旅のヒント●ブータンの高級リゾートに泊まる ~ジワリン(パロ)編~

文●中村昌文(東京本社)


巨大な僧院を思わせる本館

2004年、知る人ぞ知る高級リゾートグループの「アマン」がブータンのパロに高級リゾートホテル『アマン・コラ』を建設しました。それを皮切りに、ブータン各地に外国資本の高級リゾートホテルが続々と進出を始めました。文化と自然を大切にし、物質的よりも精神的な豊かさを尊び、国民が『幸せであること』を国の目標に掲げるという、ブータン独自のGNHの思想が、先進国のセレブたちの心に響き、精神世界の大好きな彼らの心を癒す最先端の訪問地として注目されているのです。

年々増え続けているブータンへの観光客の受け皿としても新しいホテルは注目されています。
久しぶりにブータンを訪れた中村が、場違いを承知で高級リゾートを取材してきました。

ジワリン・ホテル

ティンプーから続く道はチュゾムで向きを変え、パロチュ沿いに川を遡りながらパロへ向かいます。空港の脇を抜け、パロの商店街を通り過ぎ、グル・リンポチェが虎に乗って舞い降りたと言う伝説のあるタクツァン僧院や、ブータンとチベットの戦いの舞台となったドゥゲゾン方面に向かいます。農村地帯であるこのあたりは、大きな民家がたち、のんびりした空気が流れています。

そんな農村地帯に、お寺と見紛うほど立派な伝統建築群が建っています。
それがジワリン・ホテル。
建物はお寺で言えば本堂にあたる本館と、僧房にあたる別館に分かれ、そのほかにスパ棟、ヨガ・ホール、茶室が本館を囲むように並びます。


僧房のように本館を取り囲む別館


本館も別館も建物の内も外もブータンの伝統的な彫刻様式で装飾され、その細かさはブータン随一と言われるプナカゾンの装飾にも負けないほどです。特に吹き抜けになっているロビーの柱の彫刻の細かさは、思わず目を奪われます。


開放感のある吹き抜け

館内の彫刻も素晴らしい


さらに、本館2階には仏間がしつらえてあります。これは現在改修工事中のガンテゴンパと交渉し、改修工事の建材を提供する代わりに古い柱や梁をそのまま譲ってもらって作ったのだそうです。もちろん、お坊さんが常駐し、希望があれば瞑想や、結婚の儀式をブータン式に執り行ってくれるそうです。


古い柱などをガンテゴンパから
移築した仏間

仏間の天井のマンダラ


そんな伝統建築を取り入れたジワリンですが、各部屋のアメニティーや設備は十分すぎるほど高級ホテルの水準を満たしていて、バスタブやドライヤー、プラズマテレビやインターネット施設も万全で、部屋のブータン的な装飾がなければ、ここがブータンであることを忘れてしまうほどです。中でもロイヤル・スイートは2ベッドルーム+2バスルーム、2、30人がパーティーでもできそうな贅沢な部屋に仏間まで付いていて、一生に一度くらいは泊まってみたいと思わせるものがあります。
アメリカ人とブータン人のパートナーが共同オーナーで、ブータンの伝統をしっかり守りながらも近代的な技術やセンスがバランスよく配合されていると感じさせてくれます。

そのほか、ロビーには洗練されたブータンの伝統食と、洋食、インド料理が提供されるレストラン、隠れ家のようなバー、おしゃれなギフトショップ、地下にはディスコも入っています。


高級感のあるロビー

ジワリンホテルのスイート(一例)


またヨガ・ホールからは、聖地タクツァンを仰ぎ見ることができ、グル・リンポチェに見守られているかのように、心静かにヨガに没頭できることでしょう。また、スパ棟では、タクツァンへのトレッキングで疲れた体を癒してくれるフットマッサージや、各種スパ、サウナ、トリートメントを専門のスタッフがご案内しています。(ビジターも利用可能です。)

ブータンの伝統に触れ、しかも快適に心も体も癒される、ブータンの高級リゾート・ジワリン・ホテル。
ちょっとお値段が張るのが玉に瑕なのですが、オフシーズンである1~2月、6~8月、12月は
料金が半額近くになります。詳細は、スタッフまでお問い合わせ下さい。

[参考料金]
23,000円~149,000円(1室)
*ジュニアスイート(40部屋/コテージ)
*スイート(4部屋)
*ロイヤル・スイート(1部屋)
料金は予告なく変更される場合があります。
また、円=ドルレートにより変動する場合があります。

<ご注意>
上記はツアー代金に追加で必要となります。
ホテルのみのご手配は承っておりません。