悠久のシルクロード大走破【第4弾】

タジキスタン~ウズベキスタン~トルクメニスタン 歴史を彩るシルクロードの古都をつなぐ道 14日間

10名催行日本語/英語ガイド

7~8世紀の仏教遺跡アジナテパ

アジナテパ遺跡から発掘された13mの涅槃仏(古代民族博物館)

青の都・サマルカンドを象徴するレギスタン広場

霊廟建ち並ぶシャーヒズィンダ廟群(サマルカンド)

霊廟シャーヒズィンダにお参りに訪れた女性たち(サマルカンド)

サマルカンドでの家庭料理(一例)

「死の塔」とも呼ばれたカラーン・ミナレット(ブハラ)

セルジューク朝の王が奴隷の娘たちを侍らせたという乙女の城(メルヴ遺跡)

セルジューク朝最盛期のスルタンの一人サンジャールの廟(メルヴ遺跡)

メルヴ遺跡から発掘された仏像と象牙製のリュトンの装飾(トルクメニスタン国立博物館)

紀元前3世紀ごろのパルティアの都ニサ遺跡(世界遺産)(アシガバート)

中央アジア最大といわれるトルクメンバシ魂のモスク(アシガバート)

トルクメニスタンでは一部オフロードを走ります(カラクム砂漠)

暗闇の中、神々しく燃え続けるクレーター「地獄の門」(トルクメニスタン)

中世の中央アジアのイメージが凝縮されたヒヴァ・イチャンカラ(旧市街)

出発日設定2024/06/07(金)~2024/09/06(金)
旅行代金694,000円
出発地東京・大阪
POINT
  • タジキスタンでは仏教遺跡で知られるアジナテパやソグディアナの遺跡ペンジケントなどを訪れます。
  • ウズベキスタンでは「サマルカンド」「ブハラ」「ヒヴァ」の三大古都を観光、ブハラでは旧市街の個性的な宿ミッリィ-ウィに泊まります
  • 謎につつまれた国トルクメニスタンに陸路で入国
  • トルクメニスタンでは、古代都市の遺跡「メルヴ」「ニサ」のほかに燃え続ける巨大なガスクレーター「地獄の門」も訪れテント泊します
早割120
詳細

このツアーは2024年度版シルクロード大走破コースの第4弾です。
弊社パンフレット「季節便vol.22」p22に掲載していますが、利用予定航空会社が欠航になったため、別の航空会社で日程を組み直しました。そのため、出発日、燃油サーチャージなどが変更になっています。

●シルクロードという歴史の地層を行く
イスラム以前の歴史が残るタジキスタンの古代都市の遺跡から、3回の国境越えをしながら、イスラムの建築が美しい青の都「サマルカンド」、宗教の都「ブハラ」、博物館都市「ヒヴァ」、仏教伝来の痕跡の残る、さまよえる都「メルヴ」や、オリエントの香りを感じるパルティア帝国の都「ニサ」などシルクロード上に繁栄した都市を巡ります。パミールの裾野からオアシス、砂漠と走り抜け、トルクメニスタンの地獄の門も訪れます。

シルクロードの起点西安をスタートし、6つの旅を重ねて、中国、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イラン、トルコと西へ西へと辿るこの企画。第1弾第2弾第3弾第5弾第6弾番外編もご覧下さい。
設定日以外の出発日や個人手配をご希望の方はご相談下さい。

関連読み物

シルクロード大走破(第4弾): 見どころ一挙ご紹介!ウズベキスタン~トルクメニスタン~イラン2020


※注)最後、ウルゲンチからタシケントへ空路移動になります。

2024年2月2日(金) オンライン説明会 開催します!

オンライン説明会のページへ
※事前にお申し込みの上、ご参加ください。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪ソウル タシケント

東京(成田)・大阪(関西)から乗り継いで、タシケントへ。

※タシケント到着が20時以前の場合は、現地にて夕食をご用意します。

夜 :タシケント着。

ホテル
2日目

タシケントドゥシャンベ

午前:タジキスタンの首都ドゥシャンベへ。13ⅿの涅槃像が展示されている古代民族博物館を見学。

午後:7~8世紀の仏教遺跡アジナテパを見学。(走行=片道約110㎞、約2時間半)

ホテル
3日目

ドゥシャンベペンジケント

午前:午前:「中央アジアのポンペイ」ペンジケントへ。(走行=約240㎞、約4時間半)

午後:ペンジケントの遺跡ルダーギー博物館を観光。

ホテル
4日目

ペンジケント(国境)サマルカンド

午前:紀元前4~3000年のサラズム遺跡を観光後、ウズベキスタンへ。(走行=約70㎞、約2時間)

午後:サマルカンド着後、3つの神学校に囲まれたレギスタン広場、ティムール一族が眠るグリ・アミール廟を観光。

ホテル
5日目

サマルカンド

終日:ビビハニム・モスクシヨブバザール、霊廟建ち並ぶシャーヒズィンダ廟群ウルグベク天文台跡アフラシャブ博物館など観光。夕食は家庭料理をお楽しみ下さい。

ホテル
6日目

サマルカンドシャフリサブスブハラ

午前:車でシャフリサブスへ。(走行=約100㎞、約2時間) 白い宮殿アク・サライなどを見学。

午後:車でブハラへ。(走行=約270㎞、約5時間)旧市街の古い邸宅などを改装した個性的な宿泊施設ミッリィーウィに宿泊。

ミッリィーウィ
7日目

ブハラ

終日:屋根付きのタキバザールや、ブハラのシンボルであるカラーン・ミナレット(外観のみ)、カラハーン・モスク、歴代ハーンの居城アルク城、初期イスラム建築の代表作イスマイール・サーマーニ廟などを訪れます。ミッリィーウィに連泊。

ミッリーウィ
8日目

ブハラ(国境通過)マーリ 

午前:車で、国境へ。(走行=約130㎞、約2時間半)国境を越え、トルクメニスタンへ。

午後:砂漠の道をマーリへ。(走行=約260㎞、約4時間)

ホテル
9日目

マーリメルヴアシガバート

午前:古代都市メルヴ遺跡キズ・カラエルク・カラスルタン・サンジャール廟など)を観光。

午後:アシガバートへ移動後、市内を車窓観光。(走行=約380㎞、約6時間)

ホテル
10日目

アシガバートダルヴァザ

午前:パルティア帝国の都市ニサ遺跡国立博物館などを見学後、市内のトルクメンバシュモスクバザールなどに立ち寄ります。

午後:水のクレーター泥のクレーターに立ち寄りながら、ダルヴァサの「地獄の門」へ。(走行=約4時間半、約280㎞)「地獄の門」近くにテント泊します。

テントまたはユルタ
11日目

ダルヴァザクフナ・ウルゲンチダショグズ

午前:砂漠を北上し、中世ホレズム国の都クフナ・ウルゲンチへ。(走行=約5時間、約270㎞)

午後:クフナ・ウルゲンチ観光後、ダショグズへ。(走行=約2時間、約100㎞)

ホテル
12日目

ダショグズ(国境)ヒヴァウルゲンチタシケント

午前:車で国境へ。(走行=約30分、約20mk) 国境を越え、車を乗り換えヒヴァへ。(走行=約1時間半、約60㎞)

午後:世界遺産の旧市街イチャンカラを観光します。

深夜:国内線で首都タシケントへ。

ホテル
13日目

タシケント

午前:歴史博物館ナボイ劇場(外観のみ)を見学。地下鉄にも乗車。

午後:スーパーマーケットやバラク・ハン・メドレセを訪れます。

夜 :空路、乗り継いで帰国の途へ。

機内
14日目

ソウル東京・大阪

午前:ソウル着

午後:乗り継いで

:東京(成田)・大阪(関西)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2024/06/07(金) ¥694,000 東京・大阪 募集中
2024/09/06(金) ¥694,000 東京・大阪 募集中
最少催行人員 10名 (定員16名) 添乗員 同行(出発地によっては乗継地または現地より同行)
利用予定航空会社 アシアナ航空
利用予定ホテル

【タシケント】インスピラエスタシケント、ハンプトンバイヒルトン、メーキュリータシケント、ウィンダムタシケント、ラマダ バイ ウインダム タシケント
【ドゥシャンベ】ホテルアトラス、ルミ、サフォ、スモン
【ペンジケント】ペンジケントプラザ、サラズムプラザ、ウマリヨン
【サマルカンド】エミールハン、コンチネンタル、ザラフションパークサイド、ヒルトンガーデンイン、アジアサマルカンド
【ブハラ】ミンジファブティック、アッサロームブティック、サーシャ&サン、アミュレット、ラビハウス、アトラスホテル、キャラバン 、クカルドッシュ ブティック ホテル
【マーリ】マルグシュ、マーリ
【アシガバット】バグツコシュギ、スポルト、アクアルティン
【ダルヴァザ】ユルタまたはテント
【ダシュオグズ】ダシュオグズ

一人部屋追加代金 71,000円 ホテル・ミッリーウィ泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線:36,000円(2023年11月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 〇タジキスタン:出国時6ヵ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要
〇ウズベキスタン:出国時に有効期間が3ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要
〇トルクメ二スタン:出国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要
各国空港税/査証

・成田空港諸税:3,010円
・関西空港諸税:3,100円
・ウズベキスタン空港税:15ユーロ(約2,420円)
・ウズベキスタン空港保安税:10ユーロ(約1,610円)
・ウズベキスタン旅客サービス料:18ドル(約2,740円)
・韓国空港税:10,000ウォン/2回(約2,270円)
・国際観光旅客税1,000円
(※2023年11月1日現在)

●査証(ビザ)
このご旅行にはトルクメニスタンの査証(ビザ)が必要になります
・タジキスタン:30日以内の観光目的は査証不要
・ウズベキスタン:2018年2月10日より30日以内の観光目的は査証不要
・トルクメニスタン査証(ビザ)代金(実費、手数料含む):12,000円
(※現地事情により、予告なく金額が変わる場合があります。予めご了承下さい。)

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 お問い合わせ下さい(日本~タシケント間/出発日・予約クラスにより異なります)
その他

●ご注意
・トルクメニスタン査証(ビザ)取得のため出発の40日前までに必要書類を提出下さい。
・ミナレットなどの特別拝観料はお客様のご負担となります。
・いずれの宿泊場所もシャワー設備のみのお部屋になる場合があります。
・ブハラ・ミッリィーウィは部屋ごとに広さや間取り、装飾も異なります。
・トルクメニスタンは入国時PCR検査があります。
・タジキスタンとトルクメニスタンは英語ガイドです。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

2024年2月2日(金) オンライン説明会 開催します!
オンライン説明会のページへ
※事前にお申し込みの上、ご参加ください。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2024/06/07(金) ¥694,000 東京・大阪 募集中
2024/09/06(金) ¥694,000 東京・大阪 募集中