つむじかぜ 717号 モンゴル支店設立20周年記念! 「そらのいえ」ミニ・ナーダム祭を見に行こう! 号

つむじかぜ717号



モンゴル支店設立20周年記念!
「そらのいえ」ミニ・ナーダム祭を見に行こう! 号



特集1風の旅行社モンゴル支店設立20周年記念! ミニ・ナーダム祭開催!


弊社直営の温泉付ロッジ「そらのいえ」に宿泊しながら、風主催のミニ・ナーダムを観戦します!

地方のナーダムは首都ウランバートルで開催する国家ナーダムより規模は小さいですが、競馬や相撲を間近で観戦できるのが魅力! 田舎ならではの遊牧民とのふれあいも楽しめるナーダムを一緒に楽しみましょう!


☆乗馬も楽しみたい方はこちら!

温泉付直営キャンプ「そらのいえ」に泊まる

アルハンガイ草原乗馬とミニナーダム祭9日間

8名催行日本語ガイド早割

アルハンガイの大自然での乗馬と近郊で開催するミニナーダムを間近で観戦。滞在中は180度パノラマ草原温泉で疲れをゆっくり癒すことができます。
出発日設定2019/08/17(土)
ご旅行代金383,000円
出発地東京

詳細を見る

☆乗馬より世界遺産観光をしたい方はこちら!

温泉付直営キャンプ「そらのいえ」に泊まる

アルハンガイ世界遺産巡りとミニナーダム祭9日間

8名催行日本語ガイド添乗員早割

温泉付キャンプ「そらのいえ」に宿泊し、ハンガイエリアの世界遺産を巡り、近郊で開催するミニナーダムを間近で観戦するモンゴルのハイライトツアーです!
出発日設定2019/08/17(土)
ご旅行代金383,000円
出発地東京

詳細を見る


モンゴルツアー一覧はこちら


特集2桜だけじゃない! 海外お花見ツアー特集


東京はいよいよ桜も散り始めましたが、花見を楽しめるのは日本だけではありません。緯度が高い国々では、短い夏を謳歌するように草原の花々が一気に開花します!


お花畑が期待できるベストシーズンに設定。ハーブ+ハイキングの旅



6/28(金)発は、ブルーポピーやキャンプ地周辺のお花畑に期待!

チベット人ガイド同行 ギャロン地方を馬で行く

四姑娘山ホーストレッキング5日間

2名催行日本語ガイド早割

四姑娘山の麓でホーストレッキング! 時期によって様々に表情を変えるギャロン・チベット族の故郷を、馬上から静かにお楽しみください。
出発日設定2019/09/27(金)
ご旅行代金278,000円~294,000円
出発地東京、大阪、名古屋

詳細を見る



青い空と湖、緑の草原と花畑が広がる「天空の湖」へ!

3名催行日本語ガイド早割

夏の間、遊牧民が家畜を放牧する大草原(ジャイロ)となる、高山湖ソンクルへ。峠を越えて、谷を渡り、「ユルタ」に泊まりながらの騎馬トレックです。
出発日設定2019/07/19~2019/08/23
ご旅行代金372,000円~382,000円
出発地東京・大阪・名古屋

詳細を見る



オキナグサ、クサジンチョウゲ、ルリタマアザミなどが咲き乱れます

2名催行日本語ガイド

花が咲き乱れ、美しい川と森に囲まれた静かなキャンプがツアーの舞台。のんびりと滞在してゆっくりと流れる贅沢な時間をお過ごしください。
出発日設定2019/06/13~27の(木)~2019/08/22~09/12の(木)
ご旅行代金288,000円~318,000円
出発地東京

詳細を見る



8/10(土)発は、ブルーポピー咲くガンデン寺のセタン祭を訪れます

チベット・タイムトラベル 神話の世界から現代へ

[終了]ツェタンとラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 9日間

4名催行日本語ガイド早割

チベット最古の僧院サムイエ寺のほか歴史の街ツェタン、聖なる都ラサ、そして青蔵鉄道で大草原ダムシュンを経て、天空の湖ナムツォも訪れます。 ※8/10(土)発は、夏の高山植物も楽しめる ガンデン寺のセタン祭、8/24(土)発は、チベット仏教最大の祭典 ショトゥン祭、9/4(水)発は、草原の上でピクニック イェルパ・ツェチュ祭を見学します。
出発日設定2019/06/08(土)~2019/09/14(土)
ご旅行代金388,000円~408,000円
出発地東京・大阪・名古屋

詳細を見る



特選!風カルチャークラブ情報


そろそろGWツアーは手仕舞いになりつつありますが、GWの前後にもツアーや講座をご用意しております。風カルチャークラブのカレンダーページもどうぞチェックしてください。


【講座】



4/6(土)

小川康さんが誘う東秩父村へ

森のくすり塾 ~くすりの民俗学~

出発日設定2019/04/06(土)春 東秩父村に伝わる民間薬~2019/12/07(土)冬 お馴染み七味唐辛子
ご旅行代金4,860円
出発地

詳細を見る


4/6(土)

穂苅勲夫さんと歩く

関八州・日帰りの山

出発日設定2019/08/24(土)~2020/01/25(土)
ご旅行代金4,320円
出発地

詳細を見る


4/6(土)

穂苅勲夫さんと歩く

関八州・日帰りの山

出発日設定2019/08/24(土)~2020/01/25(土)
ご旅行代金4,320円
出発地

詳細を見る


【国内】




※残席1です

出発日設定04/21(日)〜4/23(火)3日間
ご旅行代金45,600円
出発地東京

詳細を見る


東北地方でも屈指のブナの原生林と地域の人たちが維持してきた里山を歩きます。黄色く色づいたブナの黄葉とそこに生きる動植物に思いを馳せる旅。
出発日設定05/18(土)〜5/19(日)2日間
ご旅行代金32,400円
出発地東京

詳細を見る


野外での薬草観察と室内での講義を宿泊しながらじっくり小川さんに解説してもらいます。
出発日設定05/25(土)〜5/26(日)2日間
ご旅行代金29,500円
出発地東京

詳細を見る


出発日設定05/25(土)〜5/26(日)2日間
ご旅行代金23,800円
出発地東京

詳細を見る


【海外】





【新企画】春のタイガの森を、トナカイに乗ってトレッキング(キャラバン)する、他に類を見ない特別企画ツアー。運がよければ生まれたばかりの仔トナカイに出会えるかも! 講師として、20年以上にわたって現地に通い続けるしゃがぁ理事長西村氏が同行。
出発日設定4/28(日)
ご旅行代金347,000円
出発地東京

詳細を見る


4名催行日本語ガイド

出発日設定05/31(金)〜6/7(金)8日間
ご旅行代金697,000円
出発地東京

詳細を見る


ウエスタンスタイルの牧場で過ごす乗馬三昧の4日間。広大な牧草地、針葉樹に囲まれた湖沼帯や白樺林で終日乗馬を楽しみます。ご自身で駆け足がだせる中級~上級者向けです。
出発日設定06/13(木)〜6/19(水)7日間~08/22(木)〜8/28(水)7日間
ご旅行代金478,000円~506,000円
出発地東京、大阪、名古屋

詳細を見る


 風カルチャークラブ 講座・ツアー一覧



今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【風の鳥日和】
【開講記】少なめでも様々な冬鳥がいます 冬の山中湖
快晴の中の探鳥、その成果は?

【風スタッフブログ】
【なにわ日記】モロッカンスイーツをお土産に
スイーツ好きならではの行動に・・・

【風スタッフブログ】
【なにわ日記】大阪イベント開始!
大阪ではイベントが続々行われますよー





お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


【東京開催】 草原乗馬を詳しく解説! 夏のモンゴルツアー説明会

青い大草原のシーズンは? どんな服装がいいの? 乗馬なんてしたことがないけど出来るの? などなど、皆さんの知りたい情報を写真とともにお話します。質問コーナーで旅の悩みもスッキリ!

  • 日 時:4/13(土)、5/18(土)  11:00~12:00
  • 会 場:風の旅行社 東京本社(東京・中野)
  • 参加費:無料


モンゴル家族旅 説明会&親子で作るフェルト羊

小学生以上のお子さま参加を対象とした子連れ限定企画「風のモンゴル家族旅」のツアー説明会。お話の後は、モンゴルからやってきた羊毛を使って、親子でフェルト羊を作るワークショップも開催します。祖父母の方とお孫さんの参加もOKです。

  • 日 時:4/13(土)  10:30~11:45
  • 会 場:風の旅行社 大阪支店(大阪・北区)
  • 参加費:無料


【大阪開催】モンゴルツアー説明会

直営キャンプほしのいえでの初級者対象コースや温泉も楽しめるそらのいえ、乗馬経験者にも好評のキャンプ紹介など、モンゴルの基本情報から各ツアー紹介まで、毎年開催し、好評の説明会です。

  • 日 時:4/20(土)  13:30~14:15
  • 会 場:風の旅行社 大阪支店(大阪・北区)
  • 参加費:無料


昼下がりのジョージア説明会

ワイン発祥の地ととも言われ、コーカサス山脈の南に位置する自然豊かな国。最近は栃ノ心関の出身地としてテレビで紹介されるようになりました。世界で2番目にキリスト教を国教としたほど歴史ある国。そんなジョージア(旧グルジア)を紹介いたします。

  • 日 時:4/20(土)  14:30~15:15
  • 会 場:風の旅行社 大阪支店(大阪・北区)
  • 参加費:無料


海外サイクリングの魅力 -モンゴル・アンコールワット・ヒマラヤ越え・モロッコほか–

TORQUE×風カルチャークラブ共催! 海外での自転車旅の魅力をサイクリングガイドの丹羽隆志さんが楽しい語りで紹介いたします。会場は昨年オープンしたばかりのサイクルカフェ&ダイニング[TORQUE](トルク)です!



ツアー同行講師・西村幹也が語る -草原とタイガとバヤンウルギー ツアーの準備と実際-

ゲストに「NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ」理事長の西村幹也さんを迎え、2019年8~9月の西村さん同行モンゴルツアーをご紹介いたします。

  • 日 時
    東京開催:6/26(水) 19:00~21:30
    大阪開催:6/27(木) 19:00~21:30
  • 会 場
    東京開催:風の旅行社 東京本社(東京・中野)
    大阪開催:Gallery&Cafe Tina Lente(大阪市・中崎町)
  • 参加費:無料






風の向くまま・気の向くまま ―第五百四十一話―

 

代表取締役 原 優二


●美しさの連鎖


モーツァルトの生家は、ザルツブルクのど真ん中、旧市街地のゲトライデガッセというメイン通りにある。とはいってもザルツブルクは人口15万人ほどの田舎の小都市だから、そんなに大きな繁華街ではない。人口では、30年ほど前に私が住んでいた長野県丸子町の隣町・上田市とほぼ同じでだから大体想像がつく。ちょっと歩けば町の隅々まで分かってしまうほどの広さだろう。

モーツァルトの生家は、ホーエンザルツブルク城と並んで、ザルツブルクを訪れる人なら必ず立ち寄る場所である。狭いアパートのような建物だが、いくつかの部屋に自筆の楽譜や幼少期に使ったバイオリンなどが展示されている。廊下も狭く部屋も決して広いとは言えない。1756年に生まれ7年間しかモーツァルトはここに住んでいなかったそうだが、それが今、観光名所となりザルツブルクのシンボルになっている。いやはや大変な財産である。

いうまでもないがザルツブルクは綺麗な街である。ホーエンザルツブルク城にも行ったが、眼下に見下ろす街の美しさには、ついうっとりしてしまう。景観を守るために努力していることもよくわかる。マクドナルドの看板は20cm四方程度で目立たない字でMのあのロゴが書いてあるだけだ。そもそも街に大きくて下品な看板などない。

それに比べ、日本の田舎のバイパスは、どこへ行っても全国チェーンの看板が立ち並び、景観も何もあったものではない。日本は、ほんの一部を除いて古いものはどんどん消えていく。実に寂しい話である。木の文化だから仕方ないということではなかろう。

こんなことは、何もザルツブルクに限ったことではないし、ヨーロッパでは普通のことなのかもしれない。今更、何を言っているのと嗤われてしまいそうだ。しかし、日本には日本流のやり方があってしかるべきである。まずは、電柱を地下に埋め看板を規制すれば、それだけでも全く違う。

そういえば小池都知事が、電柱の地下化を掲げていたように記憶している。あれは、どうなっているのだろうか。汚さが連鎖するように、美しさもまた連鎖する。まずは、東京からである。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼4月4日(木) 26時45分~27時00分 NHKBS1 【南米】
美しき世界の山々「ギアナ高地(ベネズエラ)、パタゴニア(チリ)」
地球最後の秘境、南米ギアナ高地で最大級のテーブルマウンテン・アウヤンテプイを横断。また、氷河に覆われたパタゴニアのパイネ山群も紹介する。


▼4月6日(土) 19時30分~21時00分 NHKBSプレミアム 【中国】
空旅中国 万里の長城
「万里の長城」。そもそもの姿は?築いた目的は? 「中国初の長城」なる壁から旅を始め、ドローンで砂漠から海まで飛び、その歴史をたどる。


▼4月6日(土) 22時30分~23時30分 NHKBSプレミアム 【シルクロード】
シリーズ深読み読書会「井上靖“敦煌”」
井上靖の代表作「敦煌」。砂漠の洞窟で発見された万巻の仏経典から着想した壮大な歴史ロマンの謎について、文学探偵たちのエキサイティングな深読みが展開する。


▼4月7日(日) 5時00分~6時00分 NHKBSプレミアム 【南米】
大河アマゾンを行く
世界最大の大河アマゾンに生息する魚類は3000種類を超える。河口付近、さらに2500キロ上流へさかのぼった支流の姿を紹介する。


▼4月10日(水) 23時45分~24時45分 NHKBSプレミアム 【中米】
コズミック フロント☆NEXT▽宇宙からの素粒子で探る 古代ローマとマヤ遺跡
日本のミューオン透視技術によりエジプトの大ピラミッドから巨大な未知の巨大空間が発見された。次なる古代史の謎の解明に挑戦する。



編集後記


4月1日、新しい元号「令和」が発表されました。平成の時もそうでしたが、聞いた直後は馴染みにくい元号だな、と思ったのですが先日、ある記事を読んで急に親しみがわいてきました。

4月2日の毎日新聞に掲載された記事には、「令和」はチベット語で「希望」を意味する「rewa レワ」と発音が似ているので、チベット人がとても喜んでいる。なんてことが記載されていました。

掲載されていた写真は、チベット料理店タシデレの店主で、弊社とも非常に懇意にしている方ということもあってなんだか、嬉しくなりました。日本の新元号がこんな形でチベットの方に希望を与えるなんて、なんだか不思議です。


(やまだ)



lineスタンプ イエティくん

風のLINEスタンプ、できました!

ヒマラヤに暮らすイエティくんが、ネパール語でご挨拶。旅や、風の旅行社にちなんだ言葉も出てきます。ぜひ使ってみてくださいね〜♪
スタンプ詳細・ダウンロード

lineスタンプ イエティくん



※次号718号は4月11日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ717号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2019年4月4日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2019 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)