つむじかぜ 734号 全て催行決定!  西村幹也さん同行ツアーでモンゴルにはまろう! 号


 

つむじかぜ734号



全て催行決定!
西村幹也さん同行ツアーでモンゴルにはまろう! 号



特集1 8月ツアーはお急ぎ下さい! 西村さん同行ツアー全て催行決定!


20年以上モンゴルでのフィールドワークを続ける西村幹也さん。8~9月の同行ツアーが全て催行決定いたしました。
8/18発も今週中にご予約いただければ滑り込みセーフです! お急ぎください!



出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/18(日) ¥276,000 東京・大阪 催行決定
遊牧民家族のお仕事を一つずつ実際にやっていただく、実践・体験型ホームステイをしながら、滞在中、その年に生まれた仔馬の健康に祈りと願いを込める、焼き印の儀式に立会います。講師として、20年以上にわたって現地に通い続けるしゃがぁ理事長西村氏が同行。

詳細を見る


出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/25(日) ¥367,000 東京 催行決定
2019/09/01(日) ¥367,000 東京 催行決定
木々の葉が黄金に輝く秋のタイガの森を、トナカイに乗ってトレッキング(キャラバン)する、他に類を見ない特別企画ツアー。講師として、20年以上にわたって現地に通い続けるしゃがぁ理事長西村氏が同行。

詳細を見る


出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/09/11(水) ¥367,000 東京 催行決定
芸術的な狩猟方法鷹狩りを実践するカザフ民族。毎年行われる鷹匠によるイヌワシ祭を観戦するコース。長年この地の調査を重ねている西村氏が同行。

詳細を見る



特集2 騎馬トレックで行く「草の海」ソンクル湖 9日間(2019年8月)


美しい大自然の中を馬の背に揺られつつ、テントやユルタ(遊牧民の移動式テント)キャンプに泊まりながら馬で旅する「馬旅」は、キルギスならではの旅の楽しみ方として、近年注目されています。


景色はもちろん、とっても“うま”い、キルギス料理も参加者を楽しませてくれました。毎日食べすぎを心配し、食べ過ぎたら馬に「タダでさえ重いのにごめんな」と謝りながらの騎馬トレッキングでした。

「馬」と「美味い」、キルギスの2つの「うま」をレポートします。



【添乗報告記】●”うま”し国キルギスを堪能! 騎馬トレックで行く「草の海」ソンクル湖 9日間(2019年7月)


特選! テーマいろいろKAZEの国内企画


あの伝説の(?)講座がこの夏復活! 8/23(金)、8/30(金)は、丹羽さんと深夜の都心で自転車散歩。夜の闇を感じ、朝陽の有り難みを味わいます。



丹羽隆志さんがガイドする

自転車で東京散歩 -深夜編-

出発日設定2019/08/23(金)~2019/08/30(金)
ご旅行代金10,800円
出発地

詳細を見る

 
出発日設定机上講習 2019/08/28(水)
ご旅行代金要問合せ
出発地

詳細を見る

 
出発日設定2019/09/07(土)
ご旅行代金4,320円
出発地JR東海道線 大磯駅

詳細を見る


出発日設定2019/09/21(土)
ご旅行代金4,320円
出発地JR中央線 高尾駅

詳細を見る


~木元康晴さん&小林千穂さん同行~

夜行列車で行く 紅葉の尾瀬・燧ヶ岳

10名催行添乗員

湿原の草紅葉(くさもみじ)やダケカンバ、ナナカマドが見事な錦繍模様を織り成すシーズン、尾瀬の燧ヶ岳を木元康晴さん、小林千穂さんの案内で歩きます。
出発日設定2019/09/28(土)
ご旅行代金27,000円
出発地現地集合解散

詳細を見る




お待ちかね!風のイベント情報

外部イベント


「トルコ・トカットの木版〈バスク〉展」
トルコ北部・トカット県で作られている、600年の歴史を持つ木版プリント「バスク」。スカーフとしても広く庶民に親しまれてきました。その魅力や製法をお伝えする展覧会です。

  • 日 時:開催中~9/1(日) 9:00~21:00 ※月曜休館
  • 会 場:世田谷区「生活工房」
  • 参加費:無料
「ペルー岡山県人移住120周年~その絶えることなき絆~」
ペルーやペルー日系人に関するパネル展示、ペルー文化や料理に関するセミナーを開催。ペルー料理やペルー産カカオを使ったチョコレート、お酒「ピスコ」の試食なども楽しめる。

  • 日 時:8/11(日) 12:00~18:00
  • 会 場:とっとり・おかやま新橋館2F催事場(東京・新橋)
  • 参加費:無料



風の向くまま・気の向くまま ―第五百五十八話―

 

代表取締役 原 優二


●スマイリング・シンデレラ


ホール間の移動で、観客に手を振って笑顔で応じ、可能な限り観客とハイタッチをし続け、試合中なのにサインボールやサイン手袋を子供たちにプレゼントする。4日間ある試合期間中、日を追うごとにファンが増え続けた。

優勝を決めた瞬間、パターを高々と天に向かって差し上げ、その日最高の笑顔で喜びを表した。観客の誰もが、前からファンだったかのように歓喜の拍手でそれに応えた。実況をするアナウンサーも、“こんな選手は今まで見たことがありません!”と驚きを隠さない。

渋野日向子。昨年プロテストを合格したばかりの20歳の新人が、海外での初めての試合・全英オープンゴルフで優勝してしまったのである。樋口久子以来42年ぶり日本人2人目というのだから、どんなに凄いことかお分かり頂けるだろう。

本人も、「驚いています。とんでもないことをしてしまいました。なんで勝ったのか分かりません。いろいろ学びたいと思って英国に来たら勝ってしまいました」と満面に笑みをたたえながら話す。勝ったことも凄いのだが、その“笑顔”で世界中を魅了してしまったことに驚く。

“立ち食いは行儀が悪い!”と小さなっころから親にうるさく躾けられた私たちの世代からすれば、渋野日向子は行儀が悪い。ゲーム中、打つ合間におにぎりや駄菓子をパクパク食べる。心臓がバクバクしそうな場面でも、お菓子を食べて笑っている。しかも、観客は、好感をもってこの姿を受け入れてるのだから、ついこちらまで笑みがこぼれる。

海外メディアは「スマイリング・シンデレラ」と称し、「強烈なインパクト、まさにカリスマ的個性」などと評した。かつて、こんな評価を受けた日本人がいただろうか。こういう日本人が出てきたことに、頭を突然殴らたような衝撃を受けるが、その要因は一体何か冷静に考えてみた。

もちろん、個性としかいいようがないし一般化することはとてもできない。しかし、私が、亜細亜大学の同世代の学生と接していて感じるのは、彼らは、“日本が一番いい、日本に生まれてよかった”と素直に思っているということだ。

井の中の蛙大海を知らずなのだが、大海など知らなくていい。井の中で十分。そう感じているのである。だから、知らない世界におじけづく必要など全くない。英語ができないなんて当たり前。なんら恥ずかしいとは思わない。西欧文明への憧れとその裏返しの劣等感が染みついている私からすれば到底考えられない感覚である。

もちろん、これからが大変だ。注目され生活が一変し、期待感が強くなればダメなら酷評もされる。もしかしたら勝たなければよかったと後悔するかもしれない。しかし、私は、こんな若者が出てきたことがとても嬉しい。静かに応援したい。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼8月10日(土) 22時00分~22時50分 NHKBS1 【中国】
BS1スペシャル「天空のゆりかご~中国・大秘境に生きる~」
中国最後の大秘境。絶景に囲まれる地で、絶壁にある村から対岸へつながる一本のゴンドラは村人たちの暮らしを支えてきた。しかし村は今、変わろうとしている。感動の物語。
▼8月12日(月) 4時00分~4時30分 NHKBS1 【チベット】
青海チベット鉄道
中国の大都市とチベット自治区ラサを直結する「青海チベット鉄道」が2006年に開通。“秘境”チベットは一気に身近になった。夏の観光シーズンには大量の客を送り込む。
▼8月13日(火) 23時00分~23時30分 BS日テレ 【韓国】
東野・岡村の旅猿15~プライベートでごめんなさい~

「韓国・チェジュ島でグルメの旅」第5話チェジュ2日目を迎えた3人。朝食を終えた一行は射撃場を訪れ、テンションマックスに!
▼8月10日(土) 21時00分~21時54分 TBS1 【南米】
世界ふしぎ発見!復活したインカ帝国の奇祭 天空の温泉
インカ皇帝の宝を追う!アンデス山脈で復活した伝統の祭り。世界最高峰の天空温泉で見た絶景とは?超高高度?未来のスーパーフードの名物料理▽神々が宿る霊峰で奇跡が!
▼8月15日(木) 8時00分~9時00分 NHKBSプレミアム 【中国】
偉人たちの健康診断「三国志・曹操 頭が痛い!歯も痛い!」
三国志の英雄・曹操。2006年に発見された墓から出てきた遺骨や愛用の枕を現代医学の目で検証。謎に包まれた曹操の死因につながる深刻な病の存在が浮かび上がってきた。


編集後記


毎日暑い日が続いていますね。8月の日本の最高気温記録は岐阜県美濃の41℃だとか。もはや外に出ることはキケンなレベル・・・。と思っていたら、世界には50℃をこえる国がチラホラあるので恐ろしいことです。

弊社取扱地域でいえば、この時期はウイグル自治区やモロッコあたりは40度超えになるのでご旅行される方はご注意を。ただし、日本のように湿度がないので日陰に入るだけでかなり体感温度が下がるのは救いです。

そんな暑い国を涼感グッズ片手に旅をしていた方のSNS投稿をみていたところ、ミストが出るミニ扇風機が秀逸すぎると人だかりが出来て大盛り上がりになったとか。思わぬものが交流のきっかけになるものですねー。

(やまだ)



※次号735号は8月15日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ734号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2019年8月8日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2019 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)