つむじかぜ 587号  風カルチャークラブ最新号の蔵出し企画をご紹介! 号

つむじかぜ587号



風カルチャークラブ最新号の
蔵出し企画をご紹介! 号


特集1風カルチャークラブvol.36(2016秋季/冬季)が出来ました!



風カルチャークラブvol.35
風カルチャークラブvol.35

今回の新企画では、インドを取り上げた座学や、密教美術が専門の川﨑一洋さんがお客様として参加するから企画してほしいと希望のあった台湾への旅、まだ企画中のため予告として掲載している、タイの照葉樹林、スラウェシ島の動物観察など盛り沢山です。

また、6月に福島県の浜通り地方を視察してきた嶋田が、今見ておかねばという思いで急遽企画したジオとエネルギーという視点で見る福島の旅が10月にあります。


→ 「風カルチャークラブvol.36」のご請求はこちら!


以下に、新企画の一部を紹介します!
他の新企画もwebページ上で徐々に公開しています。どうぞご注目ください。




特集2催行確定! 週末出発! まだ間に合うモンゴルツアーはこれ!


8/6(土)発
そのロケーションに一目惚れしてしまい、企画担当の山田が急遽作った新企画。川沿いには花が咲き、森にはたくさんの木苺が実る自然豊かなエリアです。

自然を愛で乗馬を楽しむ

森と川と草原の騎馬トレックキャラバン8日間

2名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/07/13(土) ¥408,000 東京 募集中
2019/08/03(土) ¥428,000 東京 もうすぐ催行決定
2019/08/10(土) ¥428,000 東京 もうすぐ催行決定
2019/08/18(日) ¥418,000 東京、大阪 2名催行
2019/09/07(土) ¥408,000 東京 もうすぐ催行決定
森と川と草原が織り成す自然豊かなエリアで乗馬を楽しみます。上級者限定の2泊3日のテント泊キャラバンツアーです。

詳細を見る


8/13(土)発
なんと8年ぶりに添乗員付き催行が確定! 次はいつになるかわかりません。風の乗馬ツアー最高峰、遊牧民さながらの大草原キャラバンツアー。この機会にゼヒ!


8/20(土)発
日本語ガイド&駐在員のケアで安心で楽しく乗馬ができます! ツアー中には動画や写真撮影サービスも。撮影したデータは帰国後にプレゼントいたします!

 その他の催行人員到達ツアーもチェック!



特選!風カルチャークラブ情報


近日開催でまだまだ受付中の講座およびツアーです。他にもありますから、どうぞお問合せください!



7/30(土)発
夏の高尾山で昆虫観察 
~昼はアオタマムシに期待 夜はどんな虫との出会いが?~


7/30(土)発
関八州・日帰りの山
甲州 富士山小御岳(2304m)から吉田口馬返


8/18(木)発
カナダで乗馬
ゲストランチに滞在、愛馬と過ごすカントリーライフ

 




今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【風女子ときめき旅話】
機内で出会ったちょっと気になる○○
機内で太鼓たたいちゃダメww
【お知らせ】
秋/冬/春のお祭ツアー募集中
いくならどのツアー?(ブータン)

せっかく行くならお祭りツアー!
【お知らせ】
メキシコとグアテマラのマヤ遺跡を紹介します
古代ロマンに浸る…!
【風の鳥日和】
【開講記】梅雨の晴れ間の霧ヶ峰で夏鳥観察
可愛らしい鳥の写真満載!
【モロッコ支店便り】
ラシッドのメルハバ!
ミニミニモロッコニュース 最近のモロッコ

最新モロッコプチ情報


お待ちかね!風のイベント情報


東京・風のイベント


【タイトル決定!】風の感謝祭 ~ありがとう25周年~

風の旅行社 設立25周年記念を記念したBBQ大会。海外からのゲストも参加予定! イベントに合わせた講座やツアーも企画中!

  • 日 時:10/16(日)13:00~
  • 会 場:水元公園(東京・金町)
  • 参加費:大人:3,500円


外部イベント


展覧会「世界の刺繍」
四季の情趣を表現した日本の刺繍、オート・クチュールの熟練の技が生み出すヨーロッパの華麗な刺繍、それぞれの民族で伝承された色彩や文様が表されたアジアやアフリカの民族衣装など、約35か国のさまざまな刺繍を紹介。

  • 日 時:開催中~9/8まで(日・祝休館、夏休あり)
  • 場 所:文化学園服飾博物館(東京・渋谷)





風の向くまま・気の向くまま ―第四百十一話―

 

代表取締役 原 優二


●引っ越し


私が、自宅を出て自立したのは19歳の3月だった。親父のセダンに布団と衣服、文庫本程度の荷物を載せて飯田市から松本市まで行った。日程に余裕がなく夜の引っ越しになった。アパートは、松本の信州大学キャンパスの近くで、農家が納屋を改造した小屋だった。“賄いなしの下宿屋”といったほうがピッタリくる。そこに、信州大学の学生ばかりが8人、入居していた。

同じ棟に4人いたが、医学部の先輩が主導して飯当番制が敷かれ、まるで合宿のような生活を一年間おくった。だから、寂しさも何も感じずに過ごせたが自由はなかった。たった4畳くらいの狭い部屋で布団と炬燵、机、本棚一つしかなかった。それでも、家を離れての暮らしは快適であった。

翌年、東京に出てきた。とはいっても、大学の近くにある同じ大学の学生ばかりが入っているこれまた“賄いなしの下宿屋”で、飯当番こそなかったものの、始終他人が部屋を行き来する、ほとんどプライバシーのない、いわば「ときわ荘」のような共同生活をまた一年おくった。

翌年、キャンパスが替わったので品川区に引っ越し、初めて一人でアパート暮らしをした。とは言っても4畳半の一軒家。一軒家というと格好はいいが、要するに“小屋”である。相変わらず家具らしいものは何もなかったが、道端で拾ってきた白黒のテレビと、電気屋の店先に置いてあった1万円の中古の冷蔵庫が増えた。

しかし、ここも一年半で取り壊しにあって、近くに引っ越した。今度は6畳のトイレ共同のアパートである。6畳は、とても広く感じ、贅沢にもベッドを買った。2年半後、就職して足立区の1DKのアパートに引っ越した。広いが、増えたのは本棚くらいで風呂もなかったからあまり変わり映えはしなかった。

田舎の高校生は、大学に行くことで大抵家を出て自立する。自立といえるどうかは疑問だが、私は、結構、一人で生きていくんだ、くらいの興奮状態で家を出たように思う。母や父がどう思っていたかなどということは、考えたこともなかった。

先週、長男が家を出てアパートに引っ越した。引っ越し屋に頼むほどの荷物はないので、自家用車のワンボックスワゴンで私が運転し荷物を運んだ。アパートの脇に車を止めるわけだが、その道へ入る路地が狭く、バックでしか曲がれず、少々難儀した。荷物は、ちょっとしかないから時間はかからないが、暑い日の引っ越しは辛い。

この日は、日曜日だったが会社で私が長年お付き合いしているNPOのグループが説明会をやるので、午後は、会社に出なくてはならなかった。別れ際「ありがとう」と言っていたから、まあ、それなりに思うところはあるのだろう。私同様、親のことなど考えることはないだろうが、それでいいと思う。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼7月16日(土) 23時30分~23時55分 NHK総合1・東京 【ウユニ塩湖】
ブラック・ユニバース ~宇宙に抱かれる特別な夜~
南米ウユニ湖の鏡面星空など究極の星空絶景から宇宙に秘められた3つの謎に迫る。果たして銀河中心の超巨大ブラックホール、ダークマター、黒い太陽・皆既日食の姿とは?


▼7月17日(日) 21時00分~21時30分 TOKYO MX1 【ベトナム】
水曜どうでしょう Classic
★原付ベトナム縦断1800キロ(ハノイ→ホーチミン)

今も色あせることなく最後の感動は胸に迫る。最終話はゴールホーチミンへ!!


▼7月19日(火) 21時00分~21時54分 テレビ朝日 【モロッコ】
世界の村で発見!こんなところに日本人 アフリカのサハラ砂漠!謎の無職独身女性
アフリカ・モロッコ!過酷な乾燥地帯にせいじが!撮影NG…木に登るヤギ…サハラ砂漠の入口に住む日本人女性とは!?マル秘景色に一目惚れ!離婚、退職し、この地へ…波乱の人生


【今週の気になる動画】

町中でも虫の鳴き声が聞こえてくる今日このごろ。コオロギやアオマツムシは良く見かけますが、「そう言えば野生のスズムシって見たことがない」という方も多いのではないでしょうか。

風カルチャークラブの新企画「8/27(土) 夏の夜、里山で鳴く虫探し」の講師・政所名積さんが苦労して撮影したという、神奈川の夜に鳴くスズムシの姿をご覧ください。



編集後記


大好評シリーズ 動物ふれあいウォッチング

代表・原の息子さんも無事に一人立ちしたとのことですが、鳥業界でも巣立ちの季節を迎えています。

今月初旬、バードウォッチングツアー「風の鳥日和」は、村内に巣箱を設置してブッポウソウの保護活動を続けている長野県天龍村にて観察会を行いました。7/11(月)のサブタイトルは『見れるか巣立ち』という事だったのですが、狙い通り、まさにぴったりのタイミングで巣立つ雛の姿を確認することができたそうです。


巣立ったブッポウソウ
巣立ったブッポウソウ



その秘密がこちら。天龍村では毎年ブッポウソウに関するデータを取っており、およそいつ頃に巣立つか事前に分かるようになっているのです。それにしても、鳥の体内時計の正確さにはびっくりしてしまいますね。


年 度 渡来日 産 卵 ふ 化 巣立ち
2016年 5/1 5/22 6/16 7/10
2015年 5/2 5/21 6/16 7/10
2014年 5/2 5/23 6/18 7/12
2013年 5/1 5/22 6/16 7/11

※データは天龍村公式ページより


ちなみに、翌12日の朝には全ての雛が巣立ったということで、もし、ツアーが1日ずれていたら…と考えるとゾッとしてしまいます。ともあれ、近年、数を減らしているというブッポウソウ。今回巣立った雛たちも、無事に大きくなってもらいたいものです。

バードウォッチング担当ひらのによる報告記は、来週の「つむじかぜ」に掲載予定です。乞うご期待!



(かわかみ)




※次号588号は2016年7月21日頃の配信予定です。
——————————
 
■つむじかぜ587号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日 :2016年7月14日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2016 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)