知られざる美しい湖を馬で巡る

【限定4名】サルチェレック 騎馬トレック&キャンプ 9日間

3名催行日本語ガイド

出発日設定2019/09/14
旅行代金379,000円
出発地東京
POINT
  • キルギス・天山山脈の山懐で2泊3日の騎馬トレッキング
  • 乗馬の得意な現地日本語ガイドがスルーでご案内
  • 馬方、キッチンスタッフ同行と、手厚いサポートでキャンプ初心者でも安心です
  • バザール訪問など、キルギスの暮らしや文化にも触れる内容です
  • 最大でも4名様限定のプレミア企画
詳細

一度キルギスに訪れたことがある人でも驚くような、ダイナミックな山岳風景と、蒼く美しい湖に出会えるサルチェレック。キルギス西部ジャララバード州にあるサルチェレック(sary-chelek)は自然保護区にも指定されている、キルギス人がこぞって「キルギス一美しい」と称する、透明度の高い高山湖です。

標高約1,900mの高所に位置しており、1978年にはユネスコの世界生物圏保護区として指定されました。(保護区内では1,000種類以上の植物、オオヤマネコ、オオカミ、キツネ、ヤマアラシ、ユキヒョウなど34種以上の希少な哺乳類も生息しているようです)

サルチェレック自然保護区の中心には、6つの小さな湖があり、その中でも一番大きい湖がサルチェレック。車道から行くことができる場所はまだまだごくわずかで、湖周辺には無数のトレイルが伸び、ハイカーや馬旅でしか見られない絶景を楽しむことができます。

スケールの大きな山岳風景を仰ぎ見ながら、ワイルドな山道を馬で往き、峠を越え、大小さまざまな美しい湖を巡る、2泊3日でどっぷり大自然にひたる騎馬トレッキング&キャンプを楽しみましょう。

6月は残雪の天山山脈と新緑が美しい時期。9月は赤や黄色の木々と秋めいた紅葉の山も楽しめる季節です。

また、キルギス西部はまだまだ訪れるツーリストも少なく、良くも悪くもキルギス中央~東部より観光開発が進んでいないため、より素朴な村の暮らしや人懐っこい村の子供たちとの出会いがあるのもこの旅ならではの魅力。

尚、登山道としても利用されている狭く急峻なルートを辿るため、道中、馬から下りてご自身で登山または下山していただく場合がございます。安全上の配慮から、ガイドの目が届く人数(最大でも4名様まで)で、且つ、乗馬経験者限定のプログラムです。

●乗馬レベル
乗馬日数:2.5日間 
対象:中級者~

※乗馬レベルについて

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(大阪・名古屋 ) 成田 モスクワ

午前:大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)より空路、東京(成田または羽田)へ。〕

午後:東京(成田)よりアエロフロート・ロシア航空にて乗継地のモスクワへ。

夕刻:モスクワ到着後、乗り継いでキルギスの首都ビシュケクへ。

機内
2日目

ビシュケク チュチカン渓谷

早朝:ビシュケク到着後、日本語ガイドがお迎えし、車でホテルへお送りします。

午前:ホテルにて朝食と休息。

午後:ビシュケク市内のローカルレストランにて早めの昼食をとった後、車で一路チュチカン渓谷へ。(走行=約4時間半) 途中は天山山脈の絶景が続きます。トーアシュー峠を通り、チュチカン渓谷の渓流沿いに佇むロッジに宿泊。

ロッジ
3日目

チュチカン渓谷アルキット村

午前:朝食後、車で一路アルキット村へ。(走行=約5時間) 天山山脈の氷河と雪解け水でできた蒼く輝くトルトグル貯水池を横目に見ながら、引き続き絶景のドライブをお楽しみください。昼食は道中の景色の良い場所にてピクニックランチ。

午後:アルキット村に到着。民家風ゲストハウスに宿泊します。夕食はシンプルなキルギス家庭料理をお楽しみください。

民宿
4日目

アルキット村 カラスー村 カラスー湖

午前:朝食後、車で騎馬トレックのスタート地点となるカラスー村(1,125m)に向けて出発。(走行=約1時間半)

終日:【騎馬トレック1日目】(乗馬=約3-4時間)
出発準備が整い次第、馬でカラスー湖を目指して出発。最初はロバなどの家畜や村人が行き交うのどかな農村風景を横目に、徐々に荒々しい天山山脈の山岳風景が広がっていきます。昼食は道中でピクニックランチ。

夕刻:緑色に輝く静かなカラスー湖の湖畔でテント泊(1,800m)。

テント
5日目

カラスー湖サルチェレック

終日:【騎馬トレック2日目】(乗馬=約4-5時間)
スケールの大きいダイナミックな山岳風景と美しい湖を眺めながらの絶景騎馬トレッキングを楽しみます。森を抜け、急峻なココルモ峠(2960m)を越えると、眼下にサルチェレックが見えてきます。この日も昼食はピクニックランチ。

夕刻:サルチェレックまたはその周辺の静かな湖畔でキャンプ(1,900m)を張ります。

テント
6日目

サルチェレック アルキット村

午前:【騎馬トレック3日目】(乗馬=約3時間)
ひきつづき馬で胡桃やリンゴの森を抜けてアルキット村まで下ります。

午後:民家風ゲストハウスでゆっくりと過ごしください。

民宿
7日目

アルキット村 ビシュケク

午前:車でビシュケクへ。(走行=約9時間)元来た絶景の道を辿ってビシュケクへ。昼食は道中のローカルレストランで、トルトグル名物の魚料理を頂きます。

夜:ビシュケク到着後、市内のレストランにて最後の夕食をお楽しみください。

ホテル
8日目

ビシュケクモスクワ

午前:ビシュケク散策。活気溢れる地元民の市場オシュバザールやおすすめのフェルトショップなどへご案内します。

午後:昼食後、車で空港へお送りします。

夕刻:空路、モスクワへ。

夜:到着後、乗り継いで帰路へ。

機内
9日目

東京 (大阪・名古屋)

午前:東京(成田)到着。

午後:東京(成田または羽田)より空路、大阪(関西または伊丹)・名古屋(中部)へ。〕

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/09/14 ¥379,000 東京 募集中
最少催行人員 3名(定員4名) 添乗員 同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社 アエロフロート・ロシア航空
利用予定ホテル

【ビシュケク】マイホテル、プラザ、アクケメ
【チュチカン渓谷】ロッジ
【アルキット村】民家風ゲストハウス

お一人部屋追加代金 25,000円 (ホテル・テント泊)
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線:40000円(2019年6月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 帰国時に有効期間が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です。
各国空港税/査証

キルギスは査証不要です。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 250,000~500,000円
その他

●ツアー代金に含まれないもの
成田空港使用料:2,610円
国際観光旅客税:1,000円
ビシュケク空港税:1,710円
モスクワターミナル使用料:3,440円

●ご注意
・ガイド及び弊社の判断により天候に合わせたプログラムに変更をさせて頂く場合があります。
・乗馬経験者向けのプログラムですが、山道を往くため、一列になって並足ペースで進み、基本的に駆け足はできません。乗馬の鞍数や駆け足ができるか否かではなく、体幹を使って馬上でのバランス感覚がとれる方であればご参加可能なルートです。
・急勾配な場所では安全上の配慮から、馬を下りてご自身で歩いていただく箇所がいくつかございます。
・ゲストハウスでは、男女別の相部屋(共同トイレ・共同シャワー)となる場合がございます。
・お一人でお申込みの方には一人用テント、お二人でお申込みの方には二人用テントをご用意します。

・2018年現在、ジャララバード州には「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」という注意情報が日本の外務省より発出されています。実際に弊社スタッフが現地を下見をした上で作っておりますが、今後、突発的なことがおき、情勢が悪化した際には、募集および催行中止の判断をする場合があります。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/09/14 ¥379,000 東京 募集中

いってきました!

出発日:2018.09.15

評価:

今回は馬旅ということで参加しましたが,キルギスという国を通じて様々な発見や気づきがあり,実り多い旅になりました。ガイドさんのお人柄を通じ,文化の緩衝地であるキルギスの懐の深さを感じたり,同行者の方のコミュニケーション力のおかげで,現地の方との生き生きとした触れ合いを体験することもできました。そして,まだ馬とともに生きている現地のありよう自体に感動もしましたが,同行者の方やガイドさんの馬への関わりを見たり,美しくも困難な道のりをともにする中で,馬という生き物の偉大さを改めて感じた旅でもありました。

航空便はモスクワ経由でしたが,現地での移動時間もそれなりなので,より短時間でビシュケクに入れる経路があると利用しやすくなるかもと思いました。

出発日:2018.06.02

評価:

同行者に恵まれ、楽しい馬たびでした。
カラスー湖を見落しながら登山道を馬で登るにつれ、周囲の景色、お花畑など最高です。さらに峠からのながめも絶景でした。
特筆すべきは、キャンプ中の食事。素晴しい!Arkit村でバターを作るところを見せてもらった。できたてのバターをなめさせてもらったが、とても美味しかった。もちろん作りたてのバターが有る朝食も最高で、また、ヨーグルトもとても美味しかった。
馬も良かった。反応が良く、賢い。感じたり考えている事が伝わっているようだった。

出発日:2018.06.02

評価:

馬乗りはモンゴルで充分と思っていまして、(風の旅行社の)Aさんの「キルギスは良いですよ」と言われた言葉に、もうひとつどうかなあと思っておりました。 嫁はんに引きずられてが正直なところでした。
ところが騎馬トレッキングをして二日目、大変な傾斜を登ったり下りたりしながら残雪のある雪山を遠景にして手前に緑萌える草原の丘陵を見、そしてコバルトブルーと言うべきか綺麗な湖を巡る中で、ようやくAさんが言われた「キルギスの騎馬は良いですよ」がよおく分かりました。本当に素晴らしい景色と騎馬トレッキングだったです。

モスクワの乗り換えで帰りは1時間しかないのはアエロフロート航空のスケジュールで致し方ないのですが本当にヒヤヒヤでした。 特にキルギス)ビシュケクからモスクワへの便は遅れなかったのですが、それでも実際に機から空港ビルに入ってから次の便に乗るまでは実質30分くらいしかなくお土産どころではなく小走りしてようやく間に合った次第です。 あれはビックリ。

もっと見る