つむじかぜ926号 自転車ヒマラヤ越えも! 秋のツアーは早めの予約が「吉」 号

つむじかぜ926号


自転車ヒマラヤ越えも!
秋のツアーは早めの予約が「吉」 号


特集1 粒ぞろい! 9月の海外ツアーは大豊作

コロナの影響により減便が継続される一方、訪日客を中心に日本路線の需要が急増中! 需要と供給のバランスが戻っていない2023年は、いつにも増して早めの予約が「吉」です。


チョモランマ大展望&標高差4,500mのダウンヒル (eバイクレンタルも可能!)

チベットからネパールへ ヒマラヤ越えサイクリング15日間

8名催行日本語/英語ガイド早割

世界の屋根ヒマラヤを車移動も交えつつ自転車で走るツアー。5000mを越える峠を越え乾燥したチベット高原から緑溢れるネパールを目指す15日間。eバイクレンタル可能になりました!
出発日設定2024/09/18(水)
ご旅行代金1,080,000円
出発地東京

詳細を見る


芸術的な狩猟方法鷹狩りを実践するカザフ民族。毎年行われる鷹匠によるイヌワシ祭を観戦するコース。長年この地の調査を重ねている西村氏が同行。
出発日設定2024/09/14(土)
ご旅行代金647,000円
出発地東京

詳細を見る



2名催行日本語ガイド早割

お米と小麦の両方を主食して食す中央アジアは世界的に見ても珍しい地域です。ウズベキスタンの豊かな食と昔から伝わる手しごとを体験する7日間です。
出発日設定2024/04/26(金)★~2025/01/17(金)
ご旅行代金397,000円~438,000円
出発地東京・大阪

詳細を見る


中央アジア3か国をバスで縦走します。荒涼としたカザフスタンの大地を抜けると、山と森と湖のキルギス。景観や文化を楽しみつつ、玄奘三蔵の足跡もたどります。そしてウズベキスタンの首都タシケントへ。
出発日設定2023/09/26(火)
ご旅行代金555,000円
出発地東京・大阪

詳細を見る


特集2 国内講座・ツアーをピックアップ 風カルチャークラブ

春、初夏、夏、それぞれの季節の里山で、四季の移り変わりを感じながら虫を探してみませんか?

皆で歩けば探す目が増え、ひとりで歩くよりいろいろな生き物が見つかることでしょう。虫目線で歩くことで、なぜその虫がそこにいるのかといったことを知り、まるで役割分担しているかのような自然の仕組みがたまらなく不思議に感じるはずです。

<日帰り講座>

★催行決定・〆切間近! 大人の昆虫観察シリーズ

美しい赤いベルベットのような微毛で覆われているホシベニカミキリをメインに探します。関東以西の海沿いの温暖な地域に局所的に分布しているカミキリムシです。他にはカブトムシ、ノコギリクワガタなど樹液に来る昆虫や水辺を飛ぶギンヤンマやオニヤンマ、花に来るアゲハチョウの仲間など、大型で見栄えのする昆虫が期待出来ます。
出発日設定 2024/06/02(日) 終了
ご旅行代金6,490円
出発地JR京葉線・葛西臨海公園駅集合・解散

詳細を見る

★催行決定・まだ募集中! 小川康さんが誘う東秩父村へ

★募集開始! 眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと歩く


<国内ツアー>

★募集中! 9/2(土)発は「牛突き祭」見学も

隠岐は、日本に9つしかないユネスコの世界ジオパークの1つ。歩きながら地質遺産をベースとした生態系や独特の文化などに触れます
出発日設定 2023/05/18(木) 終了 2023/09/02(土) 終了 2023/10/06(金) 終了
ご旅行代金168,000円~175,000円
出発地松江市七類港集合・解散

詳細を見る

★催行決定・残席僅か! 作家・芝田勝茂さん同行

「風カルチャークラブ」で『古事記』の講座を担当した児童文学作家・芝田勝茂さんが同行する、古事記の神々をめぐる旅のシリーズが始まりました! 第三回目はヤマト(大和)の国をめぐります。
出発日設定 2023/06/16(金) 終了
ご旅行代金92,800円
出発地近鉄郡山駅・橿原神宮前駅解散

詳細を見る

★募集中! 植物解説スライド講座も

7月下旬は、高原でも湿原でも梅雨が明け、植物観察には絶好の季節です。天気も安定し、ゆったり歩き観察しましょう。春の残りの花や秋に咲く花も見られるでしょう。湿原では、シモツケソウ、ヤナギラン、コバイケイソウなど。高原では、ニッコウキスゲやマツムシソウなどが迎えてくれることでしょう。 車山の山頂から見る蓼科山・八ヶ岳連峰や甲斐駒ヶ岳などの山々の景色も見どころです。
出発日設定 2023/07/22(土) 終了
ご旅行代金46,200円
出発地長野県 JR茅野駅 集合・解散

詳細を見る


《風の縁shop》汗ばむ季節の日焼け対策に!

バスケットチェッククロマー・若草色は、
幅38cm、長さ135㎝と、使いやすいコンパクトなサイズです。
経糸に2種類の色の組み合わせをいれているため、メインの若草色も左右で微妙な違いがあり、
首元を若草色のグラデーションで彩ります。
汗ばむこれからの季節は、
首周りの日焼け対策にもおススメなコットン100%です。
ぜひ手織りの風合いを感じてください。


カンボジアのファブリック・手織りクロマー


お待ちかね! 風のイベント情報

ツアー同行講師 西村幹也が語る タイガとバヤンウルギー ツアーの準備と実際

NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ理事長の西村幹也さんを迎え、西村さん同行モンゴルツアーの中から2ツアーをピックアップしてご紹介。なかなか見ることのできない、現地で撮影した珍しい写真もお楽しみいただけます。

  • 日時:2023年6月14日(水) 20:00〜21:30
  • 場所:オンライン開催(Zoom)
  • 費用:無料


モンゴルの草原でサイクリング! 旅の魅力をご紹介

モンゴルの大草原を舞台にしたサイクリングの魅力を、ツアーに同行するガイド・丹羽隆志さんがご紹介! 本物の馬と鉄の馬(自転車)。そのどちらもが、草の海を楽しむのに最適な乗り物です。モンゴルの大自然を自転車でカラダいっぱいで味わう旅の魅力をお伝えします。

  • 日時:2023年6月21日(水) 20:00〜21:15
  • 場所:オンライン開催(Zoom)
  • 費用:無料


【外部イベント】第34回楽平家オンラインサロン『ベトナム、ラオスにおける 民族の歴史記憶とつながり』

ミャンマーの研究者で民博名誉教授の田村先生が開催されている「楽平家オンラインサロン」に、国立民族学博物館教授・樫永真佐夫先生が登壇されます。弊社もお手伝いした、ベトナムからラオスの少数民族地帯を駆け抜けるツアーを案内いただいた先生で、そのときのツアーのお話も飛び出すようです。

  • 日時:2023年6月14日(月) 20:00~
  • 場所:オンライン開催(Zoom)
  • 費用:無料


風の旅行社 イベント一覧


風の向くまま・気の向くまま ―第七百五十話―

代表取締役 原 優二


中野再開発


中野の街に、再開発の波が押し寄せている。10年ほど前に、中野駅の西側、中野駅から見て、駅前北口に聳え立つ中野サンプラザの左側100mほどのところに、「中野四季の都市(まち)」が開発された。その敷地内に、商業ビルとして中野セントラルパークサウスとイーストの2棟ができた。それまでは、中央線沿線の住宅街であり、丸井を除いて大きな企業など殆どなかったが、セントラルパークにキリンビールや栗田工業の本社が移転してきたことで大きな話題となった。「中野四季の都市(まち)」などとは誰も呼ばない。呼称は中野セントラルパークである。サッカー場のような広々とした芝生が拡がり、コロナ以前は、仕事帰りにみんなで芝生に車座になり語り合うこともできた。

そもそも、中野の地は、古くは徳川綱吉の生類憐みの令で「お囲い(犬小屋)」が設けられ、今の中野駅周辺・約30万坪(約100ha)に数万から30万頭の犬が養育されたそうだ。今回開発される囲町西地区とはその名残である。コロナで弊社は、通りを挟んで向かいのビルに昨年移転したが、明け渡したIFOビル6階には、この囲町西地区開発の事務局が入っている。

中野のこの地には、1938年、日中戦争が勃発して間もない時期に陸軍中野学校ができている。この中野学校は、防諜、宣伝など機密戦に関する教育訓練が行われ、その存在すら秘密にされたという。偽装用の通称号は東部第33部隊。戦後、その用地に警察大学校・警視庁警察学校ができた。2011年に同校が府中に移転したため「中野四季の都市(まち)」開発が実現したという訳だ。知れば知るほど、色濃く歴史の影が射す。

今回の開発は、「中野四季の都市(まち)」の南側で中央線の線路との間に、住宅棟2棟と、商業ビルを建てる。それに加えて、市役所も弊社の斜め向かいの中野体育館跡地に引っ越し、中野サンプラザも複合施設として建て替えられる。駅を挟んで反対の南口でも高層マンションとオフィスビルを建てる中野2丁目再開発が進行している。中野駅も、西口新設工事が進行中である。まさに開発ラッシュといえよう。

新宿に近すぎて大企業もない「忘れられた街」だと、最初に中野で事務所を構えたとき銀行に言われた。弊社はここに32年もいるが、ずっと静かで下町のような住みやすさがあった。開発ラッシュで失う思い出が多すぎて寂しくもあるが、次世代を担う若い人たちに人気の新しい中野が生まれると思い口をつぐむしかあるまい。「新中野サンプラザ(正式名称未定?)」は2025年完成を目指しているという。今の中野サンプラザは、7月2日(日)に閉館する。後1か月余り。もう見納めである。

≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧




今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載




お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼6月4日(日)05:30〜06:00 NHKBSプレミアム【ヒマラヤ】
驚き!地球!グレートネイチャー「追跡!ヒマラヤ誕生の秘密」
世界で最も高いヒマラヤ山脈はどう誕生したのか、その秘密に迫る。
▼6月4日(日)07:45〜08:00 NHK総合1【鹿児島/鳥】
さわやか自然百景「鹿児島 トカラ列島 中之島」
島で確認されている野鳥は年間250種を超える。鳥たちでにぎわう中之島を訪ねる。
▼6月4日(日)18:00〜18:30 TBS【世界の遺跡】
世界遺産「アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群 〜 ナイルの巨大神殿を救え!移築大作戦」
人類の大切な遺産を後世に残すという「世界遺産」の考え方はここから始まった。
▼6月5日(月)06:45〜07:00 NHKBS1 【カトマンズ】
地球タクシー 15min.ドライブ「カトマンズを走る 若者たちの本音」
ドライバーとの対話と車窓からの風景で世界の街を感じる、一風変わった紀行ドキュメント。

※次号927号は2023年6月8日頃の配信予定です

——————————

■つむじかぜ926号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社
送信日:2023年6月1日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:03-3228-5173  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:06-6195-8043  FAX:06-6195-8044
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

 

つむじかぜバックナンバー

 

Copyright(C) 2002-2023 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)