つむじかぜ 748号 ベストシーズンなう 寒い日本を飛び出してインドシナへ! 号


 

つむじかぜ748号



ベストシーズンなう 
寒い日本を飛び出してインドシナへ! 号


特集1 年末はベストシーズンのインドシナはいかがです?


乾季の真っ只中となるインドシナの年末年始は暑さやわらぐ観光シーズン。どのツアーも絶賛募集中! 寒い日本を飛び出して暖かい国で年を越しませんか?


12/27(金)発

3名催行日本語ガイド早割

カルスト地形が生み出した絶景の中のドライブや美しい棚田、その中に点在する少数民族の村訪問、美しい民族衣装をお楽しみ下さい。
出発日設定2019/10/11(金)~2020/03/20(金・祝)
ご旅行代金217,000円~248,000円
出発地東京・大阪・名古屋、東京

詳細を見る

12/28(土)発

ナッカドー(霊媒師)にもご対面

ミャンマー周遊ふれあいの旅9日間 100

4名催行日本語ガイド早割

ナッ神との交信を手助けするナッカドー(霊媒師)に話しを聞いたり、聖地に巡礼する人々とふれあったり、田舎の牛車に乗ってみたり、田舎の朝市を訪れたり、ひと味違うミャンマーに出会う旅です。
出発日設定2020/08/29(土)~2020/10/24(土)
ご旅行代金312,000円~365,000円
出発地東京、大阪、名古屋

詳細を見る

12/28(土)発

日本の冬がベストシーズン、優しくて人懐こい村人との交流、ホテルの移動がないので楽、食べ物が美味しい!遺跡が素晴らしい!といった魅力がたっぷりです。
出発日設定2020/12/26(土)【予価】
ご旅行代金276,000円~368,000円
出発地東京・大阪・名古屋

詳細を見る



寒いけれどこちらもおススメ!
12/29(日)発

3名催行日本語ガイド早割

世界遺産の2つのカルストの奇観(武陵源、梵浄山)に加え明代の古城や、ミャオ族の村々を訪ねる7日間。お祭りに合わせた出発日も設定。
出発日設定2019/11/21(木)~2020/03/05(木)
ご旅行代金315,000円~398,000円
出発地東京、大阪、名古屋

詳細を見る


特集2 チベットのお正月「ロサール」を味わう


チベットのお正月「ロサール」の行事「グトー(晦日)」。日本の年越しにも似た団らんの様子をご紹介します。

チベットのお正月「ロサール」と「グトー」

年末年始のチベットツアーでは、毎年このグトーの行事を再現して楽しんでいただいています。ツアーご予約はまもなく締め切り! 体験希望の方はお急ぎください!


冬の巡礼シーズンに訪れる

青蔵鉄道で行く 冬のラサ7日間

4名催行日本語ガイド早割

世界最高所を走る青蔵鉄道に乗ってチベットの聖都ラサを訪れます。冬は農閑期のためラサにはたくさんの巡礼者が訪れ、街は熱い信仰心で満たされます。
出発日設定2019/12/07(土)~2020/01/11(土)
ご旅行代金338,000円~368,000円
出発地東京・大阪・名古屋

詳細を見る


4名催行日本語ガイド早割

祈りの風景をキーワードにラサとその近郊、「トルコ石の湖」ヤムドク、チベットで最初の仏教僧院サムイエ、さらに密教の神々の壁画で彩られた寺、聖地ムード満点の修行場など、通常のツアーでは行くことのない濃密なチベットの人々の祈りの風景もご紹介します。
出発日設定2019/11/23(土)~2020/01/11(土)
ご旅行代金398,000円~428,000円
出発地東京・大阪・名古屋

詳細を見る


特選! テーマいろいろKAZEの国内企画

11/16(土)は『地形と文学』入門講座。戦前の国家が持ち上げた「大楠公」楠正成とは、じつは、二十万の鎌倉幕府軍を、わずかな兵力で迎え撃った、ゲリラ戦の英雄だった。




穂苅勲夫さんと歩く

関八州・日帰りの山

出発日設定2020/01/25(土)~2020/08/22(土)
ご旅行代金4,400円
出発地

詳細を見る



出発日設定2019/11/30(土)
ご旅行代金4,950円
出発地

詳細を見る


出発日設定2019/12/03(火)~2019/12/14(土)
ご旅行代金6,200円
出発地

詳細を見る



風カルチャークラブ・カレンダーはこちら!


お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


海外サイクリングの魅力を語る -アンコールワット・モロッコ・モンゴル・ヒマラヤ越えほか-

海外での自転車旅の魅力をサイクリングガイドの丹羽隆志さんが楽しい語りで紹介いたします。「海外サイクリングがちょっと気になっていた」という方、まずは写真だけでも見にいらしてみませんか?
★紹介する主な国・地域: モロッコ・アンコールワット(カンボジア)・モンゴル・チベット~ネパール 他

  • 日 時:12/5(土) 19:00~20:30
  • 会 場:風の旅行社セミナールーム(東京・中野)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


外部イベント


アウトドア天国 ユーコンセミナー

11月にユーコンツアーの現地ガイド・上村さん夫妻が来日。横浜のモンベルにて、ハイキング、キャンプ、野生動物、オーロラ、カヌー、犬ぞりなど、ユーコンの様々な魅力を紹介されます。


秋期特別展「チベット密教の美と祈り―北村コレクションより―」
タントラ仏教が持つ救いと慈悲の側面に眼をくばりながら、タントラ仏教の諸尊を紹介。私たちに馴染みの深い仏菩薩も、タントラ仏教の世界では異なる姿をみせてくれる。それまでの仏教美術では採られなかった危険な「美」の表現法。密教学者、北村太道氏の審美眼を借りながら、チベット密教の世界観を覗く。

  • 日 時:開催中~12/7(土) ※月曜休館(ただし10月21日、10月28日は開館)
  • 会 場:佛教大学宗教文化ミュージアム
  • 参加費:無料



風の向くまま・気の向くまま ―第五百七十ニ話―

 

代表取締役 原 優二


●あれから30年


ベルリンの壁が崩壊して30年。この30年間を振り返る特集がテレビなどで幾つも組まれている。 1989年11月9日、若者たちが壁に登りつるはしで壊す姿がテレビに映し出された時、こうやって時代が変わるのか、とその映像に身振いした。2年後の1991年12月、ゴルバチョフ大統領が辞任しソ連が崩壊した。

私は、1991年の11月に風の旅行社を始めた。今から思えば、国際情勢が混沌とした最中だった。社会主義のタガが外れた東ヨーロッパの国々では、閉じ込められていた不満が一遍に噴出し民族対立が激化した。まるで、第一次世界大戦前夜のようで、また戦争が始まるのではないかとすら感じた。

あれから30年。東西格差は埋まらずドイツの中に新たな“壁”ができているとニュースの中の特集でNHKは報じた。自らを「2級市民」と2人に一人が呼ぶ旧東ドイツでは、その不満が排他的な右派政党のAlternative fur Deutschland、 略称AfD(アーエフデー)などの勢力拡大につながっている。「難民が同じ権利を得るのは不公平だ。難民に金を使うなら自分たちにその金を回せ」と、難民排斥を主張する彼らの合言葉は「ドイツ人ファースト」だ。 なんと、AfDは、旧東ドイツのチューリンゲン州議会選挙で、今年の選挙で第2党に躍進した。

第2次世界大戦後、英、仏、米、露でドイツは分割占領され、旧東ドイツ、東ベルリンは露が占領したが、西ベルリンは、露の占領地の中にあって飛び地として、英、仏、米が占領した。その後、1949年にドイツ民主共和国(東ドイツ)が成立したが、ベルリンでは東西の往来は自由であったために、経済発展が著しい西ベルリン、西ドイツへ東ドイツから東ベルリンを経由して逃げ込む労働者が後を絶たず、1961年8月13日、東ドイツ政府はこれを防ぐために東西ベルリンの境界線を封鎖し、ベルリンの壁を建設した。

当時の西ベルリンの大きさは、東京都区部より少し小さい程度でかなり広く、人口は約213万人。これを囲む壁の長さは155kmもあった。陸路は完全封鎖され、生活物資の輸送手段は空路しかなくなり、「ベルリン大空輸」が米軍の立案のもとに敢行された。まさに東西冷戦の象徴、それがベルリンの壁だ。

そのドイツが今、難民の受け入れで国民が激しく対立している。否、ドイツだけではない。ハンガリー、トルコ、ポーランドでも難民排他を是とする国家元首が政治を担っている。

10月22日、緒方貞子さんが亡くなった。緒方さんが高等弁務官だったころの世界の難民数に比べると、2018年のその数は、減るどころかおよそ2倍の約7千万人だという。緒方さんは日本は、もっと難民救済で役割を果たせるはずだと繰り返しおっしゃっていた。

世界中で争いは絶えない。香港は燃え盛る火を力で消し去るなら火種は残る。シリア、イラク、イエメン、ロヒンギャ、、、日本人には遠い世界のように映るが、それなりの覚悟が必要だという気すらしてくる。ベルリンの壁崩壊から30年で、改めてそんなことを感じた。


≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼11月15日(金) 22時54分~23時00分 BS-TBS 【ポーランド】
世界の窓▼ポーランド/アントニン「巨人たちの館」
アントニンの森の中に建つ館は、大貴族の命により高名な建築家が建てたもの。窓がちりばめられ効率よく光が入り込むその中にピアノの詩人が呼ばれ、曲を作りました。
▼11月15日(金) 21時00分~21時54分 BS朝日1 【メキシコ】
WILD NATURE 地球大紀行 「文明:人類は何を創り出してきたのか 第2集」
人類の創造的な精神と素晴らしい芸術の数々は、我々に文明をもたらした。古代以来、人々は人体をどの様に表現して来たのか?これらの謎の答えを求めてメキシコを訪ねる。
▼11月19日 (火) 6時15分~6時45分 NHKBS4K 【アフリカ】
桐谷健太 アフリカサバンナを行く
キリマンジャロを臨む世界有数の野生動物の楽園・ンゴロンゴロ自然保護区。今、人間と自然の調和が問われているアフリカの大地を俳優・桐谷健太が全身で体感する紀行番組。
▼11月16日(土) 13時30分~14時00分 NHKBSプレミアム 【シルクロード】
もうひとつのシルクロード「敦煌編(5)17窟の謎」
歴史的・美術的価値によって世界を驚かせた敦煌第17窟。しかし、この17窟はもともと壁で塗り込められていた。いつ、誰が、どんな事情でこの窟に膨大な文書を封じ込めたのか、その謎に迫る。


編集後記


『風の季節便』最新号の製作がいよいよ大詰めです。来春~秋までのツアーラインナップとなりますが、今回も弊社らしい個性的な企画が盛り沢山になりそうです。

私はといえば、その国の名を聞けば「リゾート」のイメージしかない国でちょっとしたアドベンチャーを楽しむ企画をたててみました。ジャングルに洞窟、超ローカルな村訪問・・・。明日から現地に行って最終調整してきます。

女子旅担当のH山も大量の新企画発表にてんやわんやしてます。ヨーロッパ方面からもなにやら面白そうな気配がしています。ふふふふふ。

最新号は12月初旬頃発送予定です! どうぞお楽しみに!

(やまだ)



※次号749号は11月21日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ748号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2019年11月14日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2019 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)