つむじかぜ824号 旅のエネルギー充電中 縮小版にて配信! 号

つむじかぜ824号



旅のエネルギー充電中
縮小版にて配信! 号


風の旅行社 曜日限定営業中!

風の旅行社では、国内旅行および風の縁shopへのお問い合わせが増えていることを受け、「曜日限定営業」を開始しております。直接スタッフが対応いたしますので、ぜひお電話いただければ幸いです。

  • 営業日: 月・木曜日(祝日を除く) ※大阪支店は月曜のみ
  • 営業時間: 午前11時〜午後17時
  • お客様専用ダイヤル: 東京 0120-987-553 大阪 0120-987-803

ただし、店舗は少ないスタッフで営業しておりますので、誠に恐縮ながら来店対応は行っておりません。また、営業日・時間が限られますのでご注意ください。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

*限られたスタッフで対応させていただきます。お電話が混み合った際にはお待たせすることもございますことをご了承ください。


特集1 専門家とじっくり深く味わう旅 風カルチャークラブ 6月のおすすめツアー

高野山寺領森林組合の協力で歩く保護林

[終了]【現地集合】6/4(土)発 高野山の森を学ぶ 2日間

6名催行

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2022/06/04(土) ¥39,800 高野山 終了 2日間・6名催行
高野山・奥ノ院と摩尼山周辺、和歌山県が指定する保全上重要なエリアは、千年続く森であり、時代により移り変わってきた森です。巨樹と植物を中心に、高野山寺領森林組合で活動されている西田さんと歩きます。

詳細を見る


魚津の巨大杉『洞杉』へのトレッキングと自然観察

【現地集合】11/13(土)発 神秘の山・巨樹の森へ-富山県魚津市- 2日間

4名催行

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2021/11/13(土) ¥42,800 あいの風とやま鉄道魚津駅 終了 2日間・4名催行
立山連峰北部・毛勝三山を源とする片貝川は、日本有数の急流であり、魚津の水循環遺産の根幹をなす清流です。秋の片貝川沿いのトレッキングと植物観察を楽しみながら、遥か上流に息づく巨樹「洞杉」の森を目指します。

詳細を見る



出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2021/10/23(土) ¥39,800 茅野駅集合・解散 終了 2日間・5名催行
浮かび上がるように聳える八ヶ岳連峰。険しい表情を見せる主峰・赤岳はアルピニズムを掻き立てます。風の旅行社OBでもある登山ガイド・古谷朋之がご案内します。

詳細を見る

現在、風の旅行社の国内ツアーでは、密にならない野外アクティビティをメインとしてツアーを企画しております。移動、宿泊施設では感染対策に配慮するのはもちろん、旅先となる現地の受け入れ状態を鑑みながらツアー実施を判断しております。ご不明なことがございましたら、お問い合わせフォームや、営業曜日(月・木 11:00〜17:00)にお電話にて対応しておりますので、ご連絡ください。

特集2 《風の縁shop》 冷たい飲み物が美味しい季節、冷蔵庫に小さな幸せを♪

えんめい茶 水出し
六識園 りんごジュース

晴れた日には、初夏を思わせる日差しを感じる5月。冷たい飲み物が美味しい季節になりました。

昨年末より風の縁shopで好評販売中の、黒姫和漢薬研究所「えんめい茶」は、水出しでも美味しくいただけます。冷蔵庫の常備用に、ぜひお試しくださいませ。

南信州のりんご農園「六識園」さんが作っている、”樹上完熟”りんごジュースもおすすめです。
「紅玉りんごジュース」は紅玉ならではの酸味が個性的! 「ふじりんごジュース」は濃厚かつ飲みやすい。いずれも、りんごそのものの味わいをダイレクトに感じられるジュースです。

黒姫和漢薬研究所「えんめい茶 2箱セット」

六識園「樹上完熟りんごジュース」

「風の縁shop」トップページへ


特集3 今週のKAZEスタッフ近況報告


休業中の風の旅行社ですが、スタッフはそれぞれ元気にやっています。
これまでの間、メールやお手紙、お電話等でたくさんの励ましの言葉をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。皆様からのご希望に応え、スタッフたちの近況をお伝えしようと思います。

皆、再開の時を励みに過ごしています。



風の向くまま・気の向くまま ―第六百四十八話―

代表取締役 原 優二


ワクチンの壁


国内旅行のパンフレットと風の縁shopのカタログVol.4のDMを4月中旬に行いました。国内旅行は、3回目の非常事態宣言下となってしまい予約も今一つ。オリンピックの行方も旅行気分を削ぐ原因になっているのかもしれません。早く、このモヤモヤ感を吹き飛ばしたいものです。

一方、欧州では海外渡航再開の動きが出始め、イタリアも5/15より日本からの渡航を、ワクチン接種を証明できることを条件に隔離なしで入国を認めると発表しました。これで、イタリアに行けると普通は思いますが、実は素直には喜べません。理由は2つあります。

①現段階では、ワクチンを接種したことを証明するワクチンパスポート(名称は様々ですが本稿ではこの名称を使用)を日本は発行できない。
②日本入国時の14日間の自主隔離は、ワクチン接種証明があっても必要

実は、日本は、ワクチンパスポートは、ワクチン接種をしない人への差別になるという理由で否定しています。アメリカの連邦政府も同様ですが、州や市によっては肯定し既に国内の移動に使い始めています。また、EUをはじめとして、アジア諸国でもワクチンパスポートを海外渡航の条件にし始めました。

日本では、早期にビジネストラックを再開させたい財界が動き出し、経団連がワクチンパスポートを導入するよう4月26日に政府に要請しました。(一社)日本旅行業協会もワクチンパスポートを推進するためのワーキングチームを発足させます。日本政府は、ワクチンパスポートは国内では使わないが、海外から要求されるなら対応が必要と、やっと重い腰を上げて検討を始めましたが、既に周回遅れになってしまっています。

日本政府がワクチンパスポートを否定してきた理由には、差別になるというだけでなく、ワクチンを接種しても絶対感染しないとはいえないという主張があります。これはPCR検査を拡大・推進しなかった理由とよく似ています。PCR検査はその時点の結果にすぎず、頻繁に検査すればいいが、それはリソースの無駄だ、という考えです。その結果、日本政府は、社会的検査を夜の町などで一部行いましたが基本的には否定してきました。ここに来て分科会の尾身会長が検査を増やして感染者を見つけ出す必要性を説いていますが、おそらく政府はやらないでしょう。

平時と非常時では、戦略も戦術も違うと思います。今は非常時です。誤解を恐れずに言えば、都市住民と若者のワクチン接種率を上げれば、結果として日本全体の感染も収まり医療崩壊が解消し、高齢者の感染・死亡も減ると私は思うのですが、今は、感染する恐れがすくない田舎の町や村に住んでいる高齢者も優先されています。儒教的な考え方を基盤にした日本社会にはコンセンサスが得られやすい方法なのでしょうが、戦略的には間違っているといえないでしょうか。

すべてはワクチンが足りないことが原因ですが、インドネシアでは、ワクチンはバリ島などの観光地が優先され、打ちたい人が自由に接種会場に行って打つという単純明快なやり方だと聞くと、日本は何と無駄なことにコストをかけるのかと呆れるばかりです。
それでも、秋には高齢者の接種が終わり一般の人たちにも広がって、状況が好転することを祈ります。

≫「原のコロナ休業日記」一覧
≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧


今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載






お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼5月15日(土) 00時50分~01時20分 テレビ朝日 【秘境】
ナスD大冒険TV
テレビ朝日の社員・ナスDが殆どの日本人が踏み入れた事のない世界の僻地に命懸けで向かい、知られざる文化・住む人々の暮らしをレポートする超本気紀行ドキュメント番組!
▼5月15日(土) 21時00分~21時54分 TBS1 【歴史・国内】
世界ふしぎ発見!鬼退治で紐解く日本
話題の「鬼」声優が登場!鬼ブームの謎に迫る!実在する鬼の子孫▽衝撃!鬼の声が響き渡る神社▽本当にあった鬼の悲哀物語▽京都に眠る鬼を切った刀!?刀鍛冶の里で刀作り
▼5月16日(日) 18時00分~18時30分 TBS 【世界遺産】
世界遺産「1200年続く聖地 日光の秘密」
中禅寺湖の紅葉、雪化粧した男体山など、日光の四季の絶景を一年がかりで撮影。さらに徳川家康を祀った東照宮、二荒山神社、輪王寺の秘密を、日光の地形から解き明かす。
▼5月16日(日) 01時28分~02時20分 BSプレミアム 【カナダ・野生動物】
ワイルドライフ「カナダ ノースウッズ 命あふれる原生林を行く」
カナダ北部に広がる原生林「ノースウッズ」。緑あふれる初夏から、美しい紅葉が広がる秋、一面雪景色の冬までを、ムースやビーバーなど生きものの営みとともに描く。


※次号825号は2021年5月20日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ824号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2021年5月14日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2021 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)