ベテラン日本語ガイド シンゲ・ナムゲル同行

春の大祭パロ・ツェチュとゆったりブータン 8日間

2名催行日本語ガイド

パロ・ツェチュのトンドルのご開帳

パロのお祭見学訪れた大勢の人々

晴れ着でおめかしした女の子(パロ・ツェチュ祭)

お祭の日は屋台も大勢でます(パロ・ツェチュ祭)

ローカルレストランでは激辛のブータン料理

ブータン王室と縁の深いプナカ・ゾン

家族でチミ・ラカンを訪れるブータン人の巡礼者

「子宝の寺」チミ・ラカンを目指してハイキング

ホームステイ先のご家族(パロ)

ホームステイ先の立派な仏間

出発日設定2020/04/04(土)
旅行代金428,000円
出発地東京・大阪・名古屋
POINT
  • ブータン最大の祭パロ・ツェチュにあわせた日程。トンドル(大仏画)のご開帳も見学します
  • パロの民家でホームステイ(民泊)。石焼風呂、家庭料理もお楽しみ下さい。
  • 民族衣装キラ、ゴの試着もお楽しみ下さい
  • ブータン随一の聖地 タクツァン僧院へトレッキング(ストックの無料レンタルあり)
  • ベテラン日本語ガイド シンゲ・ナムゲルがご案内
早割90
詳細

お祭、民族衣装、食文化、暮らし、仏教、聖地巡礼……。さまざまなブータンの魅力がぎゅっと詰まった盛りだくさんの企画です。ブータン最大の祭典パロ・ツェチュに合わせた春の特別企画。ツェチュの期間にはブータンに仏教を伝えた密教行者グル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)の12の伝承をたたえる仮面舞踏やフォークダンスなどが披露され、早朝、日の出と共に掲げられる大きな仏画(トンドル)のご開帳は見るだけで御利益があると言われています。「着道楽」で有名なパロの人々が華やかに着飾ってお祭にやってくるので、ブータンの民族衣装や織物に興味がある方は必見です。パロ、ティンプーではそれぞれ連泊するゆったりとした日程です。

この人気ツアーを7年間の日本生活経験もあるベテラン日本語ガイド、シンゲ・ナムゲルがご案内します。

ブータンの日本語ガイド シンゲ・ナムゲル(サイクリング中)

ブータン・カゼ・ツアーズ&トレックス(BKT)社長

シンゲ・ナムゲル (しんげ なむげる)

風のブータンが誇るNO.1日本語ガイド
Bhutan Kaze Tours &Treks(通称BKT)社長兼日本語ガイド。日本語ガイドとしてはブータン最古参で、ブータン王族を含む要人の通訳として同行来日したこともある。日本(名古屋)在住暦7年強、現在ティンプー在住。日本滞在時、相撲は寺尾、野球はドラゴンズのファンだった。青春時代からBryan Adamsなど洋楽ロックを愛聴し、ゾンカ語(ブータンの母国語)の歌を愛唱している。TVや雑誌取材のコーディネート経験も豊富。近年はMTBにはまり「週末ライダー」としてのキャリアもすでに6年になる。

同行ツアー一覧

以前のツアーの様子はこちらをご覧下さい。
添乗報告記●春の大祭パロ・ツェチュとゆったりブータン9日間(2018年3月)

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋 バンコク

午前:東京(成田または羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)発。空路、バンコクへ。

午後:バンコク到着後、ガイドがお迎えし、車でホテルへ。

タイ料理の夕食へご案内します。

ホテル
2日目

バンコク パロティンプー

早朝:ガイドが車で空港へお送りします。空路、ブータンの空の玄関口・パロへ。

午前:パロ到着後、ガイドがお迎えし近隣の農家が新鮮な野菜を持参して行われるパロのサブジバザール(野菜市場)を訪れます。

その後、首都ティンプーへ(約67km、約1時間30分)。途中、ティンプーの街を見渡すティンプー大仏に立ち寄ります。

夕刻:国王の政庁タシチョ・ゾンを訪れます。

ホテル
3日目

ティンプープナカウォンディフォダンティンプー

朝:ティンプーを車で出発。晴れればブータンヒマラヤが展望できるドチュラ峠を越えて一路でプナカへ。(約77km、約3時間30分)ブータン美術の粋を集めたプナカ・ゾンを見学します。

午後:子宝の寺としてブータン人に広く信仰されるお堂チミ・ラカンまでハイキング(往復約45分)。その後、ティンプーへ戻ります。(約77km、約3時間30分)

ホテル
4日目

ティンプーパロ

午前:朝、民族衣装に着替えてメモリアルチョルテンにお参りします。。その後、伝統工芸院(ゾーリグチュスム)を見学後、時間があればティンプー市街を散策。

午後:パロへ移動します。ホームステイ先で家庭料理を頂きます。(約67km、約1時間30分)

ホームステイ
5日目

パロ(ツェチュ祭見学)

早朝:まだ暗いうちにツェチュ祭会場へ。夜明けと共にパロ・ゾン横の会場に掲げられるトンドル(大仏画)のご開帳を見学します。その後朝食へ。

パロ・ツェチュ観光。ブータン最大のツェチュ祭で繰り広げられる歌や仮面舞踊を見学。途中、映画『リトルブッダ』の撮影地でもある伝統様式の橋ニャマイ・ザムや、パロ・ゾン、ブータン最古の寺院のひとつで由緒あるキチュ・ラカンなども見学します。その後、民家に戻り石焼風呂(ドツォ)を体験します。

ホームステイ
6日目

パロ タクツァン僧院パロ

朝:ブータン仏教随一の聖地タクツァン僧院までトレッキング。(往復約5~6時間)※体力に自信のない方は、タクツァン僧院を展望するカフェテリアまで登って待機したり、ドライバーとパロ市内散策に出かけたりすることも可能です。

夕刻:パロのホテルへ。

ホテル
7日目

パロ バンコク

早朝:ガイドが車で空港へお送りします。

午前:空路、バンコクへ。夕刻:バンコク到着。帰国便に乗継ぎます。

深夜:空路、帰国の途へ。

機内
8日目

東京・大阪・名古屋

06:00~09:00 東京(成田)、大阪(関西)、名古屋(中部)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2020/04/04(土) ¥428,000 東京・大阪・名古屋 募集中
最少催行人員 2名 (定員15名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。 但し10名以上の場合は添乗員が同行
利用予定航空会社 タイ国際航空(日本ーバンコク間)、ブータンエアラインズ、ドゥクル航空(バンコクーパロ間)
利用予定ホテル

<ティンプー>ホテル・ペリン、ウォンチュック・ホテル、イズィン・ゲストハウス、ガキリン
<パロ>ジャンカ・リゾート、オラタンホテル、ジグメリン
<パロ(ホームステイ)> 民家(2~6名の男女別の相部屋)
<バンコク>ゴールデンチューリップ・ソヴェリン・バンコク、グランド・メルキュール・フォーチュン・バンコク、ナライホテル
※ホテルにはバスタブがなく、シャワーのみの場合があります。
※お祭期間中は現地ホテル混雑の為、原則お一人部屋利用はお受けできません。ご希望の場合は予約順にリクエストとしてお預かりいたします。あらかじめご了承ください。

一人部屋追加代金 31,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線目安 11,980円(2019年11月1日現在)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間
●旅券(パスポート)の残存期間 ブータン出国時に6ヶ月以上有効の旅券が必要です。
各国空港税/査証

●各国空港税(事前徴収)
成田空港使用税 2,660円、羽田空港使用税 2,710円
関西空港使用税 3,100円、中部空港使用税 2,970円
タイ出国税 5,120円(700バーツx2回)
タイ空港施設使用料(E7) 510円
タイ国際線離着陸料(G8) 210円
ブータン出国税 1,340円(800ニュルタム)

●査証(ビザ)
タイ:不要
ブータン:要(弊社代理申請が必須)
※日本国籍以外の方は、査証(ビザ)要件が異なりますので、ご自身で入国管理局や大使館にご確認ください。
ブータンビザ代金 9,200円(実費・税・代行手数料込み)

その他

※福岡、その他地方発はお問い合わせください。
※寺院、ゾンを現地事情(法要など)により見学できない場合は、現地にて代案をご案内します。

●より詳しいご旅行条件
旅行条件(全文)はこちら をご覧下さい。
●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は、日本語ガイドがご案内します。

・このご旅行は「早割90」の適用対象です。(ご出発日の前日から起算して90日前までのご成約で、ご旅行代金を10,000円割引いたします)

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2020/04/04(土) ¥428,000 東京・大阪・名古屋 募集中

いってきました!

出発日:2019.03.16

評価:

なんといっても「シンゲ・ナムゲルと行くツアー」の名前のごとく、ブータン文化を深く知ろうと思って臨んだツアーとしては大正解でした。お寺をめぐりながらの仏教の話や夕食でビール飲みながら文化の話、Aさんの日本留学時代のお話、おもしろかったです。そして、プナカゾンで大僧正にお会いし、パロのツェチュでは、国王に話かけられるなんて!一生の思い出となり、新年度の仕事に弾みがついたようです。日本の幸福と、ブータンの幸福、比較するものではありません。しかし、幸福ってなんなんやろ?そう一歩たちどまるきっかけとなった旅行となりました。

200%堪能したブータン旅行でしたが、お祭りでの国王の件は、電話でガイド仲間と情報交換しながら、タイミングよく私たちを導いていただいたようです。日本語・英語・ゾンカ語、ヒンズー語、ネパール語を駆使し、いろんなことを教えてくれたAさん、本当にお世話になりました。

出発日:2018.03.24

評価:

ブータンの人達は、子供の頃から、仏教の価値観を身につけている為、ブータン国民の皆、謙虚な仏教徒で仏教の教えが、暮らしの基準となっていると思いました。今から、26年前に亡くなられた、西岡京冶さんは、農法だけではなく、食生活の改善、架橋による流通の促進、地域開発にまで及んだ方だと思いました。

出発日:2018.03.24

評価:

(担当の)Aさん、(社員添乗員の)Bさん、本当にお世話になりました。(ガイドの)Cさんも素敵な人でした。セカンドガイドのBさんもとても気配りのできる優しい人でした。よろしくお伝え下さい。
旅行でご一緒させていただいた方達の助けもあり、無事、親子でのブータン旅行終える事ができました。ありがとうございました。

出発日:2018.03.24

評価:

素晴しいブータン旅行満足しましたありがとう!

出発日:2018.03.24

評価:

まずまず良いと思います。
(イ)旅行の後半はスケジュールが厳しかった。特にホームステイの日は到着が遅くなり、石風呂の入浴などに時間を取られ、ホームステイの楽しみである家族との親睦などなくて失望した。神聖な仏間に就寝するのも、どうかと思う。
(ロ)3日目の民家を訪問し織物見学、体験そして家庭料理は楽しく良かった。
(ハ)全体としてはすばらしい旅行でした。

出発日:2018.03.24

評価:

楽しい旅行でした(お仲間も良い人達でした)
織物体験とブータン家庭料理は暖かいおもてなしで、楽しかった。

出発日:2018.03.24

評価:

全体を通して、無駄に待たされることがなく、よく組まれた日程でした。体力的には、50才の自分には少々きつめ。トレッキングの翌朝が早朝出発だったのが、可能であればもう1泊できたなら、訪問先のお宅の方々ともより交流ができたかと思います。その他は、素晴しい旅行でした。

出発日:2017.04.08

評価:

・すばらしい仲間達でした。
・後半、下痢ピーになり、帰国している日間は続く。検査結果は「O-6」との事!

出発日:2017.04.08

評価:

最初6日間のツアーに参加しようと申し込みましたが、大阪支店のスタッフAさんとお話するうちに春のパロの大祭があること、織物体験や家庭料理の体験など地元の生活に触れることができる9日間のツアーの方がせっかく行くなら魅力的と感じ変更をさせていただきました。結果としてこれは大正解でした!
特にBさんのガイドはあまりブータンに対する予備知識もなかった私にとってとてもわかりやすく、また質問にも丁寧に答えていただけました。ツアー参加者の皆様もフレンドリーでとても良い出会いに恵まれた時間を過ごすことができツアー料金に勝る体験と思い出ができたことにとても感謝しております。自宅に戻りリュックをしばらく下ろせないほどツアーが終わった寂しさと満足感がありました。すぐに夫に写真をPCで見せ、お茶を飲みながら旅の報告をしたぐらいでした。夫もとても興味を持ってくれたので、次回は是非夫婦で訪れたいです。
会社の方からのもSNSでブータンに行っていることがわかりずっと行きたいけど行けていない国だとメールが来たので風の旅行者をご紹介しました。できれば次回はフリーアレンジでもっとゆっくりと一箇所を楽しむ旅や中央、東ブータンも楽しめる旅をしてみたいと思っています。

Aさん、Bさん、ドライバーのCさん(私の荷物重くてゴメンなさい)本当に充実した時間をいただきありがとうございました。

おかえりなさい!

まだまだ素朴さが残っている国です。幸せの国と称するのも頷けます。是非、ご夫婦でお出かけください。

出発日:2016.03.19

評価:

タイミングよく国王様にお目にかかれたし、同行者の方々も良い方ばかりだったし、ガイドのAさんもよく気がついて楽しい方だったし、あっという間の7日間でした。お天気に恵まれタクツァン僧院に無事に行けたこともラッキーでした。旅の後半にはそれぞれ皆さんのキャラが出てきて、それが一層旅を楽しくしてくれました。ブータンの一般家庭を見せていただいて、家庭料理をいただいたのも良かったです。これから先、ブータンという国がどのように変化していくのか、日本から見守り、応援したいと思います。

家庭料理を見せていただきましたが、レシピをほしいです。大根と乾燥豚肉の煮物はベーコンか豚バラ肉でできるし、ジャガイモとチーズの煮物も日本で作れそうです。分量と火加減と煮る時間を書いたものをいただければ、今後、行かれる方も大いに楽しまれることでしょう。ホテルで連泊の時、キーを預けなければお部屋のお掃除をしていただけないことを知らせておいてほしい。私はフロントで聞いたので問題はなかったのですが、お掃除をしてもらえなかった方がいらっしゃいました。国によって違うので一言案内があれば助かります。

おかえりなさい!

お客様の鍵とは別にホテル側にも鍵があるはず。お客様が鍵をフロントに預けないと掃除しないということは通常はありません。現地でも、それはないと申しております。ただ、個別にはどんな対応があっても不思議はありません。 ホテルとしてのスタンダードを維持してほしいと思います。

もっと見る