「はなのいえ」からオーストラリアンキャンプへ

【追加設定】ヒマラヤ展望のんびり湯ったりハイキング7日間

2名催行日本語ガイド

「ナマステ!」

ヒマラヤと花々に囲まれる「はなのいえ」のロケーション

ヒマラヤを望む「はなのいえ」の談話スペース

「はなのいえ」の食事は優しい味付けの和食が中心

ハイキングルートは出会いも多い生活道

段々畑が美しいアンナプルナ南麓

ハイキングしながら山の暮らしにふれます

石畳に石葺き屋根の伝統的な村・ダンプス

民家訪問も良い思い出に

民家訪問 ミルクティ(ドゥ・チャァ)を作ってくれています

「つきのいえ」の中庭よりヒマラヤを望む

シンプルな「つきのいえ」のゲストルーム

「つきのいえ」自慢の“露天”五右衛門風呂で湯ったりリフレッシュ

「つきのいえ」から見るアンナプルナ山群

ヒマラヤ&星空の絶景にも期待できます(つきのいえ庭より)

フレンドリーなスタッフがお出迎えします(つきのいえ)

アンナプルナサウスを眺めながらハイキング

豊かな森とヒマラヤ

アンナプルナ山群の展望地オーストラリアンキャンプ

乾期はチャンドラギリケーブルカーでヒマラヤ展望(11月~3月)

出発日設定2019/12/29(日)
旅行代金348,000円
出発地東京・大阪・名古屋
POINT
  • 洗練されたマウンテンリゾート「はなのいえ」に宿泊
  • ヒマラヤを望む露天風呂が自慢の直営ロッジ「つきのいえ」に宿泊
  • アンナプルナ大展望地オーストラリアンキャンプでロッジ泊
  • 山村の暮らしにふれる1日3時間以内のハイキング
詳細

~年末年始追加設定~お手軽だけど一級品のヒマラヤ展望が待っています!!>
アスタムの丘のマウンテンリゾート「はなのいえ」、聖山マチャプチャレやアンナプルナ連峰を望むダンプス村の直営ロッジ「つきのいえ」、もともと広い放牧地で大パノラマが望めるオーストラリアンキャンプを、無理のないのんびりハイキングで泊まり歩きます。いずれも遮るものなくその山々を独り占めできる抜群のロケーションです。
そして「はなのいえ」と「つきのいえ」では、ハイキングの疲れを五右衛門風呂で“湯ったり”リフレッシュ。
カトマンズに戻ったあとは、カトマンズ盆地外輪山のヒマラヤ展望地チャンドラギリ・ケーブルカー(実際はロープウェイ)と、カトマンズ旧市街ウォーキングも楽しみます。

ツアー関連情報

カトマンズ オプショナルツアー一覧

つきのいえ
はなのいえ
日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋 乗継地 カトマンズ

午前:東京(成田または羽田)・名古屋(中部)・大阪(関西)より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。

夜:到着後、日本語ガイドがお迎えし車でホテルへ。

ホテル
2日目

カトマンズポカラミランチョークアスタム

午前:国内線でポカラへ。到着後、レイクサイド散策と風スタッフお勧めのローカルレストランでネパール料理のランチ。

午後:車でミランチョーク(1,090m)へ。セティ・ナディ(川)対岸の景色を眺めながらアスタムの丘(1,450m)のマウンテンリゾート「はなのいえ」までハイキング(歩行:約1時間半)。到着後「はなのいえ」の五右衛門風呂でリフレッシュ。夕食は併設する有機無農薬農法で育てた野菜中心のやさしい味付けの和食です

ロッジ
3日目

アスタムダンプス

午前:ダンプスへ(1,650m)。尾根沿いの道を進み、農家を訪ねたり、山村の生活を垣間見ながらのんびりハイキング(歩行:約3時間)

午後:山村の友人宅を訪ねたような「つきのいえ」で、ヒマラヤを望む露天五右衛門風呂と、地元の鶏や野菜を使ったネパール家庭料理をお楽しみ下さい。

ロッジ
4日目

ダンプスオーストラリアンキャンプ

午前:オーストラリアンキャンプ(2,060m)まで、野鳥の声に包まれながら、森の中をのんびりハイキング(歩行=約2時間)

午後:アンナプルナ連峰と聖山マチャプチャレを望むオーストラリアンキャンプでのんびりステイ。天候に恵まれれば、夜は満天の星空にも期待。

ロッジ
5日目

オーストラリアンキャンプカーレポカラ カトマンズ

午前:朝の展望を楽しんだ後、カーレ(1,770m)まで最後のハイキング(歩行=約2時間弱)。その後、車でポカラ空港ヘ。(走行=約1時間)

午後:国内線でカトマンズへ戻りフリータイム。(宿泊は街歩きに便利なタメル地区のホテルです)

ホテル
6日目

カトマンズチャンドラギリカトマンズ

午前:車でチャンドラギリへ。地元の人々にもトレンドのケーブルカーに乗って、カトマンズ盆地外輪山から東西200kmに及ぶヒマラヤ展望を楽しみます。

午後:カトマンズ旧市街散策。ダルバール広場からインドラチョーク、アサンチョークを抜け繁華街のタメル地区まで歩きます。

夜:夕食は、民族舞踊を見ながらネパール料理フルコース。その後空港へお見送りし、空路、乗り継いで帰国の途へ。

機内
7日目

乗継地東京・大阪・名古屋

午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/12/29(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 催行決定・残席僅か
最少催行人員 2名 (定員8名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定航空会社 キャセイパシフィック航空、キャセイドラゴン航空、中国南方航空
利用予定ホテル

<カトマンズ>
*カゼ・ダルバール、*マーシャンディ、*ネパリ・ガル
*のホテルは一部バスタブのないシャワーのみの部屋になる場合があります。
<アスタム>はなのいえ
<ダンプス>つきのいえ(男女別の相部屋)、*隣接するロッジ(一人部屋ご利用の場合)
<オーストラリアンキャンプ> ロッジ

お一人部屋追加代金 32,000円 ホテル・ロッジ・はなのいえ泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(2019年4月1日)国際線7,640円~18,600円ネパール国内線は旅行代金に含んでいます。

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ネパール査証(VISA)申請時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。
各国空港税/査証

・国際観光旅客税1,000円
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料:2,570円
・香港保安税90香港ドル(1,340円)
・香港空港建設費230香港ドル(3,440円)
・広州空港税180元(3,030円)
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(3,160円)
(2019年5月1日現在)

このご旅行にはネパールの査証(ビザ)が必要になります。

査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥8,320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥8,720

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 118,000円~199,000円(日本~カトマンズ往復/出発日・予約クラスにより異なります。)
その他

●注意点
※「つきのいえ」は5部屋(最大10名様)しかないため、一人部屋の指定はできません。一人部屋ご利用の場合は、隣接するロッジにお泊りいただきます。隣接ロッジにお泊りの方にも食事や五右衛門風呂は「つきのいえ」を利用していただきます。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/12/29(日) ¥348,000 東京・大阪・名古屋 催行決定・残席僅か