【バードウォッチングツアー添乗報告記】
8/17発 チゴハヤブサ親子を楽しむ2日間

ツアー名:チゴハヤブサ親子を楽しむ2日間

2019年8月17日(土)~8月18日(日)
文●ツアーガイド:簗川 堅治(やながわ けんじ)


 天童バードウォッチング 1日目

今年の夏も全国的に記録的な猛暑でした。昨年まで日帰りで行ってきたこのツアーも猛暑を考慮して、夕方集合、一泊して午前中解散の形に切り替えました。

ツアー予定地近隣では、今年はチゴハヤブサも飛来が平年より少なかったのですが、2つがいのチゴハヤブサが子育てをしました。1つがいは、すでに巣立ちから一週間ほど経過、もう1つがいは巣立ち間際です。

電線に止まる♀電線に止まる♀

初日夕方は、巣立ち間際のつがいを観察しました。高架鉄塔に営巣しているつがいで、ヒナは1羽。通常、3羽のヒナが多いので、このつがいは少ないことになります。

巣内では巣立ち間際のヒナが時折はばたいていました。高所なので風は地上よりあるとは言え、日陰のない巣内はさぞかし暑いだろうと思います。親鳥が空中でセミを捕らえましたが、自分で食べてしまいました。それもそのはず。ヒナへ与える餌は栄養価の高い小鳥をやるのです。

枯れ枝に止まる♀枯れ枝に止まる♀

はじめは暑かったのですが、日が傾くにつれて暑さも和らぎ、熱中症の心配もさほどではなかったのが幸いでした。チゴハヤブサもお腹がいっぱいなのか、あまり給餌もせず、まったりと電線で休む時間が長く、あまり動きもありません。それでも付近を通るノスリにはモビングを怠りませんでした。

飛翔する幼鳥飛翔する幼鳥

 天童バードウォッチング 2日目

2日目。早朝5時過ぎから観察です。猛暑日が予想されていたので暑くなる前が勝負です。

到着早々、お気に入りの枝に止まるチゴハヤブサの姿を見つけました。親鳥と巣立った幼鳥もいます。あいにくの曇り空で写真を撮影するにはやや暗かったものの、何度も何度も近くを飛ぶ幼鳥たち。大サービスです。親も数回、小鳥を捕らえて持ってきました。幼鳥たちは我先にとばかりにしきりに鳴いておねだりです。

餌をねだる幼鳥餌をねだる幼鳥

ようやく日が差し、青空も見えてきた頃には、お腹いっぱいになったのか、まったりモード。ちょっと残念。それでも涼しい中、チゴハヤブサを3時間ほど、堪能しました。

チゴハヤブサ観察中は、サンショウクイが渡っていったり、アカゲラが飛んできたり、思わぬ出会いもありました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

【おまけ】簗川さんによる手書きのおさらい


クリックでPDFファイルが開きます


【今回確認できた鳥達】


キジ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、バン、トビ、ノスリ、アカゲラ、チゴハヤブサ、サンショウクイ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ


簗川さん同行ツアーはこちら!

1名催行添乗員

出発日設定2019/10/18(金)
ご旅行代金46,000円
出発地飛島 勝浦港

詳細を見る


1名催行添乗員

出発日設定2019/11/02(土)
ご旅行代金46,000円
出発地飛島 勝浦港

詳細を見る


5名催行添乗員

出発日設定2019/11/23(土)
ご旅行代金54,000円
出発地古川駅

詳細を見る


出発日設定2019/12/19(木)
ご旅行代金128,000円
出発地釧路空港 *解散は女満別空港

詳細を見る


関連よみもの

「風の鳥日和」 ガイド・レポート一覧
「風の鳥日和」 スタッフブログ一覧

「風の鳥日和」 パンフレットのご請求・お問い合わせはこちらから

 

風の鳥日和