夏のブータンを満喫しよう!

深緑の棚田も訪れる ブータン3つの谷めぐり8日間

3名催行日本語ガイド

タクツァン僧院周辺も緑に包まれます

ロベサ周辺

パロ・ボンデ周辺の美しい棚田

夏のタシチョ・ゾン(ティンプー)

高山植物が咲き乱れるチェレラ峠(8月)

チェレ・ラ峠付近で咲く高山植物(8月)

緑溢れる夏のチェレ・ラ峠(8月)

クイーンズチョルテン(カムスムユーレイチョルテン)付近の田んぼ

ブータンの夏のお楽しみ、マツタケ

緑の棚田風景が広がるカムスム・ユーレイチョルテンの周辺

地元で人気のブータン料理(一例)

ホームステイ先の立派な仏間

ホームステイ先のご家族(パロ)

出発日設定2019/06/12(水)~2019/08/28(水)
旅行代金378,000円~418,000円
出発地東京・大阪・名古屋
詳細

ブータンの夏の魅力満載のツアーです。深緑の棚田が美しいプナカやパロのボンデ、高山植物の期待できるパロ郊外のチェレラ峠、風情あるパロのサブジ・バザール(野菜市場)、聖地タクツァン僧院、ローカルレストランやホームステイ先での家庭料理、8月はマツタケ料理もお楽しみください。民族衣装の試着や石焼風呂も楽しめます。

笑顔とホスピタリティで人気の弊社専属ブータン人日本語ガイド、リンチェン・ジャムツォがご案内します。

ブータン日本語ガイド リンチェン・ジャムツォ

現地日本語ガイド

リンチェン・ジャムツォ

仏教解説も得意な、明るく頼れる日本語ガイド
「風のブータン」を現地で支えてくれているブータン・カゼ・ツアーズ&トレックス(通称BKT)で、日本語ガイドとして活躍。ブータン人の生活に根づくチベット仏教の教えを日本語で説明いたします。いつも笑顔のリンチェンと旅してみませんか? ブータン南部のサンドゥップジョンカ出身。2015年1〜2月に来日し、日本での研修も経験しております。

【重要】バンコク-パロ間航空運賃の大幅値上げのため、ツアー代金が「風の季節便」パンフレット掲載のものから変更(値上げ)になっております。ツアー代金をご確認の上、お申込み下さい。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋 バンコク

午前: 東京(成田または羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)発。空路、バンコクへ。

午後: バンコク到着後、車でガイドがホテルへお送りします。夕食はホテルでタイ料理をお召し上がりください。

ホテル
2日目

バンコク パロティンプー

午前: 空路、ブータンの空の玄関口・パロへ。到着後、ガイドがお迎えし、ブータン最古の寺キチュ・ラカンを訪れます。(土曜出発のツアーはパロの野菜市場にもご案内します)

午後: 首都ティンプーへ。(走行=約67km、約1時間30分)第三代王を記念したメモリアル・チョルテン(仏塔)、国王の政庁タシチョ・ゾンなどを訪れます。※希望者は民族衣装キラ、ゴの試着も行います。

ホテル
3日目

ティンプープナカウォンディフォダン

午前: ドチュラ峠(3,150m)を越え、プナカへ。(走行=約77km、約3時間30分)到着後、プナカ・ゾンへ。

午後: 子宝の寺としてブータン人から信仰を集めるチミ・ラカンを、美しい棚田や農村の間を抜けて徒歩で訪れます

ホテル
4日目

ウォンディフォダンティンプー

午前: 「クイーン’sチョルテン・ハイキング」へ。(徒歩合計=約2~3時間)谷沿いに広がる棚田を通り、尾根沿いに建つカムスムユーレイ・ナムゲル・チョルテンへ。

午後: ティンプーへ戻り、フリータイム。(走行=約77km、約3時間30分)夕食はティンプー市民に人気の食堂(ブータン料理)へ。(希望しない方はホテルのレストランで夕食を手配します)

ホテル
5日目

ティンプーパロチェレラ峠パロ

朝: 車でパロへ。(走行=約67km、約1時間30分)(水曜出発のツアーは、屋外で行われるパロのサブジ・バザール(野菜市場)を訪れます。)その後、チェレラ峠(3,800m)を訪れます。経文旗ダルシンがはためく峠を高山植物を探して散策してみましょう

午後: パロへ戻りブータン農業の父と謳われる西岡京治氏を記念したチョルテン(仏塔)を訪れ、西岡氏とその弟子達が育て上げたボンデの棚田の景色も楽しみます。その後、ホームステイ先の民家へ。家庭料理や石焼風呂(ドツォ)をお楽しみ下さい。

ホームステイ(民家)
6日目

パロ タクツァン僧院 パロ

午前: 断崖の寺院タクツァン僧院までトレッキング(往復約5~6時間。体力に自身のない方は、1時間半ほど登った途中のカフェテリアにて待機可能。またはドライバーとパロの街散策へご案内します)に自身のない方は、途中の休憩所にて待機も可能です。)

夕刻: パロ市内散策へ。

ホテル
7日目

パロ バンコク

午前: 空路バンコクへ。到着後、帰国便にお乗り継ぎ下さい。

深夜: 空路、帰国の途へ。

機内
8日目

東京・大阪・名古屋

東京(成田または羽田)、大阪(関西)・名古屋(中部)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/06/12(水) ¥378,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/07/13(土) ¥388,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/08/10(土) ¥418,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/08/28(水) ¥378,000 東京・大阪・名古屋 もうすぐ催行決定
最少催行人員 3名(定員15名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。 但し参加者が10名以上の場合は添乗員が同行します
利用予定航空会社 タイ国際航空(日本ーバンコク間)、ドゥルクエア、ブータンエアラインズ(バンコクーパロ間)
利用予定ホテル

<ティンプー>ホテル・ペリン、ウォンチュック・ホテル、イズィン・ゲストハウス
<パロ>ジャンカ・リゾート、オラタンホテル、ジグメリン
<ウォンディフォダン/プナカ>ソナムガン*、ペマ・カルポ*、ドラゴンネスト・リゾート、メリプンスム・リゾート*
<バンコク>ゴールデンチューリップ・ソヴェリン・バンコク、グランド・メルキュール・フォーチュン・バンコク、ナライホテル
*のホテルはバスタブがなく、シャワーのみとなります。
*宿泊地「ウォンディフォダン」と表記の場合は、近郊プナカ(車移動15~30分)となる場合があります。

お一人部屋追加代金 35,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
14,560円(2018年11月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ブータン出国時に6ヶ月以上有効の旅券が必要です。
各国空港税/査証

成田空港使用税 2,610円、羽田空港使用税 2,670円
関西空港使用税 3,040円、中部空港使用税 2,570円
タイ出国税 4,940円(700バーツx2回)
ブータン出国税 1,540円(800ニュルタム)
タイ空港施設使用料 490円(35バーツ×4回)
タイ国際線離発着料 210円 (15バーツX4回)

●査証(ビザ)
タイ:不要 ブータン:要(弊社代理申請が必須)
ブータンビザ代金 9,120円(実費・税・代行手数料込み)
※日本国籍以外の方は、査証(ビザ)要件が異なりますので、ご自身で入国管理局や大使館にご確認ください。

その他

※福岡、その他地方発はお問い合わせください。
●より詳しいご旅行条件旅行条件(全文)はこちら をご覧下さい。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/06/12(水) ¥378,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/07/13(土) ¥388,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/08/10(土) ¥418,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2019/08/28(水) ¥378,000 東京・大阪・名古屋 もうすぐ催行決定

いってきました!

出発日:2017.08.09

評価:

行ってみたかったタクツァン僧院もゆっくり案内してもらえる上、ガイドさんの人柄がとても良く気持ちの良い旅行ができ満足です。また、スケジュールが過密でなく余裕のある日程も良かったです。

出発日:2017.08.09

評価:

不便で水道水も飲めないけれど、まったくストレスを感じませんでした(ブータン国内に限る)。なければない、ささいなトラブルが起こってもしょうがない、どうして便利さを求めたり、怒ったりする必要があるんだろうという気持ちでずっと過ごせました。ただ楽しむための旅ではなく、急速な近代化が進み弊害が出てきているけれども、各国が見習うべき理想の国となる大きな可能性も含んでいるブータンを旅して、日本人として今の置かれている環境に疑問を持つ良いきっかけになりました。

ブータンだけでいうと「5」なのですが、関空で受け取るときにはスーツケースの底板が破損していたため、タイでおそらく雨に打たれ、ねじ穴から内部に浸水していました。受け取る際にスーツケースが濡れていて、関空は晴れていたので、タイのスコールではないかと思われます。ほとんどの品を圧縮袋とジップロックにいれていたので、難は免れましたが・・・。

(担当の)A様、迅速に手続きしていただきありがとうございました。質問に対するご回答も短時間でいただけて、とても助かりました。
(ガイドの)Bさん、人としてすごいと思いました。
トイレットペーパーは流していい場所と、ゴミ箱に捨てる場所の区別がつかなかったので、ホテルや観光地毎に情報があればいいなと思いました。
私のようなクレジットカード極力使わないようにしている人間は、復路スワンナプーム国際空港でタイバーツがあった方が便利だと思いました。すべて価格がタイバーツ表示で、ドルで支払ってもお釣りがタイバーツだから。小さな食べ物屋さんで使えるかよくわからなかったです。DFSでは使えそうなので聞いてからドルを使いました。ミラクルトランジットホテルのデポジットが$10になっていました。

おかえりなさい!

今のブータンは、昔の日本みたいです。不便でしたが、そのことに不満はなかったように思います。逆に、便利になると、失うものも多いですね。ゆっくりした時間とかゆとりのある心とか。ブータンは、まだ、そんな時間が流れています。

出発日:2017.07.12

評価:

ティンプーでもっとフリータイムがあるとよかった。
2回目にブータンに行く場合、タクツァン僧院はもういいかなと思うので、タクツァン僧院へ行かないツアーというのもありますか?次回はブータンのトレッキングもおもしろそうと思いました。

もっと見る