パタゴニア・バックパッカープラン徹底解剖インタビュー!後編
企画者&添乗員・小林に聞く ~「もちろん面倒です。でも、それを超えた楽しさがあるんです!」

フィッツロイとロストレス湖に佇む企画者&添乗員・小林

 2003年3月に誕生した「パタゴニア・バックパッカープラン」、色々と形を変えながら過去8回(2024年6月現在)催行をしました。ツアータイトルからも想像できるように旅行会社で主催される一般的なパタゴニアツアーとはちょっと異なっています。この一風変わったパタゴニアツアーはどのようにして誕生し、どのような歴史を辿ってきたのか?また、どういう特徴があり、どこが一番のウリなのか?等々、企画・手配・添乗を全てこなす風の旅行社・小林勝久(東京本社)にインタビューを行い、「パタゴニア・バックパッカープラン」の秘密や魅力を徹底解剖したいと思います!今回はインタビュー記事後編となります。
インタビュー前編はこちら

ーー今度は「パタゴニア・バックパッカープラン」の特徴について質問です。ここ数年はより安全で快適な旅に比重を置き始めているということですが、当初の特徴だった行き当たりばったりなバックパッカースタイルは少なくなっているのでしょうか?

小林:厳密に言いますと”行き当たりばったり”度はだいぶ薄れてきています。「グループでのトレッキングには必ずガイドを付けないといけない」等、現地側のルールが厳しくなったり、添乗員として経験上の反省や改善点などを踏まえながらリニューアルを繰り返していった結果、自然とその形になっていきました。時代の流れで安全面や快適さを求められる傾向があるため、このツアーもその中で少しづつ変わってきたということになります。仮に初期の頃のスタイルを再現したくても、残念ながら同じことはやれない環境や時代になってきたというのも正直なところです。

ーーホテルも4星前後クラスのホテルも利用していますし、トレッキングや観光にガイドが付いていたりと日程を見た感じですと一般的なパタゴニアツアーとあまり変わらない印象です。そうなると、もうバックパッカープランじゃないですよね(笑)!?それならば”バックパッカープラン”というタイトルも考え直した方が良いのではないでしょうか?

小林:同じことをお客様に言われたことがあります(笑)。トレッキングや観光時のガイド同行ルールは仕方が無いですが、宿泊ホテル選択の縛りは無いので、以前利用していたゲストハウスをあえて使うプランも出来なくも無いです。ですが、やはり1日の身体を休ませる場所は出来るだけ安全で快適の方が良いですし、添乗員の私も歳を重ねてくると出来る限り良いホテルに泊まりたいと思ってしまうので(笑)。となると、”バックパッカープラン”表記はやめればと思われるかもしれませんが、このツアーはそんな単純な内容ではないんです!回を重ねるごとに様変わりしてきたとはいえ一般的なパタゴニアツアーとは違う特徴が主に2つあります。一つ目は添乗員、二つ目として食事です。

ーー日程表を見るだけでは分からない、そんな隠れた特徴があるんですか!具体的にはどこがどう違うのでしょうか!?まず一つ目の添乗員についてから教えてください。

小林:まず、添乗員、つまり私・小林の話になりますが、私自身はプライベートを合わせると十数回パタゴニアへ行き色々な場所を訪れているので現地事情をよく理解しています。もちろん、他社ツアーの添乗員さんでもパタゴニア経験の豊富な方もいらっしゃるとは思いますが、このような一風変わったパタゴニアツアーを何度も添乗経験したのは私ぐらいではないかという自負はあります。そのため、一般的なグループツアーの様に一人の専用ガイドと専用車でずっと案内してもらう必要が無いということです。また、簡単なスペイン語は理解できるため、わざわざガイドを同行させる必要が無い部分、例えば移動区間などはドライバーと車だけで十分ですし、簡単なハイキングなどであればガイドを付けずに私がご案内する日もあります。そのため、ツアーの案内にも「現地ガイドは同行したり、しなかったり、時には乗り合いバスや車も利用。そんなバックパッカー気分で旅するパタゴニアツアーです」といううたい文句で出しています。そういう意味では快適でありながらもバックパッカー気分を楽しんでいただけるはずです。

ーーなるほど!確かにそうですね。では、もう一つの食事について教えてください。

小林:ある意味、このツアーの一番の肝でもあり、この食事に関しては初回から全く変わっていない部分です。一般的なグループツアーの場合、当たり前なことですが、現地旅行会社経由で食事の手配を行います。でも、このツアーの食事の殆どは現地調達、つまり、添乗員である私が現地へ行ってから食事の為のレストランをアレンジしています。もちろん、ツアーの行程上、事前に手配をしなければならない部分もありますが、殆どの食事(主に夕食)はその時の状況で店や料理内容を決めたり、事前に決めていたけど、現地でたまたま美味しそうな店を見つけたから変更してみたりなど、行き当たりばったり感のバックパッカー要素が楽しめます。特に、ホテル到着後から夕食時間までのちょっとした自由時間が勝負で、一旦お客様と解散した後、小1時間でカラファテやチャルテンの街を走り回ってレストランを物色しています。最近は予約が無いと入れないレストランも増えてきたので、時には当日のレストランだけでなく数日先の夕食候補のレストランへハシゴして予約をしたりしています(笑)。

ーーつまり、普通であれば現地旅行社へ一任出来ることを、添乗員(小林)が事前に調べたり、街を歩いて探し回ったりして手配しているということですね。正直、めちゃくちゃ面倒じゃないですか!?

小林:もちろん面倒です(笑)。でも、それを超えた楽しさがあるんです!過去に見つけたお店はもちろん、出発前にはネット上で料理やメニュー表さらに口コミなどの下調べをして目星を付け、現地へ行った際は実際にお店を見て回ったり、現地で新たに見つけたお店をチェックしたりと毎回十数店くらいはチェックしています。その面倒さを私が担うことで、他よりも少しリーズナブルでもあり、個性的なパタゴニアツアーが出来る訳です。そして、なによりもこのツアーを選んでご参加いただいているお客様には少しでも美味しい料理を楽しんで頂きたいと思って毎回探しています。もちろん、私自身も美味しい料理を味わいたいですし(笑)。そういう気持ちでその時考えうるベストな料理やレストランにご案内しているので、お客様に喜んでいただいたときは添乗員冥利に尽きますね。

ーーそんな気合を入れて食事をするお店を毎回選んでということはこのツアーの食事はどれも美味しいんですね!?

小林:いえ、そうとは限りません(苦笑)。というのも行程上、「軽食しか食べられない」、「お弁当しか用意できない」という日がどうしてもいくつかあります。主に昼食でよくあるのですが、軽食やお弁当は大味なサンドウィッチばかりなのであまり期待しないでください。ただ、その分、夕食は出来る限り美味しい食事が食べられるようにしています。夕食は大事な時間でもあり、ある意味その日を〆るイベントと考えています。天気に左右されてしまうパタゴニアツアーですので、良い日も悪い日もせめて夕食だけでも美味しい料理やお酒で楽しく過ごして頂きたいという添乗員側の強い思いもあり食事にはこだわっているという理由もあります。皆様を食事にご案内する際の私のモットーは”ケチらない!”です(笑)。もちろん限度はありますが、基本的には食べたいものがあれば好きなだけ食べていただいています。

ーーなるほど!こうしたお話を聞いていると「パタゴニア・バックパッカープラン」というタイトルの意味が良く理解できました。最後にこのツアーの企画者&添乗員としてご参加を検討されている方へのメッセージをお願いします。

小林:今までお話をさせていただいたようにこのツアーは形を変えながら今日まで続いてきました。正直、見た目には「バックパッカープラン」というタイトルとはそぐわない内容になってきているかもしれません。ただ、時代の流れやルールで変わりつつもこのツアーの良さや面白さを出来る限り残しつつこれからも続けていく予定です。時代の流れでどういう形のツアーになっていったとしても”バックパッカー気分で楽しむ魂だけは忘れずに!”そういう意味を込めてこのタイトルだけはずっと変えずに使い続けています。見る方によっては胡散臭いツアータイトルですし、一般的なグループツアーに比べれば多少不便な面も出てしまうと思います。ただ、それでも”ちょっと面白そう!”と感じていただいた方は是非、この一風変わったパタゴニアツアーにご参加いただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

企画・同行予定添乗員

東京本社

小林 勝久 (こばやし かつひさ)

手配部所属。海外手配&南米・東欧企画担当。
学生時代に訪れたアルゼンチンで南米の魅力に開眼。特にパタゴニアの美しい大自然に感動を覚える。卒業後は中南米専門の旅行会社に就職し、公私共に中南米一色になる。
2年後会社を退職し、1年間かけてチリ、アルゼンチン、ボリビア、ペルーなど南米を放浪。よりパワーアップした経験と知識を基に風の旅行社へ入社、以後、南米の企画と風の海外ツアーの手配を担う。最近は東欧の魅力に開眼し、風の旅行社の新規企画として、東欧ツアーを手掛けている。担当地域の中でも得意としているのがパタゴニア。公私共にパタゴニアの渡航歴は12回、そのうちパタゴニア添乗は8回。また、入社前は約2ヵ月半に渡りパタゴニアを放浪経験があり、パタゴニア企画の「パタゴニアバックパッカープラン」では自身が案内人として添乗している。

関連ツアー
企画者&添乗員・小林がイチ押し渾身のパタゴニアツアー

パイネ国立公園内の絶景ホテル「ホステリア・ペオエ」2連泊!

【9名様限定】真夏のパタゴニア・バックパッカープラン14日間

出発日設定2025/02/11(火・祝)
ご旅行代金984,000円~989,000円
出発地東京、大阪・名古屋
sa-sp-bp-01 sa-sp-bp-01

ツアー


パイネ国立公園内の絶景ホテル「ホステリア・ペオエ(スーペリアルーム利用)」2連泊!

【9名様限定】早春のパタゴニア・バックパッカープラン14日間

出発日設定2024/11/05(火)
ご旅行代金979,000円~984,000円
出発地東京、大阪・名古屋
sa-sp-bp-03 sa-sp-bp-03

ツアー


【9名様限定】 パイネ国立公園内の絶景ホテル「ホステリア・ペオエ」2連泊!

★ツアー代金後日発表★紅葉のパタゴニア・バックパッカープラン14日間

出発日設定2025/04/24(木)
ご旅行代金要問合せ
出発地東京、大阪・名古屋
sa-sp-bp-02 sa-sp-bp-02

ツアー

関連よみもの

パタゴニア・バックパッカープラン徹底解剖インタビュー!前編
企画者&添乗員・小林に聞く~「自由旅行経験のある添乗員がバックパッカー気分で案内するようなツアーがあっても面白いかも!」


企画者・小林がズバリ回答!パタゴニアバックパッカープランQ&A


パタゴニア基本情報(気候・服装のポイント)


企画者が本音で答える!パタゴニアQ&A ~パタゴニア全般編~


企画者が本音で答える!パタゴニアQ&A ~食事編~


パタゴニアの絶景 ペリトモレノ氷河の”3つ”の楽しみ方


パタゴニアの雄姿 フィッツロイ・トレッキングの楽しみ方①
~エル・チャルテン村ルート編


パタゴニアの雄姿 フィッツロイ・トレッキングの楽しみ方②
~エル・ピラールルート編


フィッツロイ&セロトーレ両方とも眺められるお気軽トレッキング~ロス・コンドレスの丘トレッキング~


パタゴニア・パイネ国立公園の絶景ホテル「ホステリア・ペオエ」


景色だけじゃない! おいしいパタゴニアを味わい尽くす

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。