ゆらぎ期の真ん中で、少しでも快適に

寒い季節となりました。
おこもり生活がしばらく続きそうですが、みなさま体調はいかがでしょうか?

今日は風の縁ショップで販売しているナイアードの商品の中で、「ゆらぎ期」におススメの品を
ご紹介したいと思います。

世間では、閉経の時期をはさんだ前後数年ずつの約10年間(45〜55歳頃)を更年期といいます。
更年期と書くとなんだか辛そうでしんどそうに感じるので、ゆらぎ期と書いてみましたが、
ここ数年色々な「ゆらぐ事件」が私の中でおこっております。

最初は、小さな文字が見えにくい、爪がよく割れる、髪の毛の質が変わったなど、、、
そして汗が急にでる「あつあつ病(勝手に命名)」だなと思っていたら、
手がなんだがこわばる「手ガチガチ病」、乾燥による「かゆかゆ病」などいろいろ出てきます。

同世代の友人達と情報交換をしつつ、あまり気にしないでいたのですが、
乾燥についてはナイアードの商品が役立っています。

アルガンオイル  顔、首、頭皮に・・・

フェイシャルオイルとして以前から使用をしていましたが、ゆらぎ期に入ってからは、髪の毛にも使用しています。スタイリング時の毛先のパサつき防止やドライヤーから乾燥対策にはもちろんのこと、頭皮のマッサージによいです。両手にオイルを数的垂らして、頭皮をやさしくマッサージし30分ほど置いたあと、通常通りシャンプーをします。頭皮が柔らかくなり、髪の毛もしっとりとします。また頭皮をほぐすことによって、目の周りや顔の筋肉もほぐれ心なしかリフトアップしたように感じます!

ビーワックスリップクリーム  指先に・・・

リップとしては使っていましたが、ゆらぎ期には指先のささくれや爪の保護にも使います。特にお湯を使う冬場の炊事後の指先には、白色ワセリンを塗ったあとに、ビーワックスリップクリームを重ねます。ほんのりしたシャクナゲの香りにも癒されます。

ガスール  肘、膝、顔の乾燥に・・・

洗顔として使っていたガス―ルをパックとして使います。顔はもちろんのこと、くすみがちな肘や膝にも使って保湿しています。

アルガンクリーム  ナイトクリームとして・・・

秋冬もっとも乾燥する時期には、寝る前にアルガンクリームを美容クリームとして使用します。顔以外のも年齢の出やすい手の甲や首周りにも使用します。

* * *

ゆらぎ期の対処には、様々なサプリメント、化粧品、医薬品がでています。
私はたまたまご縁のあったナイアードの商品が合いましたが、一人ひとり症状も違いますので
参考にしてもらえると嬉しいです。

多くの女性の方が、ゆらぎ期を少しでも快適に心地よくすごせればいいなと感じています。

風の縁shop 〜ご縁をつなぐ風の通販〜

自宅で使用中のアルガンオイル

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA