報告記●3.11風の旅行社30周年イベント in 八ヶ岳高原ロッジ・音楽堂

八ヶ岳高原ロッジ音楽堂

「八ヶ岳高原ロッジに、音楽堂っていう素敵なホールがあるんだ。風のお客様をお迎えし、イベントができたらいいだろうな」
代表の原がふと漏らした一言。そんな一言がきっかけで、昨年秋から準備をはじめ2022年3月11日、風の旅行社設立30周年イベントを八ヶ岳高原ロッジの音楽堂で開催をしました。

3.11東日本大震災で犠牲になられた方々への安らかな眠りを願い、
風の旅行社を支えていただいたお客様への感謝を伝えたい、
そんなことを思いながらの2日間となりました。

設立30周年記念イベントのメインは、
「アムチ小川さんが語るチベットの世界」と「オトゴーこと岡林立哉さんのモンゴル音楽の夕べ」でした。

第1部の小川さんの講演では、自らの目でみてきたチベットの世界や、歩んできた道のりを語っていただきました。後半では弊社の水野が加わり質問をしながらのお話に。小川さんの飾らない人柄が引き出され、熱量溢れるお話に、私たちもすっかり夢中になりました。

第2部は、岡林さんのモンゴル音楽の夕べでした。
午後の日差しと木のぬくもりを感じる音楽堂で、柔らかく、ときにはたくましいホーミーと馬頭琴が一体となり、目に浮かぶのは豊かなモンゴルの草原!!! 旅への想いを馳せるひと時となりました。

岡林達哉さん。木造りの音楽堂に響くホーミーと馬頭琴の旋律はモンゴルの草原を彷彿させるものでした

開演前後と休憩時間には、ホールに隣接するホワイエにて、コロナ禍ではじめたECサイト「縁shop5」内の商品販売を行いました。モンゴルのフェルトスリッパ、モロッコのバブーシュ、ネパールのくるみらっ布など、現地とのつながりにある商品を初めて皆様に手にとっていただくことができました。たくさんお買い上げいただきありがとうございました!

各お部屋には縁shop5でご協力いただいているナイアードさんより、モロッコのアルガンオイル、石鹸、ガス―ルのサンプルをご提供いただきました。乾燥した室内での保湿にぴったりのアイテムです。

縁shopのアウトレットコーナーを設置。モンゴルのフェルトグッズが好評でした。

夕食は高原ロッジ内のレストラン花暦で洋食のフルコースディナー。
コロナ禍の中、黙食でのお願いとなりましたが、オンラインでネパール、ブータン、モロッコとつなぎ、現地から様子を伝えてもらいました。懐かしい現地からのスタッフ登場にお客様からも歓声があがり、楽しい時間となりました。

途中、お客様方から「NO KAZE NO LIFE」のパッケージに包まれたチロルチョコをご参加皆さまへいただきました。スタッフ一同、感激です!

モロッコからはガイドのラシッドがご挨拶!

NO KAZE NO LIFE!!

後半には、翌日のオプショナルツアーで同行いただくバードの講師、中村さんと古沢さんからのご挨拶をいただき、最後に風のスタッフからの一言で夕食はお開きとなりました。

* * *

2日目は、オプショナルツアーにご参加いただくお客様、午前中に帰路につく方などに分かれました。

早朝、6:30スタートの「バードウォッチング」では、ロッジ周辺を散策しながら観察となりました。通常のバードウォッチングでは、講師は1名だけなのですが、今回はお2人でしたので、濃い内容のお話が聞けたと感想をいただきました。

雪の森でバードウォッチング

三分一湧水と棒道散策」では、八ヶ岳や北岳の美しい自然の景色を眺めながら、講師より土地の歴史や自然の解説を聞き、お客様とお話を楽しみながら気持ちよく歩いた半日でした。

好天に恵まれ、雪化粧の南アルプスを望みつつ歩きました

信州上田の別所温泉で開催された風カルチャークラブの「百薬-ひゃくやく-の世界」へご参加の皆様はホテルのシャトルバスにて野辺山駅へ。残ったスタッフでバスのお見送り「いってらっしゃい!」
≫ ツアー詳細はこちら

13:30、貸切送迎バスが東京に向け出発。
最後に残った原と中村は、車で貸切送迎バスを追いかけて、途中の談合坂サービスエリアで、お迎えするというちょっとしたハプニングなどもありながら、1泊2日のイベントは無事に終了となりました。

* * *

ふりかえってみると、お客様への感謝を伝えるイベントだったはずでしたが、お客様から私たちへ、たくさんの励ましと勇気をいただいた2日間でした。頂いた想いを旅という形にして、またみなさまと一緒に旅をしたいと思っています。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

ツアー写真集

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA