村
  • 村は石畳の街並が美しいのです
  • ツォクチェ村のお堂を守るおじいさん
  • 峠を越えてギャロンからカムへ突入します
  • ダンゴ僧院で奉られていた砂曼荼羅
  • お坊さんたちの法要を垣間見ることもできました(ダンゴ寺)
  • 雪の中をアチェンガルを目指す
  • 川の屈曲部を尼僧の僧坊が埋め尽くす(アチェンガル)
  • 僧坊がひとつの街のようになっています(男子禁制)
  • お婆さんの尼さんの姿も多いのが印象的
  • 雨にも雪にも負けずお参りにでかけます
  • 雨にも雪にも負けずお参りにでかけます
  • 雨にも雪にも負けずお参りにでかけます
  • この方がアチェンガルで一番偉いお坊さんです
  • お堂の中で勉強をする尼僧たち(アチェンガル)
  • 道中、なんどもヤクに道を阻まれました
  • ヤクをバイクで追うのがカムパ流?
  • デルゲの街の中心デルゲゴンチェン寺
  • デルゲ・ゴンチェンでも法要の真っ最中で砂曼荼羅もありました
  • デルゲのゴンチェン寺でも法要にお邪魔させてもらいました
  • こら、まじめに法要に参加しなさい(笑)
  • 現在でもチベット大蔵経を刷り続けるデルゲパルカン(印経院)
  • 熟練の職人が二人一組で早業のように印刷します
  • パルカンを巡礼する人々
  • 雪の山々をいくつも越えて(くぐって)進みます
  • 雪山に囲まれたカンゼの街
  • 街からも雪山を見上げます(ガンゼ)
  • このバケツ、中身はすべてバターなんです
  • 雪山をバックに問答に励む小坊主たち(ガンゼゴンパ)
  • 巡礼にきていた近所のおばさんたち(ガンゼゴンパ)
  • 天候が回復して雅拉(ヤラ)雪山も顔をだしました!
  • ギャロン建築の特徴である石積みの望楼
  • 最後は馬で山を登ります
  • スークーニャン(四姑娘)山の雄姿が広がりました

前半は、雪に苦しめられ峠が越えられずトンネルを利用。巨大な尼僧院アチェンガル・ゴンパでは雪が降りしきる中、リンポチェ(高僧)が亡くなられた方のご遺体を送り出す儀式を目の当たりにしたり、尼さんが暮らす僧坊周辺を散策したり、お寺で説法を聞いて勉強している様子を見学したりと、チベットの僧院生活をじっくり見学。翌朝は雪景色の僧坊を丘の上から眺めることもできました。

中盤は、アチェンガルから四川省とチベット自治区の境を流れる金沙江沿いに進み、対岸のチベッ自治区に思いをはせつつ、今尚版木でチベット大蔵経を印刷し続ける印経院(パルカン)のあるデルゲ、そしてカムの中心都市ガンゼへ。ペユル(白玉)、デルゲ(徳格)、ガンゼ(甘孜)では、大きな町でありながら「道を歩いている人が90%以上チベット人」という本来は当たり前なのにチベット自治区では考えられない「濃いチベット」であるカムの街と、大勢のお坊さんが元気に活動するチベット仏教の僧院を堪能しました。

後半は天候が回復して雪山、さらにギャロンを代表する石積みの望楼と絶景のオンパレードで、騎馬トレックもできて大満足。
さらに、ガイドとドライバーたちが細やかな気配りと、彼ら自身がギャロン・チベット族というバックボーンを発揮して大好評。
状況が流動的なこの地域、地元に詳しいガイド、ドライバーの存在は非常に心強いものがありました。

来年には外国人の入域が制限されるとも噂されるアチェンガル。
9月に急遽追加設定を予定していますのでしましたので、気になっている方は今年中に行くことをお勧めします。

<関連ツアー>

草原に突如現われるアチェンガル・ゴンパ©高橋朝彦カム&ギャロン地方をチベット人ガイドがご案内
デルゲ印経院と巨大尼僧院アチェンガル・ゴンパ 10日間

最少催行人員●4名(定員10名) 添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し6名以上の場合は同行)


ツアー概要東チベット・カム地方の大草原に突如現われる巨大な尼僧院アチェンガル・ゴンパを目指して、草原を走り峠を越える冒険の旅。9/15発を急遽設定しました。